バズケロ
バズケロ
音楽に魅せられて、オーディオの楽しさに触れて、長い旅になりそうです。癒されたり、感動したり、発散したり、人と音が一体になれるといいなと。

マイルーム

バズケロ音楽紀行
バズケロ音楽紀行
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ご近所様の散歩コース折返し地点の住宅街高台てっぺんに立地する事から、勝手に我が家の事を「散歩道オーディオの館」と呼んでいます。 リビングオーディオはハーベスをメインとした「癒し」空間を目指し、生…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

<いらつく音と安心する音>の巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月17日

今年の冬は寒く成りそうです。今日は風も強く吹き込み、少々アレ気味のお天気でしたが皆様は如何お過ごしでしょうか?

最近のバズケロはひたすら聴くだけの人になっていましたが、そこは年末…色々とオーディオ装置の定例行事を始めています。
面倒なのですが、重い腰を持ち上げてシコシコと…

そう、接点磨きの大掃除です。
先週からJBL部屋のSPケーブル端子から始めて、信号ケーブル類も一通り済ませました。

しかし、点検するとSPケーブル端子の締め付けトルクも緩んでいるのが見つかります。
キチンとトルク管理し直すと、あらら…滲みがあったのね…と気付くものです。
信号ケーブルでも綿棒は黒ずんでしまうので、意外に汚れているのです。
そしてやっぱり…音に滲みが有ったのね…と気付く。

このところアーシングメソッドも一応の完成形という満足から安心して音楽を楽しんでいるのですが、聴き込むうちにいくつかの音源では上記のお題に起因する「違和感」=「気持悪さ」を覚える事がありました。

例えば部屋とSP位置ズレはスピード感が合わない「いらつく音」として。
例えば接点汚れは音像や音色が滲み膨らみがちな「いらつく音」として。
例えば接点の弛みは前後左右での定位感や焦点の滲む「いらつく音」として。

そんな事は分かりにくいという方は、敢えてSPケーブル端子のトルクを一つだけ緩めにしてみると「ああ、これか」と感じられればしめたもの。
感じられるというのは、部屋を含めてかなり敏感なシステムになってくれている証でもあります。
逆に何も感じない場合は、「歪み」に対して他にもやる事が沢山有るという事でしょうか。

ところが…

音色や音場は透明感溢れ、そしてとても静かで微小な出音にも敏感なシステムというのは維持においては、ある意味、とても疲れます…
気が置けないというか、安心感が無いというか…
いったい何時まで良い音でいてくれるのか少々心配に成ります。

しかし基本に忠実に、きちんとメンテナンスを続けていれば、いい状態は長続きすると信じて、その気に成った時、根気よくシコシコ磨いている訳です。
この接点磨きも歳と共におっくうに成って来そうな気がしますが(笑)
まあ、良い音で聴きたいと思えばこそ、そうでない他人が見ればアホみたいな作業を延々と繰り返しているのですね!

年末掃除は他にもやる事有るでしょ!というのは良く有る話ですが、いやいや、オーディオファイルはコレが内心最優先事項だったりするので、皆様のご家庭でも温和で平和な生活を維持するのは一苦労だったりして…?!

まあ、きっと、ご家族からは見透かされているのでしょうが…深夜に一人密かに取組むのが秘訣でしょうか?
もっともその怪しい後ろ姿を見られた後の家庭内不和の責任は取りかねますが…目が合ってしまった時の気まずさに比すれば、後ろ姿なんて大した事ない?!

今日は休みにも関わらず仕事が入っていたので早朝からアジトに移動して少しくたびれましたが、仕事も無事一山超えてアジトでゆっくりしながら昨夜のJBL部屋の「安心する音」を思い出せば充足感も増して来ます。
来週のオーディオ・デーにはハーベス部屋でもシコシコやらねば気が済まない。

どんなに徹底してやっていても「いらつく音」と「安心する音」を行ったり来たり。
オーディオの接点磨きって、この先もエンドレスなのです…
それでも音楽とオーディオのある生活は楽しいですね!

さて、今月ハマった音源ご紹介です。
先ずはJBL部屋モードで(笑)

最近所属エンジニアは何かに目覚めたか?と思わせるのは寺島レーベル。
何で一気にLP4枚組なの?

アナログベストセレクションはジャケットの唇に目がいきますが、録音〜プレスも素晴らしい。エンジニアさん良い仕事しています。
低域と高域の見通しが良いコンビレーションは痺れるよ〜!
バズケロはグイグイと引込まれました。在庫が残っていれば即ゲットです。

お次ぎはお約束のハーベス部屋モードです。
Gary Karr のPlays Bach 「甘き死よ来たれ」

このアルバムは随分と昔から聴いていますが、後半の記憶は今もって曖昧です(笑)
改めて今のハーベス部屋で聴くと、至極の響きと天空からの抱擁感が幻想的。
スーパーアナログLP、CD、SACDと繰り返し再発されていますが、何故かいつも爆睡しちゃうのでアナログなどは禁物!
バズケロは1991年のCD盤で満足していますが、こんな気持いい音をハーベス部屋で聴いていると、いつのまにか天に召されそうです(笑)

今年はJBL部屋で心底楽しめるクラシック再生が得られたのが一番幸せです。
さあ、この勢いを維持して年末年始に向けて、頑張りましょう!

では、では

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. バズケロさん、ありますねー「いらつく音と安心する音」

    自分的な捉え方ですと、
    ・せっかく追い込んで自分好みに仕立てたはずなのに、今聞いている音は何かが違う=いらつく音。
    ・そうそうこの音ですよ、この音=安心する音。こんな感じですかね。

    自分自身が判断基準ですから、満足できるか・出来ないかです。こちらでは1か月ほど前に追込みが完了して、ただ今聴き込み中です。ですから年末に向けてもクリーニングすべきか否か悩ましいのです。クリーニングの影響が丁と出るか半と出るかわからないからです。

    今の音が気に入っていますし、それほど微妙なバランスなので...ん、これって自慢(笑)

    byヒジヤン at2017-12-18 12:55

  2. バズケロさん

    やってますね(笑)。年末大掃除です。まあ、普段からこまめにメンテやクリーニングというのも心がけとしてありますね。

    私はよく自宅オフ会の前に、こういうクリーニングとかセッティングの再調整とかやっていますが、かえって「あちゃー!?」みたいなこともあってリスクがあります(笑)。時間がないのについイジってしまって失敗というわけですが、これもオーディオの性分なんでしょう。

    コネクター接点は、やってみると綿棒が真っ黒になってびっくりしてしまいますが、でも正直なところ音はあまり変わらない(笑)。まあ、あくまでもクリーニングだから気休めになればいいやと黒くなった綿棒に感謝を捧げてからゴミ箱に捨ててます(爆)。

    byベルウッド at2017-12-18 14:30

  3. バズケロさん、こんばんは。

    環境が再生音に敏感に影響する程の高いレベルのシステムを構築すると、それはそれで悩みも増えるのですね。
    GTレースカーを所有して自分でメンテナンスをしてレースをしているような感じでしょうか。
    私は国産のスポーツカーをちょっとイジってサーキットを走っているようなもので気楽です。
    F1クラスを所有している人達はパフォーマンスを維持するのにさぞかし大変だろうなと一瞬思いましたが、このクラスの方達はプロのメンテナンスチームを所有していますよね〜。

    byCENYA at2017-12-18 20:49

  4. ヒジヤンさん
    今晩は

    >せっかく追い込んで自分好みに仕立てたはずなのに、今聞いている音は何かが違う=いらつく音。
    >そうそうこの音ですよ、この音=安心する音。こんな感じですかね。

    そうです、そうです、まさにそんな感じですね!
    特に滲む感じがあるとイライラします。
    おいおい、ここは膨らむ所じゃないだろ!もっと奥で締まれよ!ってね(笑)

    >クリーニングの影響が丁と出るか半と出るかわからないからです。

    ははは、本来は良く成る筈なのですが。。。
    追い込みもキリキリと詰めていると、条件変化が怖いですね。
    わかるなあ、その気持ち(^^)

    バズケロも今の音が気に入っていますし、それほど微妙なバランスなので...ん、これって自慢(笑)

    では、では

    byバズケロ at2017-12-18 22:06

  5. ベルウッドさん
    やってますよ〜

    クリーニングやメンテナンスは仰る通り日頃の心掛けですが、なかなか全部やるのは大変ですね。
    根がずぼらですから...

    >かえって「あちゃー!?」みたいなこともあってリスクがあります(笑)

    あはは、あるあるネタですね。
    オフ会直前の調整なんて、よく忘れ物しますし(笑)
    後で、しまったなあ...今度はもっとちゃんとした音を聴いてもらいたいって反省も多いです。

    今回はアーシングメソッド完成前は気にも留まらなかった信号端子の拭き取り具合まで分かってしまったという出来事があって、それが日記を上げるきっかけでした。
    一度拭いて、繋いで聴くと、音像がわずかに手前に滲んで大きく見えてアレっ?となったものだから...
    聴き込んでみて、あやしいなと思ったプリのCDP入力端子を再点検すると、片側の一カ所の拭き取不足が見つかり、きちんと奇麗にしてから聴き直すとグッと締まって良く成ったという事件。

    そんなことまで分かる様に成ってしまって、ある意味ショックだった訳です。
    この先大変だなあって(笑)
    まあ、だからどうした?ってくらい微妙な世界ですから、気にし過ぎかもね〜

    これも性分ですから諦めています(^^)

    では、では

    byバズケロ at2017-12-18 22:26

  6. CENYAさん
    こんばんは!

    >GTレースカーを所有して自分でメンテナンスをしてレースをしているような感じでしょうか。

    本来はきっちり仕上がったレースカーって乗り易いと聞いた事が有ります。

    例えば、新新砂箱アーシングメソッドという土台は性能が普遍的で、機器類は基本ポン置きで良いのでとても使い易いのですよ。
    鼎の環境は、どちらかと言えばノーマルカーをサーキットへ持ち込んでみると、スピードレンジが上がって、下道で不満に思えなかった足回りが気になるとか、そんな感じでしょうか?!

    根がずぼらですから、このメンテナンスの敏感さには困るなと...
    ゴロゴロ、ダラダラと聞いていたいのに面倒くさいなあって(笑)
    上げ膳据え膳のズボラオーディオって夢見ますが、きっとすぐに飽きるでしょうね〜

    これも性分ですから諦めています(^^)

    では、では

    byバズケロ at2017-12-18 22:51

  7. バズケロさん
    こんばんは

    年の最後にオーディオ機器たちに感謝と慰労の意味もこめて何かしてあげなくてはな~と、ここのところ思っておりました。接点みがきはそれにはもってこいですね。でもあんまり音が変わらなかったら 汗。。。まあ、それも来年への課題ということにしたいと思います(笑)。

    >ハーベス部屋で聴くと、至極の響きと天空からの抱擁感が幻想的

    これは聞かなくてはなりませんね。ハーベスの低音弦楽器の響きはおっしゃるように「安心する音」のひとつですものね。
    それと寺島さんのJazzbar 2017がまもなくリリースなので、そちらから聞いてみようかな~
    ご紹介ありがとうございました。

    byゲオルグ at2017-12-18 23:10

  8. 良いですね。 いいですね。 すっかり 出音に満足されてるご様子。  ほわほわ ほかほかな状態ですね。

    気持ちよく お掃除なさってください。

    私は バタバタと 二つ目のシステムを入れたり 一つ目の セッティングの 再構築で やっと 落ち着いてきたかな??

    なんで のんびりと チェックしながら 年を越しまして 春を待つかな??

    幸せな日々が 長く続きますように!! 

    byX1おやじ at2017-12-19 15:28

  9. バズケロさん
    ご無沙汰しております

    夜な夜な接点を磨くバズケロさんの(怪しい?)後ろ姿が目に浮かびました(笑
    ズボラだった私も先輩方の後ろ姿を見習って接点のお掃除をするようになりました。

    セッティングや機器のメンテナンスに真摯に取り組むバズケロさんのお姿はアスリートのように見えたりする時もありますよ。

    今年の7月辺りになりますが、1ヶ月間ほど不調に陥ったことがありました。
    もう30分も聴いていられなくなってしまったんです・・・

    機材?、自身の体調?
    と疑っていたのですがスピーカースタンドの足元のスパイクのトルクが少しずつ緩んでいったようでして、ユルユルになっていました。
    もう一度 きちんとセッティングしたところ音が生き返った経験をしてからは、定期検診の大切さを身に沁みる思いをいたしました(笑


    砂箱が配備されたバズケロさんのNEWサウンドが聴ける日を楽しみにしています^^/

    byケニティー at2017-12-19 17:03

  10. ゲオルグさん
    今晩は!

    バズケロの年末の行事と言えばケーブル端子磨きです!
    取っ付き易いし、その成果はセッティングレベルに応じて変化しますが、しこしこ磨いた後「ぬちっ!」としなやかに接続される感覚は、何とも気分爽快で(笑)

    >ハーベスの低音弦楽器の響きはおっしゃるように「安心する音」のひとつですものね。

    ええ、ええ、それはもう、昼下がりの倦怠感に甘くふくよかなハーベスの音色...ゆりかごで揺られる赤子の如く、スヤスヤと... 幸せです。
    低音の包まれ感って、何でこんなに心地よいのでしょうねえ...
    それを期待して、昼下がりの一杯は温泉宿でいただくにも等しくホッとします。

    そうそう、最近の寺島レコードのサウンドはかなり洗練されて来ましたね。
    特に分厚いオールドジャズサウンドと、自然な音場のコンビレーション作品以来、グッと良く成ったと思います。
    いわゆる良いとこ取りがコントロールされているような気がしますねえ。
    今後の作品も楽しみです。

    ハーベスサウンドって、どうしてこんなに気持いいのでしょうか?!
    とても幸せなサウンドです。
    これからもお互い楽しみ尽くしましょうね!

    では、では

    byバズケロ at2017-12-19 22:22

  11. X1おやじさん
    ご無沙汰しております!

    >ほわほわ ほかほかな状態ですね。

    いやあ、もう、悦楽至極!
    過保護なパンダの赤ちゃんの如く、無垢になれる居心地の良さです(笑)
    このレベルの機器類で、これだけのサウンドを得られる事の不思議に気分も高揚しながら年末のオーディオ大掃除を楽しめています。

    >のんびりと チェックしながら 年を越しまして 春を待つかな??

    はい、アレだけの機器類とスケール満点のシステムですから、スタミナも随分と消耗されたと思います。
    ですが、その苦労も充分に報われるほどのサウンドが得られたのでは?!

    JBL部屋でも落ち着くまではゆっくりと変化が続いていますので、急いては事を為損じる。
    のんびりと変化を楽しまれて下さいね!

    >幸せな日々が 長く続きますように!! 

    はい!少しでも長く楽しみたいです。
    できることは限られていますが、続ける事に意義有りです!
    来年は、じっくりと出来る事を見極めて次の世界へ進めたいです。
    今の機器類でもさらに先へ!
    またツルんでいろいろと楽しみましょう(笑)

    では、では

    byバズケロ at2017-12-19 22:37

  12. ケニティーさん
    お元気そうで!

    >夜な夜な接点を磨くバズケロさんの(怪しい?)後ろ姿が目に浮かびました(笑

    げげげっ、見られたのかな?!
    ラック裏の隠れ家程怪しい場所は有りませんね(^^)
    はいつくばり、スクワットもして、寒いのに額に汗が浮かぶ程熱中していて、超変態的な所行です。
    人目を忍んで接点をシコシコと磨き込むアスリート...端から見たら絶対おかしいって(笑)

    >スピーカースタンドの足元のスパイクのトルクが少しずつ緩んでいったようでして、ユルユルになっていました。

    そうなんですよね〜、経時変化は恐ろしいです。
    少しずつ狂い始めるのですが、気がつかない。
    そして臨界点を超えて、げげげと成る訳です。

    >もう一度 きちんとセッティングしたところ音が生き返った経験をしてからは、定期検診の大切さを身に沁みる思いをいたしました(笑

    その苦しみを得たからこそ、変態的なオーディオファイルとして成長出来る?!
    罪深きかな...音楽の女神の前では皆等しく罪人(変人)ですからご安心を(笑)

    >砂箱が配備されたバズケロさんのNEWサウンドが聴ける日を楽しみにしています^^/

    はい、お待ちしております。
    また予定を合わせて合流しましょう。
    ホント、音楽とオーディオって心底楽しいですね!

    では、では

    byバズケロ at2017-12-19 23:03

  13. > JBL部屋でも落ち着くまではゆっくりと変化が続いていますので、急いては事を為損じる。

    そうなんですね。 機器と ボードの間は FO.Q麺のリング DーPROP 上下 OR j1プロジェクトの 何とかシート??で 

    視聴しながら つめていますが  中高域は かなり 満足できるかな??

    問題は 低域 解像度を 保ちつつ 量感が ある表現は なかなか 難しい!!  モチロン 厚みを伴っていなければ 意味がない。 先日 CHの M1 MONOを 借りて 鳴らしてみて

    学習しました。 バランスの妙を  楽しんで 進化しましょうね。

    byX1おやじ at2017-12-20 09:06

  14. X1おやじさん
    いらっしゃい!

    >視聴しながら つめていますが  中高域は かなり 満足できるかな??

    おおおっ、おやじさん宅もかなり煮詰まって来た様ですね。
    やはり新新砂箱アーシングメソッドは普遍性がありますね!

    >低域 解像度を 保ちつつ 量感が ある表現は なかなか 難しい!!  モチロン 厚みを伴っていなければ 意味がない。

    はい、JBL部屋でも低域の解像度は見違える程高まりました。
    さらにその奥行きや沈み方、スピード感、分解能高く空間表現までしてくれる。
    この低域こそ、音楽の決定打を放っていると思います。
    X1オヤジさんのルーム容量からは、きっと凄まじい低域の表現が出て来る筈なので、その奥深い難しさは何倍も大変なのでしょうね!

    >バランスの妙を  楽しんで 進化しましょうね。

    楽しんで、楽しんで、楽しみ尽くしましょう!
    春が待ち遠しいですね!

    では、では

    byバズケロ at2017-12-20 20:50

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする