バズケロ
バズケロ
音楽に魅せられて、オーディオの楽しさに触れて、長い旅になりそうです。癒されたり、感動したり、発散したり、人と音が一体になれるといいなと。

マイルーム

バズケロ音楽紀行
バズケロ音楽紀行
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ご近所様の散歩コース折返し地点の住宅街高台てっぺんに立地する事から、勝手に我が家の事を「散歩道オーディオの館」と呼んでいます。 リビングオーディオはハーベスをメインとした「癒し」空間を目指し、生…
所有製品
  • SACDプレーヤー/トランスポート
  • トーンアーム
    FIDELITY-RESEARCH FR-54
  • トーンアーム
    GLANZ MH-10B
  • カートリッジ
    GOLDRING Ethos
  • カートリッジ
    AUDIO-TECHNICA AT33MONO

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

<静観する時を大切に>の巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月01日

天候は優れず、湿気も多くオーディオにはちと厳しいお天気模様。
生憎の天候でお散歩道も人影は少なく、ある意味オーディオ日和だったりします。
ゆるゆるだらだらとした時間を過ごせるのは幸せなことなのですが、なんかこう…退屈だったりしているバズケロ。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?!

先日我が家でエロティックサウンド社の合同研修を開催してからも、な〜んの変化もありません。
聴けば聴くほど満足感が先立っていてオーディオを変化させるというモチベーションに欠けているからです。

ハーベス部屋のお気に入りチェアーは相変わらず窓際。
ここでゆったりと眺めごとを楽しむのですが、最近はオペラものを聴きながら過ごすことが好きなのです。
ハーベス左手のさらに外側にいても自然にセンター定位しているので演奏を眺めるライブ感があります。
不思議なもので、ここに至るにはシビアなSPの部屋の位置合わせがありますが、過ぎてしまえばオーディオは消えてしまい音楽に埋没してしまう。
音楽が鳴っていてもオーディオの事など気にならないというか、結構無関心になっている自分が面白いです。

一時期ハーベス部屋でもジャズ・ジャズ・ジャズとはしゃいでいた時は弾む低域感を盛りあげる為にSWなども色々とアレンジしていましたが、セッティングが進むにつれ部屋との一体感、ハーベスとの一体感が進んでいる感じです。
SWの存在感は部屋の外、例えば廊下のカウンターに座っていても気になりません。
そこまで馴染んでしまえば部屋の何処にいても鳴っているとは感じないもの。
SWは面白くて、低域を意識したセッティングではバランス過多にすることが多く、その場合は部屋を離れる、もしくは定位の領域を外れるとよくわかります。

バズケロはSWの位置どりや角度に神経質なところがあって、部屋の左右で音圧バランスが歪んでいるとイライラしちゃうのです。
セッティングを変えるとしばらくは面白がって色々と鳴らしてみるのですが、結局部屋左右の音圧バランスは微妙な角度調整の末に揃えちゃうみたいです。
ここでいう音圧ですが、特定の周波数を切り出してみると当然左右は違うものです。
しかし音は周波数が連続して波打っていますから、それぞれの異なる周波数のピークが左右でも違うポイントになりますし、違う周波数であっても音圧はできるだけ左右で揃えるという無間地獄の行為でもあります。

それがここに来て落ち着いちゃってる自分を発見して驚いているのが面白い。
違和感を感じないオーディオってある意味滅多に訪れない瞬間なのかもしれません。
自分が変化してしまえば聞き方も変化しちゃいますから…

これはJBL部屋においても似たような状況が起きています。
新砂箱セッティングでdcsプッチーニの設置歪みをほぼ排除できたと思いますが、じわじわと音は馴染んできて、自然と完成度が高まってきているのです。
聴き込んでいくと音源の良いところがどんどん見えてきて、新しい発見に興奮してしまいます。

アナログは相変わらず凄みのある音ですが、じっくり聴いてみると音数はdcsの方がよく分解できていて単純な解像度や正確な表現や定位では勝る気がします。
それでも自分好みの微調整がしやすいのはアナログなので、結局アナログで聴く音楽は深みと迫力に勝る音作りをしているんですね。

バズケロの持っている音源も好きなジャズはほとんどがアナログなので、アナログの方がジャズ向きにアレンジされていると思います。
それでも偏ったバランスにはしていないのでクラシックやポップスも十二分に鳴らし込めます。
結局バズケロのアナログはデジタルより鮮度に勝り音が熱い!
これに尽きますね….

ある程度の満足感に満ちてしまうと、オーディオを弄ろうという気持ちよりももっと沢山の音源を聴こうという気持ちが勝るものです。
マイ・オーディオをどうすればさらに進化させられるか、今の機器類でも先に行ける方法を知っていますが、その変化を先延ばしにして今をもっと楽しみたい。
これ、ある意味とても幸せな時間なのかもしれません。

これまで弛まずオーディオをセッティングで進化させてきたバズケロですが、ここに来てようやく一息つける段階まで来たのだと思いたい。
誰に言われるでもなく、気が向いた時に遊べるだけのお小遣いもたまっていれば、またまたオーディオセッティングを進化させることは明白なんですが…
しばらくは自分のオーディオの完成度を静観しつつ何もしない事を楽しみたいです。

オーディオって、ほんと、気まぐれですね〜
我慢ならん課題もどんどんクリアしてしまえば、ホッと一息立ち止まるのが当たり前。
そんなスタンスの方が気楽でいいや…ある意味幸せ
音楽をもっと楽しみましょう!

今日のお気に入り

いつ聞いても深いし生々しい迫力が凄い!

今日のESお薦めは

母国語で歌う声の方が伸びやかさと息遣いが違います!
LPでも出ないかなあ...声がエロかわいいぞ!

では、では

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. バズケロさんこんばんは。

    エロの伝道師プッチーニ事バズケロさん
    硬派一筋(?)ムッツリーニ(むっつり)事ニッキー
    そろそろ手合わせしたいですね。

    こちらは20cm×2で遠州方面に砲門を向けております。
    いづれは強力な火力(パワーアンプ)も欲しいですね。

    ただしお互い金欠で軍資金の捻出が出来そうにありません(笑)

    byニッキー at2019-07-01 00:43

  2. バズケロさん

    静観?…達観? いや、実は、俗世を傍観?(笑)

    何かと、ざわざわと騒がしく蠢くオーディオの俗世間。時には遠くからラッパの音まで聞こえてきますね(笑)。そういう俗世の巷を悠然と睥睨しながらハーヴェス部屋でくつろぐバズケロさんの満足げなお顔が目に浮かぶようです。

    そのハーヴェス部屋の隠されたキモとも言うべきSWの周到なセッティングに感動したのは、初めてバズケロ邸を訪問した時でした。前回の訪問時では、マジ聴きモードに若干シフトしたとのお話しでした。SWの微妙な有効範囲が、いつものくつろぎのスポットの左手テラス側の窓際ではちょっと外れていたのが気になりました。それはきっと手直しされたのではないかと推測いたします。

    また、おうかがいしたいですね。何しろ、くつろぎのスポットはともかく、JBL部屋のアナログとエロスの宇宙船にはまだ乗せていただいてないのですからネ。

    byベルウッド at2019-07-01 10:21

  3. バズケロさん、こんにちは。


    先の研修会では大変お世話になりました。
    ハーベス嬢もJBLのスターシップも
    どちらも私好みの方向へグレードアップされていました。
    どちらもたまらんです。


    ハーベス嬢は弾力性を兼ね備え深く沈み込んで バズケロさんの本気度がビシバシ伝わってきました(汗


    JBLの甘く降り注ぐファルセットは極上のシャワー
    オーケストラは壮大な宇宙を意識するものでした。

    お気に入りのレコードをあれこれと探しているバズケロさんのお姿を
    見て深い音楽愛を感じました。
    また、私の好きなCD・SACDのアルバムのオリジナルのレコードを
    多数お持ちで驚きました。


    私自身はまだまだやらなくてはならない課題などありますが
    バズケロさんの好きな音源や目指されているベクトルが似ていると
    感じることがあり (勝手に)親近感を寄せております(笑


    今後も楽しくオーディオや音楽、そしてオフ会に携わっていきたいです。
    また、お会いしてお話出来るのを楽しみにしています!

    byケニティー at2019-07-01 15:14

  4. バズケロさん とりあえず小休止?? 

    とても 満足なようで 何よりであります。 プッチーニの下の砂箱2段仕様 こいつが プッチーニだけではなく, ノッティンガムの 制振まで 影響を及ぼし, 好結果が得られたのではと 想像しています。

    ラックの強度は 大丈夫ですか?? 気持ちよく 音楽を聴いていたら,拙宅みたいに ガタッ!!と 来たらヤバイですぞ??

    byX1おやじ at2019-07-01 18:09

  5. ニッキーさん
    こんばんは

    エロと言われても否定できないバズケロですが、ニッキーさんはムッツリーでしたか(^^)
    確かにエロワードを連発させたニッキーさんは想像を絶するしね〜
    今度会ったらエロワードの連発を期待しています(笑)

    ところでSPを変えたのですね!
    ニッキーさんご自身の心意気というか言葉が薄いのでレスし損ねていました。
    おめでとうございます。

    どんな音の素性なのかが分からなかったのもありますから、先日ショップで聞かせてもらいましたよ。
    なるほど〜〜〜
    これをどの様に育てるのか次回の日記で熱く語ってくださいね!

    火力はほどほどに実弾(音源)をたんまりと用意しないとバトルも打ち止めになっちゃいますよ。
    まあ、先立つものが無いとどうしようもないですけれどね!

    とにかく今を楽しみましょ!

    では、では

    byバズケロ at2019-07-01 22:01

  6. こんばんは。

    テレサ・テンが母国語で歌うレコードは昔ABCレコードから出ていました。
    日本語で歌っているものと思って購入したら母国語だった(^^;

    廃盤になったようですが中古であるかな?

    ABC-LP028
    輝きのテレサ・テン~25周年~ / テレサ・テン

    日本語よりも高域寄りの帯域がメインになってくるので曲は同じでも新鮮に聴こえますね。
    でも日本語のが好きかな(笑)

    byVOTTA7 at2019-07-01 22:09

  7. ベルウッドさん
    レスありがとうございます。

    傍観...イヤイヤ、静観でしょう...イヤイヤ、いずれ還俗しますから(笑)

    ハーベス部屋もなかなかコレで良しとは行きませんが、今の所聴けば聴くほど、結構イケてるバランスなんじゃねえか?!と聞き込んでしまっています。
    JBL部屋の解像度が尋常ではないところまで進んでいるので、かえってそれがいいのかもしれませんね。
    変に欲張らないというか、バランスさせどころが違うというか...

    SP&SWと部屋との関係性はJBL部屋よりも高次なところにいる気がしています。
    以前訪問いただいた時のイケイケモードからは随分と控えめなのですが、進化した定位感が気に入ってるんです。
    SWは結局元どおりのバランス感になっていますがこれも進化していますよ(笑)

    まさにバズケロの小宇宙。
    迷い込んだら中々抜け出せない深みを持っています。
    またお誘いしますので、お気楽に遊びにいらしてください。

    楽しいね!
    では、では

    byバズケロ at2019-07-01 22:12

  8. エロティー専務!
    いらっしゃい(笑)

    ハーベス嬢もJBL男爵も気に入ってもらえて嬉しいと思います。
    何と言ってもエロスの化身ですから(^^)
    あのハーベス嬢もあの様な表現が出来るように成長しましたし、引っかかりがないスルー感が堪らんです。
    シースルーのドレスを纏ったエロスの世界...

    それに引き換え下品なJBL男爵は露出狂&Sですから始末が悪い!
    音源を容赦なく裸にひん剥くは、リスナーをムチでひっぱたくは、それはもう悪行オンパレードでリスナーを絡め取ってしまいます。
    それでも決してエロを忘れないのが...本能ですな!

    エロティー専務もJBL男爵のしごきに本能が疼くところがES社専務たる所以でございますので、これからも布教活動によろしくっ!!!

    楽しいよね〜

    では、では

    byバズケロ at2019-07-01 22:27

  9. バズケロさん こんばんは。

    レス出遅れてしまいました。

    《聴けば聴くほど満足感が先立っていて》
    これは羨ましい。うちも出音はかなり満足感が高まったのですがまだやっていない対策やまだやっていない機器導入の構想があり安定には程遠いです。

    スピーカーの方を向かなくても楽しめるオーディオ、これは通常とは異なるアプローチが必要そうでスピーカーに向き合うオーディオと両方満足されるレベルまで到達されたというのはその研鑽の量、質ともに尋常ではありませんね。

    また聞かせていただきたいと思います。
    ではでは。

    byhigh speed at2019-07-01 22:34

  10. X1おやじさん
    こんばんは!

    とりあえずは小休止を楽しんでま〜す!
    あの新砂箱2段メソッドは良いねえ...結構応用幅が広いよ!
    フォノイコにも似たようなメソッドを入れているのでこれが大きいです。
    フォノイコにはめっちゃ効いた〜〜〜!!
    感激するほど効果的でした。

    >ラックの強度は 大丈夫ですか?? 気持ちよく 音楽を聴いていたら,拙宅みたいに ガタッ!!と 来たらヤバイですぞ??

    全然ダメで〜っす!
    横揺れは超ヤバイっす!
    まあ、先立つものがないと静観するしかないので腹を括ってますが、本音は気が気じゃないっす(汗)
    そのうちやるっす!

    お小遣いがそのうち貯まるかな〜?!
    いつになるか知りませんけど(笑)

    待ってる間もオーディオと音楽って楽しいね!

    では、では

    byバズケロ at2019-07-01 22:40

  11. VOTTA7先生!
    今晩は!

    VOTTA7先生はアナログエロの先駆者と勝手に決めつけてるバズケロ(笑)
    テレサテンに釣られてくれたのが嬉しいね!

    母国語のレコードも出してたんですね〜
    これは嬉しい情報でございます。
    今回はSACDですが、それでも母国語の伸びやかな歌いっぷりは冴え冴えとしています。
    日本語だと少しくぐもった感じに聴こえるのですよ。
    バズケロのエロアンテナは母国語バージョンにビビビっと反応してしまいました。

    これからも色々なお話を聞かせてくださいませ!

    では、では

    byバズケロ at2019-07-01 22:54

  12. high speed さん
    レスありがとうございます!

    そうそう、やれる事、身近にある構想をやり残している状態は単なる通過点に思えて落ち着かんのです。
    特に大きなボトルネックを実感できている時ほどなおさら...解消できるのは分かっている時はもっと...深夜でもガバッと起きだして弄ってしまうほど落ち着かんのです。
    たかだか趣味の遊びなのに、本気度が(笑)
    そんな感覚でバズケロも走り続けてきましたからね〜

    向き合うオーディオと、向き合わないオーディオ...

    確かに、そんな感じですね!
    言い換えれば音楽そのものに没頭できる向き合うオーディオ、音楽そのものが寄り添ってくれる向き合わないオーディオ。
    そして最終的には共に音楽を奏で始めるとシステムが消えてしまうオーディオなんです。

    夢で終わるか、夢を見るかってところでしょうか?!
    何れにせよ楽しいことには変わりない?!

    では、では

    byバズケロ at2019-07-01 23:07

  13. バズエロさん、おっと失礼、こんばんは。

    テレサ・テンに釣られました。
    最近始めた、ネット配信、テレサ・テン相当数アルバムあるのですが、写真のはありませんでした(涙

    おっと、よく見たらステサンじゃないですか?
    一時、EPを集めようかとも思ったのですが、や〜あ高い。。
    あきらめました。

    テレサ・テン、チャイナ服に中国語、、エロかわいいですね。
    ここは、やはりアナログでしょう!

    byいたちょう at2019-07-01 23:07

  14. いたちょうさん
    いらっしゃい!

    テレサテンに釣られましたか!

    我が秘密結社に加入されるときはセカンドエロネームを用意するのですが、なんとお呼びしましょうかねえ(笑)
    エロ鑑定士のHENYA部長に命名はご相談あれ!

    そうなんです。ステサンのやつでして、売れればLP出すかもという(汗)
    やっぱりアナログがエロいっすよ!
    音の鮮度が濃くて熱いもん!

    中国語にチャイナ服ってどうしてこんなにエロ可愛いのでしょう?!
    ちなみにバズケロ邸にはチャイナ系も色々取り揃えております。
    服じゃないよ!音源ね(笑)
    機会がありましたら色々とご笑覧あれ。

    では、では

    byバズケロ at2019-07-01 23:16

  15. バズケロさん、

    楽しそうですね !!

    バズケロさんは中国語ができるからテレサ・テンはなおさら浸みるのでは?
    アレ、バズケロさんが話すのは広東語? 
    北京語もOKでしたっけ?
    テレサ・テンの歌は北京語?広東語?

    byK&K at2019-07-02 22:18

  16. バズケロさん、

    バズケロ邸、しばらくご無沙汰しておりますがかなりの完成度の域まで達した感じですかね。

    私もテレサテンさんに引っかかったくちですが、音の良いアナログののような良いデジタル音源はない物かといつも思っています。

    私はアナログには手を出せませんが、バズケロさんもそろそろファイル音源に手を出されませんか。(^^;) なんて変な誘惑は忘れてください。(笑)

    次回のご訪問を楽しみにしております。

    byHarubaru at2019-07-02 23:02

  17. K&Kさん
    楽しいよ〜!

    中国語...確かに感情表現をストレートに感じることができるのは良いですね。
    ちなみにバズケロは北京語がベースです。
    テレサテンは台湾出身なので閩南語(ミンナン語)がメインかと想像しますが、ご両親は外省人だったことからも北京語は綺麗かな?!
    広東語は聞き慣れていますが使いこなせません(笑)

    テレサテンの歌声はやはり母国語の方がエロかわいくて好きです。

    音源の話も楽しいね!

    では、では

    byバズケロ at2019-07-02 23:59

  18. Harubaru さん
    ご無沙汰しております。

    テレサテンは歌姫ですからね〜
    ホント、歌が上手です。

    >音の良いアナログのような良いデジタル音源はない物かといつも思っています。

    そうか〜
    Harubaruさんはファイル音源派ですからね〜あれだけの機器類に恵まれていると良い音源への渇望もよくわかります。

    ここまで完成度が高まってくるとアナログを続けていて本当に良かったと思います。
    目移りしませんもん(笑)
    バズケロはファイルを溜め込むことはせずにやるならストリーミングでしょうね。
    図書館へ本を借りに行く感覚で十分です。

    また遊びにいらしてくださいね!
    JBL部屋でファイルオーディオしたらどうなっちゃうのだろう?!
    興味はありますが、接続方法がない(笑)

    では、では

    byバズケロ at2019-07-03 00:14

  19. バズケロさん、こんにちは。

    静観、良いですねぇ。
    個人的にはハード・ソフト・人間の三位一体だと思っておりますので、バランスが取れた状態を楽しめることが一番ですね。
    拙宅では、主に懐的な理由で今の状態を維持するしかないのですが(汗)

    現在のバズケロさんの出されている音がどのような音なのか、相当な高みにあることは容易に想像できますが、体験してみたいですねぇ。
    ご自身で楽しまれている様子が伝わってきます。

    …人間の欲望は果てしないですから、自分でそのバランスを壊しつつ先を目指してしまうわけですけれども(笑)


    現在の均衡が乱される場面が訪れる日が見たいような怖いような(汗)

    byfuku at2019-07-04 10:39

  20. fukuさん
    こんばんは!

    静観って良いですね〜
    すごく気が楽になった感じなのです。

    >個人的にはハード・ソフト・人間の三位一体だと思っておりますので、バランスが取れた状態を楽しめることが一番ですね

    仰るところはよくわかります。
    バランスが崩れると違和感に繋がってしまいますので。
    なので、今はとても自分の気持ちと音がマッチングしているのだと思います。

    まあ、先立つものがあると気もそぞろになるのが悲しい性なのですが(笑)

    オーディオの出音は自己満足の塊ですので、客観的にイイ音かどうかは聞かれる皆様に丸投げしています。
    概ね気に入ってもらえているようなので安心しています(^^)

    この先自分も含めてどのように育ってくれるのでしょう?!
    自分でもとても楽しみにしています。
    機会があれば遊びにいらしてくださいね。
    バズケロも四国に行ければ遊びに行きたいです!

    オーディオと音楽って、楽しくて幸せになれますね!

    では、では

    byバズケロ at2019-07-05 21:31

  21. バズエロ社長、大遅刻をお許し下さい!
    大変申し訳ございませんでした!

    エロティックサウンドはオーディオの究極であります。
    つまりはこういう序列、
    Lv1ラジカセレベル

    Lv2普通のオーディオ

    Lv3綺麗なオーディオ

    Lv4実在感のあるオーディオ

    Lv5生々しいオーディオ=エロティックサウンド

    大多数のオーディオファイルがLv2とLv3だと想像しています。
    ノイズ感や高音域の独特のキツさがなくなって、音のバランスも整っていて、音場感が拡がっているのがLv3。
    結構難しいですよね、本気で好きで研鑽しないとこのレベルに達せないと思います。
    Lv4は更に音像のフォーカスが絞れていて小さい。そしてトランジェントが優れていて、音の立ち上がりと立ち下がりが急峻なのが重要。
    音場の立体表現と音像のホログラム化と音像の密度感も関わってきます。
    ハーベス部屋がLv3とLv4の中間でしょうか?
    Lv5は滅多にお目に掛かれないレベルでしょう。
    表現が難しいのですが、音の温度と湿度感は重要だと思います。
    躍動感とかライブ感とか血が通っているとか、
    そういう感覚が存分に味わえるレベルです。
    究極の情報量と鮮度維持の使いこなしが出来ないととてもとても達成出来ないでしょう。
    JBL部屋はバズケロさん的にはLv5に達しているとは言い切れないかも知れませんが、四捨五入で間違いなくLv5でしょう。
    静観できるレベルになったと言うのは、私としては納得でございます。
    よくぞここまで研鑽を重ねられたと賞賛したいです。
    私も現状のシステム布陣でもうちょっと頑張ってネクストレベルを目指したいと思います。

    byCENYA at2019-07-07 11:22

  22. CENYAさん
    レスありがとうございます。

    いやあ〜
    お褒めに預かり恥ずかしい限りですが、嬉しいね!

    エロティックサウンドの概念がますます整理されてきましたか!
    生々しさ。
    とてもわかりやすくてしかも重要事案でございます。

    自分でも不思議な感覚と体験ですが、オフ会前の砂箱チューンで「最後の1ピース」がはまり、スッと全体のレベルが上がった感じなのです。
    フォノイコ然り、プッチーニ然り。
    仮想アースの取り方から、砂の中身まで、繊細に構築されたメソッド。

    それほど一般的な環境下で躯体が晒されているストレスは大きく、本来の性能をマスキングしていることの証左でしょう。

    JBL4338は躯体を震わせ、まるで小鳥の水浴び、ワンちゃんの風呂上がりのごとくプルプルと水を切る動きにも似たトランジェントの良さがあの繊細で緻密な音場表現にまでつながっていると思われます。
    だからこそ、一点リジッドであるアースピンの支点こそ命綱。

    オーディオは既成概念だけでやる限り、さらにその先を見ることはきっと無いのでしょうね。
    もっと「オーディオ環境の力」を積極的に整えて出音に活かさなくては...ねっ!

    今ではバズケロは静観しているだけですが(笑)
    オーディオも音楽も最高!
    楽しいね〜

    では、では

    byバズケロ at2019-07-07 15:46

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする