TAKI
TAKI
SRスピーカーで高能率スピーカーの良さを知り,ALTECの古いスピーカー718A(604-8Hユニット&620箱)を手に入れたことで始まった歓喜と苦悩,葛藤の日々を綴ります. ALTECを真空管で鳴…

マイルーム

現状2CHメイン
現状2CHメイン
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
スピーカー(5WAY):   低域:416-8BSW(密閉化したALTEC 6041箱):26〜135Hz   中低域:604-8Hウーファー(密閉化したALTEC718A箱):135…
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
    OLASONIC NANO-NP1
  • その他オーディオ関連機器
  • インシュレーター
    SUNSHINE S3
  • ヘッドホン
    SENNHEISER HD 700
  • その他オーディオ関連機器

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

全段差動プッシュプルアンプ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年02月18日

我が家は3-wayのマルチアンプ駆動です.

それも全部,真空管アンプで,
全部,300Bシングルです.
いえ...正確には「でした.」

今は,すべて,「全段差動プッシュプルアンプ」に代わりました.

そのくらい,強烈にこの「全段差動プッシュプルアンプ」は音がいいです.

嬉しいような悲しいような,オールWEの300Bアンプよりも音がいいです.

実体感があって,躍動的で,クリアで,定位がよくて,音場が広くて...
ノイズがほんとに少なくて,歪み感がなくて,クロストークがほとんどなくて...
安くて,消費電力が少なくて,球の銘柄にこだわらなくて...

非の打ち所の無い,いいアンプなんです.

(全段差動アンプについては,ぺるけ氏のHP「情熱の真空管」をご参照ください)


初作です.(完成後,ぺるけ氏のトランス式USB-DACを内蔵しました)



あまりにネット上で評判がいいし,ちょうどヘッドフォンアンプが欲しいと思っていましたので,物は試しと,作ってみました.
6DJ8という可愛らしいちっちゃな真空管2本で駆動しています.
でき上がったアンプの音を聴いて,ぼくは打ちのめされました...
ものすごく見通しのいい,深くてクリアな音場に,豊かに弾む低域の響きに支えられて,生き生きと歌うボーカルの姿が浮かび上がりました.
ぼくがずっと求めていた,音場と音像の両立がそこにあったのです.

今までプッシュプルアンプは好きになれませんでした.
音場の広さは感じるけれど,音が前に出てこないというか,躍動しないというか...
音楽が楽しくない.
手に触れることができそうな,ボーカルの実体感が欲しいぼくにとって,奥まってスピーカーにへばりつくようなプッシュプルアンプの音は,どうしても許せませんでした.

初めて買った真空管アンプは,91Bタイプの300Bシングルでした.
こいつを買うとき,それはそれは,いろんなアンプと聴き比べましたが,一貫して決定的だったのは「シングルの方が好きだ」ということでした.

その後,立て続けに300Bシングルアンプを計3台揃えて,マルチアンプに至るくらい,シングル党でした.

2作目です.


6AH4GTという球を使っています.
出力は4Wくらいでしょうか.
ずいぶん小さな出力ですが,うちのスピーカーは能率が100dbを越えますのでまったく問題ありません.フルボリュームになんてできないくらいパワーは十分です.

これを91BタイプのオールWEの300Bシングルアンプと対決させた時,ぼくの中で,WE神話は完全に吹き飛びました.
ついでに球の銘柄で,一喜一憂することも,もうないでしょう.

全段差動プッシュプルアンプの音は,「プッシュプルなのにシングルのような音がする」「シングルのようなのに,シングルの弱点である低域は完全に別物だ」なんてことを言われます.
その通りだと思います.
シングルアンプの宿命的弱点は低域にあるのですが,これはさすがにプッシュプル,押し出しの強い弾む低音を出してくれます.

3作目です.


シャーシ加工にも手を出しました.
大変ですけど,シャーシ加工ができると,機器の設置環境に合わせて,プラグやスイッチの位置を自分でレイアウトすることができます.
このアンプは,前後左右に何らかの端子が付いています.すべて,設置される場所を考慮してのデザインです.

6N6Pという球を使っています.
出力は2Wくらいでしょう.

こいつの高音はバカみたいに綺麗です.
音の上下方向の高さが一気に変わりました.
鈴の音が,高いところから降ってくるように聴こえます.
病み付きになる高音ですね.
ツイーターJA-0506との相性はバッチリです.
その代わり,全段差動アンプらしい,押し出しの強さはないですね.
比較的大人しい,でもめちゃくちゃ綺麗な音のアンプです.
弦の音は,本当にツヤツヤです.


シングル党のぼくが,プッシュプルである全段差動アンプにいとも簡単に移行できたのは,やはり,音がプッシュプルアンプのそれではないからです.

全段差動アンプは,シングルアンプの音がします.

でも,低域はプッシュプルの良さの押し出しの強い芯のある弾む低音が出ます.

願ったり叶ったりなワケです.

しかも,それを実現しているのは,古き良き真空管というデバイスと,現代の半導体技術の融合,というところもぼくのオーディオ理念とマッチするわけです.


現在は
高域(7KHz〜):6DJ8
中域(800Hz〜7KHz):6N6P
低域(〜800Hz):6AH4
というラインナップでマルチアンプ駆動しています.

ですが,6DJ8は本来ヘッドフォンアンプ用に作りましたし,6N6Pの高域の素晴らしさを生かしたいですし...
ということで,現在,4台目の全段差動プッシュプルアンプを作製中です.
球はEL34を使います.

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. はじめまして。

    真空管アンプと言うことで思わずレスしてしまいました。

    皆さん、それぞれ環境も違うことなので、
    結果もそれぞれ違ってしまいますね。

    私もここ3年くらい前からアンプは、真空管に移行してきました。
    だって根本的に音が違いますから。

    我が家の真空管アンプは、EL34のPP

    KT88のPP(モノラル2台) 6L6GCのPPからここ1年間は、

    300BのPP(Prime Ver5)
    300Bのシングル2台、(Prime Ver5 とWE300)

    プリは、PRI 2を使っていますが、

    我が家の場合は、圧倒的にシングルの方が良いですね。
    シングルといえど低域の不足は、全くありません。

    それどころか、PPの方がバランス的に低域が出過ぎるほどです。

    ちなみに我が家のSPは、4344から始まって10組ほどあります。

    他の方と違うのは、電源に力を入れているところですね。

    38sqで引き込みメタ-からダイレクトに8回路の専用分電盤を
    2面設置しております。
    すべてのパタ-ンを導入し(中村製作所で200Vを1台,CSEで200Vを2台、あと3回路が、オヤイデのタップにブレ-カ-からダイレクト、 そして残る10回路もブレ-カ-直で各機器に繫がっております。

    真空管は特に、電源に敏感で1機器1ブレ-カ-がベストな結果となっております。

    と言うことで我が家では、300Bのシングルが今のところベストです。

    by 音楽大好中年 at2014-02-18 13:30

  2. こんにちは
    私も現在ぺるけさんの6N6Pの全段差動ミニワッターアンプを作っているとことろです。
    TAKIさんのコメントを読むと早く完成して音を聴いてみたくなりました。完成したら私もコメントします。

    byマイペース at2014-02-18 16:44

  3. 音楽大好中年さま

    レスありがとうございます.

    全段差動のプッシュプルアンプはお聴きになられたことはございますか?
    ぜひ,聴いてみて下さい.
    あの音は,プッシュプルに分類してはダメだと思います.

    ぼく自身,いつ,どこで,何を聴いてもシングルがやっぱりいいなぁ〜と思っていましたし,今でも,全段差動以外のプッシュプルを聴いてもいいとは思えません.

    UX生さんという方が,シングルとプッシュプルと全段差動の違いをとてもユーモアたっぷりに表現してくれています.
    http://web1.kcn.jp/tube/AudioDic.html

    真空管は電源にシビアですよね〜
    まあ,家庭用商用電源の電圧の増減がそのままフィラメント電圧はじめ,プレート電圧その他の変化として現れますから.
    我が家でも200Vダウントランスを使ってましたけど,やめてしまいました.
    今は普通に壁のコンセントに挿してます.
    我が家では,ダウントランスはマイナスに働きましたね.
    好みの問題かもしれません.

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします.

    byTAKI at2014-02-18 19:22

  4. マイペースさま

    レスありがとうございます.

    頑張って下さい!
    いや,むしろ「教えて下さい!」の方が正しいですね.
    マイペースさまは,かなり自作されるようですので,今後ともご指導いただけると幸いです.

    6N6Pは2014バージョンを作製されるのですか?
    ぼくは2014バージョンを作製しました.
    でき上がった時は,あれ?っというほど,あっさりとした大人しいアンプの様に聴こえましたが,最初から高域の抜けと綺麗さは特筆ものでした.
    今,我が家では,800Hz〜7KHzの帯域に使っていますが,もう少し元気が欲しいなぁという印象です.
    そこで,6AH4GTを800Hz〜7KHzに持ってきて,6N6Pは高域に回します.
    800Hz以下の帯域は,現在作製中のEL34の平衡型全段差動アンプが受け持つ予定です.
    どうなるか楽しみで仕方ありません.

    今後とも,どうぞよろしくお願いいたします.

    byTAKI at2014-02-18 19:32

  5. TAKIさん、こんばんは。

    EL34に反応しました。本当にいい球ですね。

    何かの雑誌で「麻薬的な高音」と読んだ記憶があるのですが。。。
    低音も押し付けがましくないのに馬力があって。
    今まで、4メーカーほど使ったことがありますが、どれも好きです。

    全体の音がどう変化するか楽しみですね。

    byいたちょう at2014-02-18 20:11

  6. TAKIさん
    私は2012(基本バージョン)です。まずこれの音をじっくり聴いてから2014バージョンに改良するかどうかを決めたいと思っています。

    byマイペース at2014-02-18 20:42

  7. EVAさま

    まさに我が家もそうでした...
    ダウントランス入れて,音が死にました.
    躍動感がなくなって,楽しくなくなってしまいました.
    今は,アイソレーショントランスを,デジタル系のみに入れております.
    効果は...よく分かりません...(爆

    EL34の平衡型全段差動プッシュプルアンプは,今月中には完成見込みです.
    途中経過も報告したいと思っています.

    今後ともよろしくお願いします.

    byTAKI at2014-02-18 23:40

  8. いたちょう さま

    EL34は球の供給も安定していますし,性能もいいですし.

    初段トランジスタ,ドライブ段6SN7GT,出力段EL34の3段構成の予定です.

    今後ともよろしくお願いします.

    byTAKI at2014-02-18 23:44

  9. マイペースさま

    ぼくはいきなり2014バージョンを作りました.

    2012との差はどうなんでしょうね.
    気になるところです.

    今後,この6N6P全段差動2014は,平衡型へ改造予定です.
    また,いろいろ教えて下さい!

    byTAKI at2014-02-18 23:46

  10. 差動増幅アンプの音色は素敵ですよねえ。

    あのう 話の腰を折るようで恐縮なんですが TAKIさん 全段差動アンプは基本的にはシングルアンプなんですが~ 私は通りすがりのgrape_y2kです。

    確かにプッシュプル用のアウトプットトランスを使用しますが、ようするに片チャンネル当たりにシングルアンプを2台用意し、その2台のシングルアンプを差動動作させているのです。電源や外来ノイズの影響が飛躍的に少なくなる特長があり、入力された信号がその分、変形しにくくなるので情報量の多いくっきりした印象の音になります。

    私は2000年頃から直結アンプに目覚め、その後ベルケさんの本でヒントを得て「全段差動全段直結」アンプを設計完成させました。「全段差動全段直結」アンプは響きの良いクリアで広がった音場の別次元の音色で格別でしたよ。

    http://blogs.yahoo.co.jp/grape_y2k/folder/327127.html

    bygrape_y2k at2014-02-19 22:26

  11. grape_y2k さま

    レスありがとうございます.

    「全段差動全段直結」ですか!
    すごいでしょうね〜
    よく考えたら,うちの6DJ8と6N6Pも2段増幅ながら,差動&直結ですね.
    ほんとにいい音ですよね〜

    でも,これ,シングルって言い切っていいんですか??
    確かに出力段の球はA級動作で,回路もシングルそのものですが,2つの出力段の球を逆位相で動作させて,押し引きするという点ではプッシュプルですし...
    ぺるけさん自身も「プッシュプル」って言ってますしね.
    かと言って,プッシュプルアンプとして分類されるのは,ちょっと悔しいような...
    「差動アンプ」って呼ぶのがいいのかも知れませんね.

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします.

    byTAKI at2014-02-19 23:52

  12. TAKIさんのおっしゃる通り、音色も回路もシングル方式ではないし、プッシュプル方式でもないし、まさしく差動方式と呼ぶべきでしょうね。良さを理解してくださるお仲間が増えてうれしいです! このサイトで音楽動画の紹介をしています。興味が御座いましたらご覧下さい。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3849/20140220/41416/

    bygrape_y2k at2014-02-20 00:16

  13. grape_y2Kさま

    「差動方式」「差動アンプ」いいですね!
    ぺるけさんは,英語でディファレンシャル・アンプって名付けてますね.

    「シングル」
    「プッシュプル」
    「ディファレンシャル」
    なんかスッキリしました.

    ご紹介のサイト,見させていただきました.
    毎日,紹介されてるんですね.すごいです!
    ちょこちょこ覗きに行かせていただきます.

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします.

    byTAKI at2014-02-20 00:46

  14. TAKIさん おはようございます。

    OPアンプは差動増幅ですから、差動アンプは現代では最もありふれた増幅回路ですね。でも、自作真空管アンプで、しかも、出力段まで全段差動アンプ構成となるとかなり特殊ですね。

    私も「情熱の真空管アンプ」を読んでますが、言われてみればあの自作例はすべて全段差動アンプなのですね。あっさりとした書き方だったのでうかつにもいままであまり意識していませんでした。

    そんなに音が良いですか?ちょっとそそられてしまいました(笑)。ただ、PPに較べるとどうしても低出力になってしまいますね。TAKIさんのように高効率で俊敏なALTECのユニットが欲しくなります。私のように現代的な低能率の小型モニターですとちょっと苦しそう。

    全段差動増幅でしかも全段直結ということになると、オフセット調整がたいへんです。特に真空管は温度やちょっとした振動でも特性が微妙に変化してしまうのでドリフトがあって安定しません。どうしてもDCサーボが必要だと思うのですが、どうされているのでしょう。また、マルチでスピーカーにも直結されておられると思いますが、DC入力に対するプロテクションはどうされているのでしょうか。

    byベルウッド at2014-02-20 09:09

  15. ベルウッドさま

    そうですね.
    半導体回路では当たり前の差動回路も,真空管で出力段まですべて差動というのは,とても特別でしょうね.

    A級動作しかできませんので,どうしても出力は望めませんが,EL34で15W(EL34のパラプッシュで30W)まで出力を上げた作例が「情熱の真空管」のHPにアップされています.
    それでも現代スピーカーには厳しそうですね.
    能率の高いALTECだと,その低出力がメリットとして働いているように思います.

    あまり技術的なことは詳しくなくて...
    こちらをご参考にしていただけたらと思います.
    http://www.op316.com/tubes/special2.htm

    今後ともよろしくお願いします.

    byTAKI at2014-02-20 16:11

  16. TAKIさん、はじめまして。

    初作にトランスが付いていますが、これは何ですか?
    また、可能であれば内部写真も見せて頂けませんか?

    bykimio at2014-08-18 14:26

  17. kimioさま

    レスありがとうございます.

    アンプの後ろの方に乗っかっている小さなトランス2台は,ぺるけ氏のトランス式USB-DACのトランスです.
    DAC基盤は,本体内に収納しております.
    内部の写真もアップしましたので,ご覧いただけたらと思います.

    ただ,このアンプ,現在,改造されて,完全に「トランス式USB-DACバランス型ヘッドフォンアンプ専用機になっております」

    参考になれば幸いです.
    今後ともよろしくお願いします.

    byTAKI at2014-08-18 15:24

  18. TAKIさん、写真有難うございました。

    トランス式USB-DACバランス型ヘッドフォンアンプ専用機の音って良さそうですね。
    機会があれば挑戦してみたいです。

    bykimio at2014-08-18 16:06

  19. kimioさま

    トランス式ですと,出力が平衡出力になりますので,そのまま全段差動アンプで差動増幅して,さらにヘッドフォンも平衡駆動に改造して...
    なんてことやって,別次元になりました.

    トランス式のUSB-DACは,本当に滑らかな音になります.
    簡単かつ完全にアナログを凌駕できると思っています.
    知人に1台作ってあげたのですが,そしたらその人,アナログをやめてしまいましたからね.
    そのくらい,オススメです.

    byTAKI at2014-08-26 13:06

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする