青いコゴミ
青いコゴミ
一般的なオーディオにはほとんど興味が無くなりました。付け足しの世界。箱のデザインやブランドイメージ、高価なだけで売れてしまうオーディオ。 今は、いろいろなCDを聴いています。コンサートにも行きたいの…

マイルーム

いろいろなおと
いろいろなおと
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
12畳+8畳のつづきの部屋です。 さまざまな機器が入れ替わっていきました。 最近は8畳の寝室で音楽を聞くことがほとんどになりました。 寝ながら聞く自堕落オーディオです(苦笑)。 …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

お気に入り製品

日記

【永遠のテーマ】アナログvsデジタル問題は「音のどの要素を重視して聴いているのか」である程度説明ができるのでは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月14日

以前にも誰かの日記で出ていましたが、
音質の評価をするとき「音のどの要素を重視して
聴いているのか」が人によって違いますね。
BGMで流して聞いているときも、いつも違うのかも
しれません。
今はハイレゾもmp3も有るので、今さらなのですが、
LPとCDを聴いたときの印象を自分なりにまとめて
みました。アナログ人間(アナクロ人間)なので、つい
手書きしてスキャナーで取っています。

「ノイズが出ない」「音が割れない」という点(要素)
ではCDが良いのですが、その他の要素では、全部
LPより少し落ちる、というのが私の印象です。
ノイズが出ない•音が割れない、という「破綻の無さ」
を重視して聴いている人はCDが好きでしょう。
一方で質感や立ち上がり・分解能などを重視して聴いて
いる人はLPが好きなんじゃないかと思います。

六角形の評価グラフにはちょっと問題があります。
立ち上がり、ダイナミックレンジ、大音量時に割れない、
を一緒にするには無理がありますね。八角形や十角形
にしないといけない。この評価軸というのも無数に
あるでしょう。人によっては、この評価軸自体が全く違う
ものになってしまうし、十角形でも足りない人もいれば
四角形ぐらいで足りる人も居るかもしれませんね。

イベントやオフ会の時は、集まったメンバーによりいろいろ
ですが、「破綻の無さ」が重視されていることが
多かったように思います。こちらが聴いて欲しかった
ポイントとは全然違うところを聴いている人がいて、
肩すかしを喰らったりしました(笑)。
レコードは「ノイズが出る」「大音量時に音が割れることも
ある」という誰でも分かりやすい欠点が有る一方で、質感
の良さが有るので私は好きです。しかし、質感をあまり
重視していない人にとっては、全然良くない、眉唾じゃない
のか?、という印象になる。家にマニアが来てそういう
ことが何度もありました(笑)。家にマニアが来ると自分
の音を聴かれてしまうのですが、逆に客人がどこを重視して
聴いているのかもよく分かります。後で思い出してみると
とてもよく分かります。

LPかCDかというメディアの好みだけでなく、スピーカー
の好みも当然違ってくるでしょう。
「破綻の無さ重視」で聴いている人は、破綻しにくい大口径
スピーカーを好む。「質感重視」で聴いている人は小口径
スピーカーを好む傾向はあるようです。

雨が降るようにザーザーとノイズが出るSPレコードにも
良さが有る。滑らかでいて中身が詰まったような密度感の
ある音が出るときがある。これは素晴らしい。

カーオディオだったら圧縮音源のmp3やaacで全く問題なし。

カセットテープ時代のノイズリダクションは、ノイズは無く
なるのだが、質感は悪くなったので1年半ぐらいでやめてし
まった。

どのメディアを好むのか、でその人がどこを重視して聴いて
いるのかが分かる。 まあ、それ以外にも思い入れや思い込み
もありますが(笑)。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 永遠のテーマ・・・ ですね(笑)

    私はCD(デジタル?)がメインで、レコード(アナログ?)が時々。 他は要らなくてBGMならネットラジオでもyoutubeでもokですね。

    ソースの種類は一つのアイテムであって、それをどう調理するかは聞き手側の問題だと思いますよ。 目下、ばく進中のハイレゾと言われてる分野。 ソフト自体のスペックだけはとても優秀で、オモチャの様な価格帯のハード機でも再生は出来ます。 ただそれと、LINNなどが携わっている様なDS系は次元が違いますよね。 音源に関しては、CDだろうがLPだろうが同じ事が言えると思いますよ。

    機材や環境を整えて努力さえすれば(笑) ソースに関係なく素晴らしい再生が出来るはずです(^O^) ただ、LPを愛する人は、盤をターンテーブルにセットから始まる儀式(笑)も楽しまれているのでは? まさにアナログライクでしょ。 私なんて、たまにしか針を下ろしませんから緊張してしまいます(笑)

    CDでも一枚一枚ケースから取り出して、慎重にトレイにセット(ウチのプレーヤーは凹が浅いので合ってないと大変な目に)・・・ まぁー 後はリモコンなんですがね。

    DSの様に貯めた音源をマウスやタッチ操作で再生は馴染めないですね~~。 それなりの環境を構築すれば今以上のクオリティーは出て来るのでしょうが・・ そんな余裕はないし、目で見える回転系からの音が私にはしっくり来ます。

    どんな分野でも、中途半端じゃなくて、追求していけばちゃんと良い音で楽しめると思いますよ。

    最近の私はサラウンドに嵌まってますが(笑) サラウンドの根底はステレオ再生ですからネ・・・¶

    byアコスの住人 at2015-10-14 08:36

  2. 私はCDがメインで、ネットラジオ、YouTube
    定額聴き放題試用も利用しております。

    録音、保存(溜める)は、カセット、VHS、DVD-RAMで
    懲り懲りなのでやりません

    byぽんち at2015-10-14 18:56

  3. アコスの住人さん、ぼんちさん、レスどうも。

    そうなんですか、意外でした。私はネットラジオや
    you tube で音楽を聴くことは全くないので。
    どんどんアナクロ人間へと爆進中のようです(笑)。
    うちも普段聴いてるのはCDが多いんですよ。70%
    ぐらいはCDだと思います。
    まあ、それはいいとして。
    六角グラフには、まだまだ問題があります。「SN感」
    と「ダイナミックレンジ」には関係性があるから、完全
    に二つに分けてしまっていいのか?。重なっているところ
    がある。いくつかの要素に分けて評価するやり方にも
    一部に無理が有るようです。それと「低域の量感と切れ」
    とか「高域がどうのこうの」などの要素も抜け
    ていました。そうすると十角形でも足りない。音質の
    評価方法は難しいですね。

    by青いコゴミ at2015-10-16 06:56

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする