doronpa55
doronpa55
学生時代から、『ステレオサウンド』誌などを横目に【Kenwood社 DPF-7002 → KAF-7002 → LSF-777】というシステム…これ割と良いです…で地味に音楽楽しんでいました。 が、…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

日記

ハイエンドオーディオショー雑感 (今更ですが…)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年11月10日

有楽町の国際フォーラムで開催されたハイエンドショー。1週間が経過し最早感想を書く方も少ないと思われるので、比較される心配をせず、小生も安心して駄文を垂れ流してみる。

cf. 現在のシステム: 【LINN Majik DSM】→【LINN Klimax Solo】→【LINN Akurate 242SE】

●LINNブース



 意識はしていないのですが、所有機器を並べ立てると、紛う事なきLINN信者… なので、取り敢えず総本山を詣でてみる。山之内先生の講演。重点が『192bit/96bitのハイレゾ音源』に置かれていて、『既存のCDを良い音で聴きたい』という自身の方向性とは若干ズレているが、丁寧な説明と、程よいボリューム (大抵の『オーディオ演奏家 (笑)』の方の演奏は、私には少々爆音過ぎる…と辟易させられているので) 。とても好印象の講演であった。
 自宅と比較すると、ソースがMajikでなくKlimax、スピーカもAkurateでなくKlimax、と一段も二段も上の組み合わせ。肝心の音もさぞや…と思いきや、やはりイベントの常、あまり良くない音。低音がブーミーで、高音も繊細さに欠ける。
 ここで、ふと気付いた。自宅・ショップ・ショーなどで、都合5箇所ほどでのLINNの音を比較し
a) 大規模な会場で、大人数相手に聴かせるシチュエーション…端的に言うとPA用的に使われている時…は音の定位がバラバラ、人の口がスピーカー間全部に拡がってしまうような、絶望的な鳴り方になる。
b) こぢんまりした会場で、スピーカに近付いて聴くと、割と良い音になりがち。
c) 左右の壁からの距離。一般には距離に余裕がある方が反射音が入らないので良い音になるはずだが、案に相違して、LINNのスピーカーでは壁からの距離がむしろ近いくらいの方が音が良い印象。
d) 吸音材などのグッズ使っても、あまり影響なし。
e) 壁には無頓着かもしれないが、床の丈夫さ、設置の安定感の影響は、かなり大きい。
 という印象を受けていた。
 整理すると、【間接音やルームアコースティックに依存していない】、【リジッドに固定したスピーカーに近付いて、直接音のみを聴くのが良い】となる。つまり、『LINNのスピーカーは、上位モデルだと4way, 5wayと一見大型システムの様相であるが、実は最高位モデルでさえ【ニアフィールドリスニング】スピーカーである』と言えるのではあるまいか??
 LINN社は、どんなに頑張っても、個人住居の音響環境など大したモノではない、と良く分かっている。だから、整備された試聴室ではあまり良い音に聞こえないが、家に持って帰ると凄く良い感じ、なスピーカーを作っているのかな… と現段階での私の意見。まぁ勝手な推測ですけどね。

 閑話休題。ブースで、以前別のショーでお逢いしたLINN Japan社員の方と再会する。『Majik DSMの内蔵プリメインアンプにAkurate 242SEを繋いでいるのですが、どうも音がイマイチなのですが…?』と相談すると、自社製品同士の組み合わせであるにも関わらず『アンプのパワー不足です。他社製品でも良いので、良いアンプ入れれば化ける筈です』と率直な意見をして頂いた、素朴で信頼できそうな方。
 その際のアドバイスは『良いアンプを入れると良いです』と。『たとえばAkurateライン10ch分揃えて、Aktiv化目指すとか?』と問うと、『個人的な意見としてはPassivで十分。同じ金額掛けるのであれば、Klimax twinの方が遙かに良い』との御意見だった。
 という訳で『結局、アドバイスに少し従って、Klimax 【solo】 を導入しちゃいました。物凄く良いです。』と報告。絶句しておられました。
 この時に教えて頂いたこと。『LINN社のパワーアンプは、全てCHAKRA (※) 回路だと思われていますが、実は違います。Klimax soloだけは、1999年の発売以来回路を換えていません。Dynamik電源への改修時にCHAKRAになったと誤解されているようですが、間違いです。彼等 (LINN本社スタッフ) は、『Klimax soloの回路は、完成された【神の回路】だ、と主張し、換えることなど考えてもいない』とのこと。ドコまでが宣伝文句かは解りませんが、少し勉強になりました。御存知でした??
 『とにかく、いつまでも変わらず使える、良いアンプなので、大事に使ってやって下さい』とのメッセージ。受け取りました。勿論大事に使わせて頂きます。

※CHAKRA: 小音量時には素性の良いカスタムICで増幅し、ICでは対応出来ない大音量時にはディスクリート構成のアンプを組み合わせることで、音量に関わらず良い音を目指す増幅機構…って理解でよいのかな? 詳細はwebで。

●Stellaブース



 Devialetのプリメイン『D-Premier Air』と、Original Nautilusのスタッフが集まって作った vivid audioの『Giya G1/G3』に注目。
 前者は、D級とA級を組み合わせた…理解は出来ていないが…という独創的なシステム、PCからのWifi配信で音楽を楽しめる…ということは、適当なPCがあれば、これ単体とスピーカーだけでハイエンドオーディオが完結してしまうヮ(゚д゚)ォ!という点が凄く気に入った。あと、リモコンに回転式ボリュームがついているのが素晴らしい。正直な話、『直接プリアンプのボリュームを触る機会』<<『リモコンで音量調節する機会』なのであるから、本体よりもリモコンにコストを掛けるべき!!と常々思っていた。それなのに、目玉が飛び出るギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!! ような高級プリアンプですら、リモコンは驚くほど華奢でちゃち、ということがしばしば。そういう意味では、これは理想的なアンプではなかろうか… と頭では思うが、残念ながら音は殆ど検証出来ず。一度キチンと試聴してみたい。
 後者は、将来的に導入を考えているくらい…信じられないことに見た目に一目惚れ…実は実際に音を聞いたことはないのですorz…なので、気合いを入れて試聴。感想は…姿に反して、良くも悪くも平凡な音。下記でテナガザルさんも触れておられるが、『バスレフで頑張ってるよー』感が強い。G1/G2と比べてサイズ的な制約が大きいか? Original Nautilusでは理想を求めウーファに消音器を付けてしまったため、低域にブーストが必要となり、チャンデバなしじゃ使えないじゃじゃ馬さんになってしまった。そこでGiyaでは、中域以上はNautilusを踏襲しながら、低域は消音器+バスレフとし、普通にドライブ可能とした。そして、ここからは想像だが、G1/G2では消音器+バスレフ、のバランスをそれなりと出来たが、G3は小型化のためどうしても消音器<<バスレフと低音をバスレフ効果に依存する度合いが大きくなってしまった、のではなかろうか?? やはり導入するならば、大型のG1/G2も検討すべきか…と、新たな悩みが生まれる、初試聴となった。


…他にも色々あったのですが、書いている途中で疲れました。取り敢えず、最も印象が強かったのは、上記2ブースでした。初のオーディオショー見学でしたが、なかなか面白かったです。うん。

次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. はじめまして。
    ご紹介に与りましたのでコメントを。

    >『直接プリアンプのボリュームを触る機会』<<『リモコンで音量調節する機会』なのであるから
    >本体よりもリモコンにコストを掛けるべき!!
    なるほど、そういう意見もあるのですね。
    確かに多くの機器はリモコンが貧弱だと思います。
    人が直接持つ物なので、高級リモコンの需要は十分あると思います。
    最近はスマホやタブレットにポジションを奪われ気味ですが…。

    しかし本体よりもリモコンにコストを掛けるのは如何かなと(笑)


    GIYAシリーズはアヴァンギャルドでかわいらしい外観してますよね。
    ただG3の音作りはイケてなくて、よくある普通のバスレフスピーカーになってしまっているように思います。
    doronpa55さんもそう思われたなら、きっとそうなのでしょう。
    デザインが気に入っていたなら非常に残念でしたね。


    勿論ショウでちょっと聴いて製品の全てが分かるわけではありませんが
    オーディオは実際に音を聴いて判断されるのが一番だと思います。

    来年のレビューも期待しています!

    byテナガザル at2012-11-10 11:07

  2. レスありがとうございます。そして、勝手に引用して申し訳ございません >> テナガザル様

    本体よりリモコンの方にコストを掛けるべき…は流石に言いすぎですね。反省。
    私は『プリとパワーの間を近接させ、スピーカーケーブルを少し長めにする』派なので実感ないのですが、『パワーアンプとスピーカーの距離を最小限にし、プリ-パワー間は少し長い目のケーブルで繋ぐ』派の方だと、プレーヤーとプリをリスニングポジション近くに持ってきてらっしゃる方も多いので…そういう方にとっては、リモコンなど不要、となるのかも知れませんね。

    GIYAシリーズ、とりあえずG1/G2に期待、かなぁ…
    あと、テナガザル様が御指摘なさってた通り、私もMagicoとAvalonが白眉、と感じました。初心者ですが、色々と御教え頂けると幸いです。
    今後とも何卒宜しく御願い申し上げます。

    bydoronpa55 at2012-11-10 11:26

  3. あああ!様づけとか恐縮過ぎるのでやめて下さい(笑)
    引用は幾らでもお願いします、むしろウェルカムです。

    自分は主に好き勝手書いてるだけです。
    初心者に毛が生えただけな上に嗜好に偏りがあるので
    参考になる事が何かあればよいのですが・・・。

    今度どこかでG1を聴けると良いですね。
    聴かれましたら感想を是非お願い致します。

    byテナガザル at2012-11-10 12:29

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする