レパード
レパード
PCオーディオ、ネットワークオーディオ、映画、ゲームが好きなオーディオ患者です。

マイルーム

6畳部屋のマイオーディオ
6畳部屋のマイオーディオ
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / 8ch以上
■オーディオシステム構成 1. ネットワークオーディオ N1ZP + KLIMAX DS/K + F-03A+ PL300 N1ZP + Network Bridge + DAVE + …
所有製品

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Mac で NAS の Twonky をアルバムアーティスト対応化させる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月05日

QNAP に入れた Twonky Server がアルバムアーティスト未対応なので
下記方法で対応させました。

■Twonky Server をアルバムアーティスト対応化させる方法
1.QTS → コントロールパネル → Telnet/SSH
Telnet、SSH接続を許可するにチェックを入れます。

2.Mac の Terminal を開き、NAS にログインします。
(Windows だと Tera term を使用します。)
ssh -l ユーザーID IPアドレス
※ユーザーID、パスワードはQTSのログインと同じです。

3.ディレクトリ移動します。
cd /mnt/ext/opt/twonkymedia/resources/views

4.バックアップを取ります。
cp view-definitions.xml view-definitions.xml.bk

5. vi エディターを開きます。
vi view-definitions.xml

6.artistalbumのステップの'upnp:artist'を'upnp:albumArtist'に変更します。
【変更前】
<container buildon='upnp:artist' class='object.container.person.musicArtist' createClass='object.item.audioItem.musicTrack'/>
【変更後】
<container buildon='upnp:albumArtist' class='object.container.person.musicArtist' createClass='object.item.audioItem.musicTrack'/>

7.Escキーを押して挿入を終了します。

8.保存して vi エディターを閉じます。
Shift + Q
wq

9.Twonky Server を再起動します。
Twonky → システム → サーバーを再起動


■「アーティスト/アルバム」で見た場合
【変更前】
曲のアーティスト順に表示されます。

【変更後】
アルバムアーティスト順に表示されます。


PS.
仕事で UNIX と vi エディターを使ったことがあるので、設定は10分で終わりました。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする