レパード
レパード
PCオーディオ、ネットワークオーディオ、映画、ゲームが好きなオーディオ患者です。

マイルーム

6畳部屋のマイオーディオ
6畳部屋のマイオーディオ
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
■オーディオシステム構成 U1 MINI + HFAS1-XS20/K + Hugo M Scaler + DAVE + Ultima 6 + PL300 試行錯誤と度重なる入れ替えの末、上記…
所有製品

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

日記

Cisco ギガビットマネージドスイッチ SG350-10 の導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月17日

作業用スイッチングハブの調子が悪くなったので、急遽

Cisco
10 ポート ギガビット マネージド スイッチ
SG350-10-K9-JP

を購入しました。

決め手は、下記の通りです。
・8ポート+SFPポート
・外部電源
・消費電力が小さい

ショップの製品画像は、ブラックですが

実物は、グレー&ブラックでした。。。

まぁ、これはこれでスペースグレーっぽくて、かっこいいかも。

本体は、279.4 X 44.45 X 170 mm と A4ぐらいのサイズです。
ファンレスですが、天板はほんのり温かい程度です。

消費電力が、12V/0.7A なので、アナログ電源の

FIDELIX
PCオーディオ用ACアダプター 12V/1.1A
FL-AC-zn4-1212-21

が使えます。


■セッティング
1.Cisco のサイトからファームウェアをダウンロードします。
(例)image_tesla_hybrid_2.5.5.47_release_cisco_signed.bin
2.Chrome にスイッチのIPアドレスを入力して管理画面を開きます。
 *IPアドレスは、ESETの「ホームネットワーク保護」で調べました。
3.cisco/cisco を入力してログインします。
4.任意のユーザーIDとパスワードを設定します。
5.ファームウェアをバージョンアップします。
6.バージョンアップが完了したら、再起動「Reboot」します。
 ※「Clear Startup Configuration File」にチェックを入れて Reboot するとユーザー情報がリセットされます。

7.上記3と4を再度実行します。
8.「Port LEDS」のチェックを外して、LED を消灯します。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする