FUMI
FUMI
親の影響でオーディオを始めました。 現在はピュアからホームシアターに移行しています。 お金をかけて聴くには無駄のような音楽をお金をかけて聴いています。 でも、好きだからいいんです。

マイルーム

機器構成
機器構成
その他 / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
20141030〜6畳+α アナログマルチ入力6ch、80inch Pioneer N-50 Pioneer BDP-LX71 Panasonic DMR-BWT520 DENON AV…
所有製品
  • サブウーファー
    FOSTEX CW200D
  • プリメインアンプ
  • スピーカーシステム
    JBL 4312E
  • AVプリアンプ
    MARANTZ AV8003
  • Blu-ray Discレコーダー
    PANASONIC DMR-BRZ1000

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

周波数特性の簡易測定をしました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月28日

Etani RTAで4点簡易測定を行いました。色々と分かった事があり日記にしました。

使用機器

スピーカー JBL 4312E
AVプリ Marantz AV8003
パワー NEC A10Ⅲ×2台 BTL
プレーヤー DENON DCD-1650SR

左右スピーカー間 2m
視聴距離 2.5m
iPhone計測距離 1.9m 

使用チェックCD DENON AUDIO CHECK CD 16-ピンクノイズ 18-無音(デジタルゼロ)

普段よく聞いている時の音量ー30dBにて(AV8003)計測



計測結果

①ウーファー ミッド0、ハイ0



②ウーファー ミッド10、ハイ0



③ウーファー ミッド10、ハイ10


④無音(デジタルゼロ)



計測結果より分かった事

①→②より ミッド0〜10が5kHz〜12.5kHzがうけもち

②→③より ハイ0〜10が12.5kHz〜20kHzがうけもち

全体を通してフルレンジウーファーがほとんどの帯域を受け持っている。

現状、160Hzと315Hzの落ち込みがある。50Hz辺りから20Hzまでだだ下がっている。

全体で70dBを超えている。これは騒々しい街頭、大きな声の会話相当。80dBを超えると電車の車内、せみの鳴き声相当だそうなので近所迷惑に注意。

無音測定より環境騒音がどの程度かが分かる。結果40〜50dB。これは図書館、静かな会話、クーラー音相当。リビングオーディオってことでS/N悪い。31.5Hz辺りこれ冷蔵庫だろ。



今回の測定で自分の部屋での4312Eの素性と今後の課題が分かりました。
160Hz、315Hz、どうすればもちあがりますかね^^;
50Hz以下のだだ下がり…サブウーファー導入しますかね〜^^

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする