ブルースブラザース
ブルースブラザース
ジャズ、クラシック、ロック、フォーク等なんでも聞きます。 最近のJポップは、まったく聞きません。 20才の頃1年間猛烈に働き、あこがれのJBLランサー101を手に入れてから本格的にオーディオ人…

マイルーム

ひとりごとルーム
ひとりごとルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch
2016年春、神奈川からここ長野へ引っ越して来ました。 これを機にユーザー名を28号からブルースブラザースへ改名。 中央にいる黒服二人は、映画『ブルース・ブラザーズ』のジョン・ベルーシとダン・エ…
所有製品
  • 一眼レフ ハイクラス
    NIKON D850
  • ADプレーヤー
    DR.FEICKERT ANALOGUE Woodpecker2
  • デジタルスチルカメラ
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    SHARP LC-70XG35
  • BDプレーヤー
    PANASONIC DP-UB32

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

8月13日ペルセウス座流星群の見方ガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月09日

今年は絶好機です。
ペルセウス座流星群の今年(2013)の活動ピークは8月13日の3時ごろと予想されていますが、
前後3日間ぐらいは大丈夫です。
宵のころ[月齢6]の月が西の空に沈み、極大の時刻にはペルセウス座が北東の空高く上り、好条件となります。

ペルセウス座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群のひとつです。
母体である「スイフト・タットル彗星」の通り道を毎年この時期に地球が通過し、
そこに残されていた塵が地球の大気に飛び込んで、上空100km前後で発光して見えます。



【観察のポイント】
流星群の流れ星は、放射点の方向から飛んでくるのですが、実際には全天に流れます。
したがって、出来ることならなるべく空が広く見渡せる見晴らしのいい場所で観察することをお勧めします。
また、出来れば町を離れて空の暗いところへ行ってみてください。
事前に観察地を探しておくことが必要です。
[アストロアーツ]
http://www.astroarts.co.jp/special/2013perseids/index-j.shtml








【観察スタイル】
長時間夜空を見上げ続けていると首が痛くなります。
アウトドアチェアやサマーベッドを用意できればベストです。
また、グラウンドシートに寝転がって見るのも快適です。
双眼鏡や天体望遠鏡などの機器は、一切不要です。
肉眼で十分です。
真夏とはいえ、夜は冷え込みますので、羽織るものが一枚ぐらい必要です。
蚊取り線香があると良いかも知れませんね。









【iステラ(iPhone・iPod touch 用)】
iステラは、いつでも、どこでも好きな時間と場所の星空を再現できるプラネタリウムアプリです。
タッチインターフェースによる軽快な操作で、美しい星空をお楽しむことが出来ます。
そればかりか、観察ガイドもあり手助けになるでしょう。
[iステラ]
http://www.astroarts.co.jp/products/istellar/index-j.shtml








【カメラによる静止撮影】
動画撮影は不可能です。特殊な高感度カメラが必要になります。
静止画撮影の場合は、下記の要件が最低限必要です。
1、レンズは開放で使用しますので、なるべく明るい方(f)が有利です。
2、ISO感度:3200ぐらいまである方が良いです。
3、長時間露光:10~30秒出来ること。
4、B(バルブ)モードは、ダメです。
  ほとんどのデジタルカメラの場合、Bモードにすると、ISO感度:100固定です。
5、P(プログラム)か、M(マニュアル)モードが適しています。
6、オートフォーカス機能は、使えません。レンズ側はマニュアル(MF)で使用してください。

撮影する場合、一番難しいのがピント合わせです。
必ずしも、[∞]でピントが合うとは限りません。
















『参考(ひとりごとーその12)』

掲載した写真はアストロアーツの許可を得ています。



ひとりごとーその29

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

この記事はレスが許可されていません