HDMaister
HDMaister
ここに並み居る根っからのオーディオマニアの皆様方とは違い ホームシアター含む『オーディオ』 『コンデジ』 『バイク』などその時々に興味あることを考え、飽きたら他の2つとの間を行き来しながら齢をとって…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

お気に入り製品

日記

東京インターナショナルオーディオショー2012 Vivid audio G1 GIYA のギター

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年11月11日

インターナショナルオーディオショーで Vivid audio G1 GIYA のカルメンでのタップとのギター演奏を聴いた人は結構なインパクトがあったのではないでしょうか?
ガツンガツンと叩く音で左右のウーファーが激しく動き胴を振るわせる様は見ていて壊れないのか心配になるほどだった。

ただVivid audio G1 GIYAの クラッシック演奏はまあまあ、で オーケストラは悪くはないもののやはり金額ほどの音は出てないと感じたトランペットは結構良く再生されてた。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. まずは写真撮影ビデオ収録ご苦労さまと申し上げます。
    私も多くのブースをまわり可能な限り音を聴きました。
    最新の機材による中高域はさすがだなと感じたシーンはいくつかありましたが肥大した低音は建物によるものなのか電源によるものなのかほとんどのブースで感じました。
    あるブースでは階上の音が聞こえてきたので床の強度は期待できません。
    また各ブースの担当者,セッティングを行った人の好みも多分にあると思います。
    単純なマルチモノでリミッターが効いた古いロックが好きそうな担当者がいた(名曲だと絶賛していた)TADのブースでは当方の持参した最長弦3,030mmのクラヴィンスピアノのCDが、ただのこもった古めかしいピアノでした。
    その中でYGAcousticsのブースでYoav Geva氏が上記CDのジャケットを手に取りしげしげと見ていたので音の好みがわかりました。
    ただし音は低域がふやけていましたが。
    このショウでは製品の実力は一部しか分からないと思います。
    結構硬派の人が新製品を物色していると思われるので評論家による公演が良いかどうかも疑問です。(製品の概要は分かっている)
    ですが昨今の世の中で高級オーディオショウが開催されるだけで良しとするべきですね。

    byNoError at2012-11-11 13:43

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする