レパード
レパード
PCオーディオ、ネットワークオーディオ、映画、ゲームが好きなオーディオ患者です。

マイルーム

6畳部屋のマイオーディオ
6畳部屋のマイオーディオ
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / 8ch以上
■オーディオシステム構成 1. ネットワークオーディオ Network Bridge + Hugo M Scaler + DAVE + HFAS1-XS20/K + F-03A + PL300 …
所有製品

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

LAN 環境の変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月26日

“おひとりさま対応”Wi-Fiルーター

NEC
無線ルーター
WG1200CR

を購入しました。

この LAN 端子は1個なので、Network Bridge 専用とするのにうってつけです。

小さいので、こんな隙間に置けます。

これを使って、下記の様に LAN 環境を変更しました。

・Network Bridge をオーディオ以外の 有線LAN と分離。
・WG1200CR を、Network Bridge 専用 Wi-Fi ルーターとして利用。
・Network Bridge と WG1200CR は SAEC SLA-500 で接続。
・メディア・ストリーミング優先の機能がある S8000 を継続利用。
・NAS,Mac,PC 等のデータ転送量が多い機器は、有線 LAN のまま。

以前、Wi-Fi 子機にNAS,ネットワークプレーヤーを接続したことがあります。
その時は NAS へのデータ転送が予想以上に遅かったので、有線 LAN に戻しました。
今回、ネットワークトランスポートだけを Wi-Fi子機に接続したので、その問題はありません。


WG1200CR のノイズ対策として、下記アクセサリを使ってます。
・iPower 12V
・iPurifier DC with Red Barrel Cable

2時間かかったセッティング後、Wi-Fi でハイレゾ音源を試聴しました。

まず驚いたのが、S/N 比が高くなったことです。
高音がよりクリアになったように感じました。

次に、DSD を試すと、有線 LAN の時と遜色なくスムーズ再生できました。
データ量が多いので心配でしたが全く問題ありませんでした。

ここ数年購入した機器の中で、WG1200CR が一番コスパが良いかもしれません。

-追記-
N1ZP 側で使用していた LAN アイソレーター iSO-CAT6 を WG1200CR と Network Bridge の間に取り付けました。
音質の変化はあまり感じませんが、DMC アプリでのサムネイル表示が速くなりました。
サーバーと HUB 間には何も入れない方が快適に操作できます。

■変更した接続
Wi-Fi 子機 WG1200CR
 ↓
LAN ケーブル(UTP) AudioQuest CAT6 Pearl RJ/E 0.50M
 ↓
LAN アイソレーター iSO-CAT6
 ↓
ネットワークトランスポート Network Bridge

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. レパードさん こんにちは、レポートありがとうございます。
    早速の無線LAN接続ですね。
    iPower 12VにAmazonのEIAJ4変換DCコネクターとせず、iPurifier DC with Red Barrel Cableまで組み合わせるとは びっくりしました。

    ところで、S8000とは何か教えて頂けますか?

    byYongJoon at2018-05-26 17:31

  2. 自己レスです。
    S8000とはハブなのですね。
    https://www.netgear.jp/products/details/S8000.html

    旧接続だと、親ルーター、ハブのスイッチング電源ノイズがLAN経由でデジタルトランスポートに入っていたのが、無線LANでノイズカットされたという事ですね。

    新構成ではオーディオ専用ハブを使われていないですが、子機とNetwork Bridgeの間にオーディオ専用ハブを入れる場合は高性能クロックタイプのハブでないと効果でないと思います。

    PS
    ローノイズのオーディオ専用ハブも ノイズ多い機器を接続しては意味が無いという事ですね。

    byYongJoon at2018-05-26 18:01

  3. YongJoon さん、こんにちは。

    そうです。S8000 は、HUBです。
    メディア・ストリーミング優先が簡単に設定できるので使ってます。

    ネットワークトランスポートに入るノイズは、WiーFi子機に絞り、これにノイズ対策を強めにやってみました。
    さらに、WiーFi子機 の iPower 12V をさした電源タップには、iPurifier AC を使ってます。

    byレパード at2018-05-26 18:04

  4. レパードさん レスありがとうございます。

    そうそう、うちもNAS、レンダラー、ハブの電源タップにiPurifier AC を付けたのですが、微妙に良くなりました。お安く効果あるので気に入っています。

    byYongJoon at2018-05-26 18:07

  5. 無線LANを使うことで有線LAN経由で入ってくるノイズを除去するとは考えましたね。
    うちの場合は無線LAN機器がほかにも多くあるので効果を出すのは無理かも。

    IfIの製品は安く済むうえ効果が良いのでうちでも結構いっぱい使うことになっています。

    byうつみくん at2018-05-26 19:00

  6. YongJoon さん、こんばんは。

    他社で同様の製品を売ってますが、iPurifier AC は、視覚的にアース導通がわかるのも良いと思います。

    byレパード at2018-05-26 19:05

  7. うつみくんさん、こんばんは。

    私も Wi-Fi 接続機器が多いですが、それらは全て親機と接続してます。
    WG1200CR を中継機として、iPad などとWi-Fi 接続できますが、あえて子機としてネットワークトランスポートのみと接続して、ノイズ減を狙ってます。

    byレパード at2018-05-26 19:11

  8. レパードさん 私もブルーレイのバージョンアップをしようとしたらルーターが古くバッファローのWHR-1166DHP2/Nというルーターに変えました。その後いいですがスマートフォンのWi-Fi接続も都合がよかったです。やはりルーターは新しいほうがいいようです。

    byELVIS at2018-05-26 19:24

  9. ELVIS さん、こんばんは。

    そうですね。
    旧機種より、新しい Wi-Fi ルーターの方が速度が速く、安定してると思います。

    byレパード at2018-05-26 19:46

  10. レパードさん
    こんばんは

    やはり上流のデジタル系のノイズ対策は重要なんですね。
    参考になります。

    ネットワークトランスポートの導入を機にLANと電源の両サイドからノイズ対策を考えていこうと思います。
    最近では仮想アース機器も増えており、こちらも興味ありです。

    それにしてもやる事が山ほどありますね!

    byvanilla at2018-05-26 22:25

  11. vanilla さん、こんばんは。

    ネットワークオーディオも細々とやることあると思います。
    今回、 Wi-FIルーター価格の10倍以上のアクセを使用してます。
    幸い手元にあったアクセなので、懐は痛くないですが。

    仮想アースは、いろいろ販売されています。
    しかし、本当にアースがあるのは一部の製品なので、ご注意ください。
    現在使ってるので4代目です^^;

    byレパード at2018-05-27 00:47

  12. レパードさん、おはようございます。
    すみません 教えてください。

    旧構成にてS8000ハブとWSmasrtHubの間にはLANノイズフィルターは使われて無かったのでしょうか?

    byYongJoon at2018-05-27 06:19

  13. レパードさん
    おはようございます

    仮想アース4代目が気になり、レパードさんの昔の日記を読みました。TELOSのGrounding Noise Reducerお持ちなのですね?
    流石の拘りです!

    私はアコリバの円盤(旧型)を二台パワーアンプに設置していますが、全く効果が感じられません。デジタル系に繋いだ方が効果があるかもしれませんが、機器下のスペースの問題もあり、試してません。
    Entreqなど他のパッシブ型仮想アースを考えていましたが、高くてもアクティブ型の方が効果大で、思い切ってアクティブ型にしようかなどと妄想?しています。

    順番としては仮想アースよりも安定化電源の導入が先かなとも思いますが、こちもパッシブ型かアクティブ型か悩むところです。

    デジタル、電源周りともに自宅の環境に大きく依存するので、効果が読めないのが難点です。機器を借りて試聴することも検討しようと思っています。

    byvanilla at2018-05-27 08:08

  14. vanillaさん 横レス失礼します。

    仮想アースの目的は2つあります。
    (1)大地アースと同じく本当にそれなりの電位を数値として下げる目的
    (2)ノイズ吸収効果

    TELOSのGrounding Noise Reduceは 大地アース接続出来ない場合に特に有効で、レパードさんの目的はiPurifierACのアースをとって 効果を100パーセント出す為です。

    部屋のエアコンのアースなどで大地アースが取れるならiPurifierACにバナナプラグでアース接続OKです。この品はお安く設置面積もとらず 結構なクリーン電源なみの効果があるので私的におススメです。私もレビューしています。

    アコリバの仮想アースは私も持ってますが音質変化はほとんど分からないレベルでした。なお、最新の仮想アースは低価格で音質効果も高いです。なお、ノイズ吸収効果なので、大地アースと併用しても音質効果あります。

    byYongJoon at2018-05-27 09:54

  15. YongJoon さん、こんにちは。

    S8000 と WSmasrtHub の間には、iSO-CAT6 を使ってました。
    S8000 と WSmasrtHub を接続していた10mの LAN ケーブルが悪かったのかもしれません。
    現在は、S8000 と N1Z の間に iSO-CAT6 を使ってます。

    byレパード at2018-05-27 11:30

  16. vanilla さん、こんにちは。

    はい、GNR Mini 3.1 が4代目です。

    影響力が大きい安定化電源を優先されるのに賛成です。
    ただし、試聴することをおすすめします。
    私は、クリーン電源の Aray MKII SE (3代目)を使ってます。

    byレパード at2018-05-27 11:33

  17. レパードさん、YongJoonさん
    いつも有益なアドバイスありがとうございます。

    実はiPurifier ACを所有しているのですが、アースを取ってないので、当然ランプは両方とも赤です。これでも効果はあるようですが、いずれ緑色に光らせたいです。我が家では大地アースはハードル高いので、iPurifier ACのランプを緑にするには、TELOSのようなアクティブ型が必要になるわけですね。

    やはり導入優先順位は安定化電源ですね。
    PS Audioから最新モデルが発売されるようですが、価格が…
    焦らずじっくり検討していきます。

    byvanilla at2018-05-27 12:58

  18. レパードさん、ありがとうございます。

    度々すみません。
    変更後の無線LAN子機が音源データ転送で、full稼働での無線LAN電波発信のノイズ影響がありそうに思います。

    無線LAN子機は変更前のWSmartHUB接続とし、音源データ転送時での無線LAN子機の負荷無しのノイズカットが良さそうに思います。

    ようは
    ・無線LAN子機のフル稼動ノイズ、と
    ・サーバーとWSmartHUBフル稼動ノイズと子機のコントロールアプリとの1秒ごと?の通信ノイズ

    の大小比較の私の予想です。両者比較すると良いですね。追加投資も不要です。

    サーバー音源のPCバックアップで無線LAN経由は遅いので、バックアップ時のみPCをWSmartHUB接続すれば良いでしょう。LANケーブルは這わせて、ハブとLANポート接続するしないです。

    うちの無線LAN親機子機は2012年に導入しました。 サーバーを無線LAN親機側に接続した事もありますが、やはり音は今一でした。

    無線LAN子機側はアナログ電源接続ですが、無線LAN子機が音源データ再生での転送でFULL稼動すると無線LAN子機がさらに熱くなります。この状態でiPadAir2のアプリ更新すると、NAS音源再生での音飛びもしましたね。

    なお、お一人様対応ルーター子機はノイズが少なそうですね。

    byYongJoon at2018-05-27 18:58

  19. YongJoon さん、こんばんは。

    ・Wi-Fi 子機 → HUB → ネットワークトランスポート
    ・HUB → サーバー
    にして、バックアップ時のみ HUB に有線LANを接続すると解釈しました。

    これと同じことをやったことがあります。
    しかし、バックアップの度にラックを動かして有線LANを接続するのが面倒です^^;

    >無線LAN子機側はアナログ電源接続ですが、無線LAN子機が音源データ再生での転送でFULL稼動すると無線LAN子機がさらに熱くなります。この状態でiPadAir2のアプリ更新すると、NAS音源再生での音飛びもしましたね。

    と、ありますが、2F のWi-fiルーターを中継機として、これに iPad を Wi-Fi 接続したからだと思います。
    私は、WG1200CR を子機として、iPad は、親機と Wi-Fi 接続してるので、そのような問題はありません。

    byレパード at2018-05-27 20:57

  20. レパードさんこんにちは。
    ラックを動かすのは流石に大変ですね。ネットワークキルスイッチ NKS-01使うとフロントボタン操作で通信OFFが出来て良さそうに思います。
    音とびの件は、レパードさんの構成だとルーター親機に音源再生負荷と、iPad更新負荷が集中しそうにおもえます。

    byYongJoon at2018-05-28 17:10

  21. YongJoonさん、こんばんは。

    ご指摘のように私の LAN 環境では、Wi-Fi ルーター親機に負荷がかかるかもしれません。
    しかし、普段 、Wi-Fi 接続するのは、iPhone と Wi-Fi子機の2台だけなので、その負荷は微々たるものです。
    その証拠に、iPad で YouTube を見ながら、iPhone の DMC を操作しても NAS の DSD を正常に再生できます。
    ※WG1200CR より高スペックな WG2600HP を親機として使用し、5GHz 接続の転送レートは、300Mbps です。

    iOS アプリ更新ぐらいの少量データで NAS が音飛びするって、かなり悪い Wi-Fi 環境だと思います。
    あくまで想像ですが、ご使用の Wi-Fi ルーターが古いか、電波が弱いからかもしれません。
    Mac の「ワイヤレス診断」でチェックすることをおすすめします。

    byレパード at2018-05-28 20:34

  22. レパードさんおはようございます。度々のレスありがとうございます。

    確かに うちの二階はALC板の防音床で一階無線LANの電波は二階ではかなり悪いです。
    6年前に一階親機 二階に子機設置しました。親子間がMIMO通信電波で強引に一階〜二階通信し、二階で有線LAN環境作りました。

    Mac の「ワイヤレス診断」やって見ようと思います。アドバイスありがとうございます。

    なお、iOS アプリ更新はiPadが古い時は影響無かったのですが、iPad新型導入で高性能になって 瞬間的な転送サイズが上がって影響が出始めました。AirPlayでのNASアクセスだったかもしれません。

    いずれにせよ一階親機にNAS接続して再確認してみますね。

    byYongJoon at2018-05-29 05:07

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする