スイートサウンド
スイートサウンド
定年後、畑仕事をしながら、自作オーディオや音楽を楽しんでいます。

マイルーム

スイートサウンドの部屋
スイートサウンドの部屋
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2012年6月に新しいオーディオルーム兼自宅が完成し、オーディオ製作と音楽鑑賞を楽しんでします。 2013年 1FのスピーカをJBLからParcAudioに変更しました。 最近は、3WAY化…
所有製品
  • スピーカーシステム
    B&W 606
  • ネットオーディオプレーヤー
    YAMAHA CD-N500

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

日記

冬の音会(とりさん宅→拙宅→EDさん宅)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月02日

昨日は、朝、2Hさんを岡山駅でお迎えし、とりさん宅へ。
すでに、ブログにも書かれている通り、スピーカーケーブルを変更されたとのこと。ミニマ、マジコ、共に密度の濃い音になっていました。

古い、珍しいCDやDVD音源、以前拙宅でも掛けた音源、持ち込み音源など聴かせて頂きました。

その後、秋の音会時に拙宅で使用したDACを接続し、聴いてみると、表情豊かになり、20年近い技術の進化(PCM1704 からES9038PROへ)は有るようです。

昼食は、近くのラーメン屋さんで頂きました。久しぶりに食べる博多ラーメン、とても美味しかったです。

その後、拙宅へ。ここで、EDさんが合流。
ジャズやボーカル曲を聴いて頂きました。

秋の音会の後、2Fで使用していたDACの差動合成方式をディスクリート回路からライントランス方式に替えたところ、中低域が厚くなり、情報量も増えたので、こちらのDACで聴いて頂きました。また、チャンネルデバイダーに使用していた抵抗の種類を変更したことも、音の厚みが増す効果がありました。

音の密度が増し、定位が一層良くなったので、スピーカーの周りを1周して聴いて頂きましたが、ボーカルの位置が近くに感じられたことと思います。
コーヒーと、おやつの後は、EDさん宅へ。

真空管アンプが温まるまでは、なつかしいボーカル曲(高橋真梨子 40年、・・岩崎宏美、・・・)をCDやLPで聴き比べしました。

今回は、リンのアーム・ウエイトを調整して、トーレンスと同じカートリッジで聴き比べをしました。
トーレンスでは、端正ですがすがしい音が、リンでは躍動感のある音に変わり、いずれも曲やアルバムで楽しめる音になっていると思いました。
後半は、ディベルティメントや交響曲など雄大なものが、迫力満点で楽しめました。

夜になって、総社駅近くの居酒屋で、感想戦。岡山駅周辺と比べると随分安価で美味しい酒と料理が頂けました。
その後、とりさんの車で、自宅まで送って頂き、ありがとうございました。
今回は、披露できなかったアナログ系について、次回までには準備しておきます。また、アナログ、デジタル対決が出来ればと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. スイートサウンドさん

    拙宅のシステムでチャンデバはトランジスターと・・・
    ここを何とか真空管にしたいと回路図を書き出したのはよいけど

    なんせ4chなので回路が半端ではない
    12AU7が8本とヒーター電源だけでES9038DACが動作しそうな容量が必要ととんでもない事に・・・

    12AU7はパワーアンプ用に数十本有るので問題ないけど実際に作るとなると???
    それでも分解能を追いかけるとなんとかしたいですね!

    byhelicats at2019-12-02 10:50

  2. Helicatsさん こんにちは

    昨日は、空いてなくて残念でしたね。
    我が家のチャンデバは、CRの受動素子なので、素材の影響が大きかったようです。

    真空管式のチャンデバ、出来たら、聴かせてください。

    byスイートサウンド at2019-12-02 12:24

  3. スイートサウンドさん、こんばんは。

    昨日はお疲れ様でした。
    DACを持ってきていただき、ありがとうございました。
    さすがにDACを新しいものにしなくてはと痛感しました。
    WADIAの音は好きなのですが、比べるとさすがに・・・です。

    byとり at2019-12-02 21:28

  4. スイートサウンドさん、こんばんは。

    DACをトランス出力化したことによる音の変化が大きかったと思いましたが、チャンデバも触っていたのですね。

    音の厚みだけでなく全体的にS/Nが良くて、拙宅のシステムのノイズ感のほうが気になってしまいました。

    拙宅の方では、カートリッジをSPU Synergyに統一してアナログプレーヤーの音質比較をしたのですが、2Hさんの日記のレスにも書いた通りで上手く行かなかったようです。

    次は、スイートサウンドさん宅にMCトランスと真空管EQを持参してLUX PD131で遊びましょう。

    最後になりましたが、例のお菓子がお土産にちゃんと入っていて、家族で取り合いになってあっという間に食べてしまいました。

    奥様によろしくお伝えください。

    byED at2019-12-02 22:01

  5. スイートサウンドさん、昨日は企画からいろいろとありがとうございました。

    DAC云々もそうですが、スピーカーの変化もかなり大きいんだろうなぁと思いながら聴かせていただきました。上と質感が繋がって、ウーハーが生き生きと仕事していましたね。




    もしかしたら右横にあったストーブが、音響的にいい仕事してるのかなぁなんてのも考えていました(^▽^;) 部屋の角に物があると音の周りを遮断してくれて、良い効果になることもありますし……。

    by2Hくん at2019-12-02 22:49

  6. とりさん 先日はありがとうございました。

    私の自作DACでも、とりさんのアンプやスピーカーの能力の高さから、我が家では聞けない、表情豊かな音が聴けました。
    次回は、1Fのトランス式DACでも聴いてみたいですね。

    byスイートサウンド at2019-12-03 06:25

  7. EDさん おはようございます。

    秋の音会後、チャンデバの抵抗を変更しました。
    アナログ、デジタルとも厚みのある音に変化し満足していましたが、DACをオペアンプ式からトランス式に替えたら、更なる大躍進で、早速、皆さんにも聴いて頂いたという次第です。
    印象としては、チャネルデバイダーでの変化が40%、DACでの変化が60%位でしょうか。・・・

    今回は、アナログまで聴く時間が無く準備していませんでしたが、昨日プリアンプを覗いていたら、EQ経路の抵抗に古い(安価な)ものが残っていました。
    早速、DAC系と同じものに変更したので、比較してみようと思っています。

    次回までには、PD131も聴けるようにしておきますので、アナログとデジタルの再対決をしましょう。真空管EQも期待しています・・

    byスイートサウンド at2019-12-03 06:40

  8. 2Hさん おはようございます。

    秋の音会では、スキャンスピークに統一したスピーカーの変化を聴いて頂いたのですが、その後に、チャンデバやDACまで変更したので随分と変わっている印象があったかと思います。

    スピーカーは、同じメーカの製品になったこともあり、音楽性の豊かな(まとまりのある)再生が出来るようになってきたと思いますが、その後の変更で音の純度と厚みが随分と増えました。
    ウーハーの活躍という点では、DACの変化が一番かもしれません。

    ストーブについては、設置した当初は音が吸収されて、悲惨な感じがありました。恐らく、撤去したほうがずっと良いかと思いますが、これから寒くなると活躍するので、そうもいかないです。・・・

    2Fなどでも、部屋の隅に物を置くと音が吸われる印象が有り、なるべく置かないようにしていますが、オーディオシステムからのエネルギーが高い場合は、適度な吸音が望ましいということはありそうです。・・・

    byスイートサウンド at2019-12-03 07:00

  9. スイートサウンドさん、おはようございます。

    せっかくお誘いいただいたのに私の都合でお伺いできず、申し訳ありません。
    今回も楽しく交流なされている様子を傍らから拝見させていただくことになってしまいましたが…

    来年こそは、岡山遠征を実現させたいと思っております。
    ご都合がよろしければ、拙宅にもお越しください。

    大した音は出ておりませんし、ほとんど聴いたり見たりでオーディオ的なことはあまりやれませんけれども(汗)

    byfuku at2019-12-03 07:25

  10. スイートサウンドさん

    DACの差動合成をライントランス式に換えられたのですか!?さすがだなぁ。やっぱり変わりましたか。

    チャンデバの抵抗を換えても、音の密度が高まる効果があったのですね。抵抗はどんなものを使ったのですか。興味津々です。ぜひ、レポートを。コミュの関心も高いと思いますよ。

    byベルウッド at2019-12-03 09:29

  11. fukuさん おはようございます。

    今回は、残念でしたが、次回は優先的に調整しますので、是非ご参加下さい。
    多分、春ごろの予定です。
    また、可能でしたら伺いますので、よろしく。

    byスイートサウンド at2019-12-03 10:47

  12. ベルウッドさん おはようございます。

    DACのトランス差動合成については、随分前にAK4497DACで挑戦したもののうまくいかなかったのですが、EDさんの助言に従いやってみたところ、大成功!!といった感じです。
     電源の不要なトランス(タムラTKS-10)は、SNが良く、低域などの情報量が随分と増えました。

     チャンデバの抵抗は、最初タクマンREYを使っていましたが、秋の音会後に、金田式推奨のスケルトンに替えてみました。中低域が充実し十分な音質になりましたが、VISHAYのVSRに替えると、更に充実した音で、随分と変わるものです。
     前回のブログで「大味必淡」と評価して頂いたのですが、かなり濃くなってしまいました。・・・

    byスイートサウンド at2019-12-03 11:59

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする