ブルースブラザース
ブルースブラザース
ジャズ、クラシック、ロック、フォーク等なんでも聞きます。 最近のJポップは、まったく聞きません。 20才の頃1年間猛烈に働き、あこがれのJBLランサー101を手に入れてから本格的にオーディオ人…

マイルーム

ひとりごとルーム
ひとりごとルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch
2016年春、神奈川からここ長野へ引っ越して来ました。 これを機にユーザー名を28号からブルースブラザースへ改名。 中央にいる黒服二人は、映画『ブルース・ブラザーズ』のジョン・ベルーシとダン・エ…
所有製品
  • 一眼レフ ハイクラス
    NIKON D850
  • ADプレーヤー
    DR.FEICKERT ANALOGUE Woodpecker2
  • デジタルスチルカメラ
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    SHARP LC-70XG35
  • BDプレーヤー
    PANASONIC DP-UB32

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

Signature Stradivarius [SS]その音の印象

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月17日

台風10号が去って猛暑が続く日本列島ですが、この長野も暑いです。
製品登録出来ないのでこちらに記載します。
また参考になるかどうか分かりませんが、興味のある方は読んでやってください。

勘違いされると困るし、誤解されても困るので、初めに言っておきます。
あくまでも、私のオーディオシステム、リスニングルームにおける感想です。
そして何よりも、私自身の感覚です。

★今回比較のため二種のカートリッジを用意して検証した。
● DS-Audio Master1[光]
● DENONのDL-103SA[103SA]

【使用環境】
フォノイコは、NAGRAのVPSで電源部は付属のものでなく、MPSを使用してのバッテリー駆動としている。
プレイヤー本体は「BRINKMANN OASIS」ではなく前回と環境を換え「DR.FEICKERT ANALOGUE Woodpecker2」にした。
トーンアームは、同じ「KLAUDiO」です。

《試聴に使用したLP》
[YMO/SOLID STATE SURBIVOR]
[高橋竹山/津軽三味線]
[鬼太鼓座/ONNDEKOZA-1]
[The RACONTEURS/CONSOLERS OF THE LONELY(180g)]
[Shelby Lynne/Just A Little Lovin']
[JENNIFER WARNES/The Well]
[ちあきなおみ/おりじなる(180g)]
[小椋佳/彷徨(200g)]
[JIMMY JONES'TRIO(mono)]
[ART PEPPER/Meets The Rhythm Section]
[Harry Belafonte/At Carnegie Hall(180g)]
[ANDREW LLOYD WEBBER/オペラ座の怪人]
[五嶋みどり/パガニーニ:VN協奏曲第1番]
[ヴァイオリン:アンネゾフィームター、指揮:ヘルベルトフォンカラヤン、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35(180g)]
[マルタ・アルゲリッチ (ピアノ)ギドンクレーメル (ヴァイオリン)ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第1~3番(180g)]
[指揮:小沢征爾、サンフランシスコ交響楽団/ガーシュイン:パリのアメリカ人]

まず初めに針を乗せたLPは、YMOのSOLID STATE SURBIVORこのvan den Hulカートリッジに最初に触れ、気に入ったのがこのLP。
ソリッド感やエネルギー感がありながらステージの広がりを感じ、気持ちよく聴こえた。
クラシック音楽向けのカートリッジと言う先入観があったので、尚更好印象であった。
だが機種が違うと、これほど音も違うのか!
同じvan den Hulでも印象が、かなり異なるサウンドを呈した。
このSignature Stradivarius [SS]では、

YMOの音の感じであるが、、、、、
[光]:エネルギッシュで前に押し出てくる、やや縁取りが濃く、貯めの効いたロックらしいサウンドを呈していた。
[103SA]:左右に広がり、その場の臨場感があり、[光]よりもソリッド感が強く、長く聴いていると疲れるかも。
[SS]:刺激音が小さく少なく、繊細で凝縮しているが、それなりに広がりを持って聴こえるが。

意地悪をしてまず初めに、ジャズやロックなどの異種なサウンドを再生し、その後本格的にクラシック音楽の再生に移った。
その中でも印象に残ったLPアルバムをピックアップすると。

[JENNIFER WARNES/The Well]だが、伴奏のバイオリンやピアノあるいはギターでは、特に違和感はないのだがウォーンズの声、
特に高域のサシスセソの子音に強調感やザラツキがあり耳に残る。
[光]や[103SA]には、そのような音は一切ない。

[小椋佳][ちあきなおみ]でも似たような傾向があり、タンバリンやドラムにシャリシャリ感が印象的に残る。
小椋の声も高域側の子音にザラツキや余韻に妙な響きがある。


[高橋竹山]の津軽三味線だが、予想はしていたが、迫力がまったくない。腰砕けする柔和な音。まあぁ仕方ないだろう。
[鬼太鼓座]の太鼓も同様に、どこか遠くで鳴っている感じで、地響きにも似た音の伝達や皮のたるみ感が伝わってこない。
もちろん、[103SA]や[光]でも再現できるかと言ったら無理ではあるが。

ジャズやロックを聴いて見た。やはり予想通り聴けない。
ドラムのハイハットやスネアで叩くタムタムの音がやたらと目立って耳に入る。
でもペットやサックスはふつうである。
どうも?打撃系の音が得意ではないようだ。


そこでライブ盤を、、、、、[オペラ座の怪人]
そもそもミュージカルは、それほど好きではない。と言うか嫌いである。
このオペラ座の怪人も言葉が分からないからこそ聴いて入られる。
だが、一番アブラが乗っている頃のサラブライトマンの声は素晴らしいー。
ここでこの[SS]の本領が発揮された。
オーケストラボックスと演者であるサラブライトマンと共演者の位置関係が如実に判断出来る。
舞台の端から端まで動いている様まで見えてくる感じがする。
客席のベストボジションで座っている、そんなイメージ。
[ベラフォンテ]も同様に伴奏者やバックコーラスそして客席とのやり取りまでが手に取るように見える。
そんな雰囲気が伝わってくるサウンドである。


そしていよいよクラシック音楽へまずは[みどり]ビックリするほどの定位感がある。
オーケストラとバイオリンが入り混じっていない。
オーケストラはオーケストラで後方から広がりがある音を呈しているし、バイオリンはバイオリンでちゃんとセンターから聴こえて来る。
しかも調和が取れて、音色がまた美しいー。何か吐出した誇張感もなく素直に耳に入って来る。

[ムター]これがまた素晴らしく、バイオリンにスポットライトが当たっているが如く、そしてオーケストラがその周りを囲んでいる様子が見えてくる。
まさにジャケットデザインのようだ。


[ガーシュイン]の作品は好きである。同じクラシック音楽でも聴きやすいのであろうか。
この作品も然り、私にとって親しみやすい楽曲。
オーケストラがオーケストラらしく各楽器の音色がパート毎に見えるかのように聴こえる。


VDH-COLIBRI Signature Stradivarius」これが正式名称?
van den Hul氏が、どういう意味合いでこのネーミング『Signature Stradivarius』を命名したか分からないが、
それは、ヴァイオリンの音色がとても魅力的。

結論『クラシック音楽を聴くにはこれがあればいいー、コレ以外はいらない』



月齢:16
天候:晴れ
気温:26.0℃

ひとりごとーその380

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ブルースブラザースさん、お早うございます。

     早速の試聴記、興味深く読ませて頂きました。前半の選曲は自身殆ど聞くジャンルではないのですが、”高橋竹山”の津軽三味線は私も持っていますので、BBさんの感想は成程なと思いました。津軽三味線の  バチが弦を弾く直接音が凄まじく、そのような音源は不得手なのと感じ取ることが出来ました。

     やはりクラッシクに特化したようなカートリッジなのですね。
    定位感、奥行き感が有り、しかも音色が素晴らしければ何も言うことは有りませんね。至極の逸品を入手されました様ておめでとうございます。

    ”結論『クラシック音楽を聴くにはこれがあればいいー、コレ以外はいらない』”

     信じられません。再発されません様。

     yhh

    byyhh at2019-08-18 07:33

  2. BBさんこんにちは ソリッドステイトサバイバーのレコードですか。当時大学の下宿でパイオニアを中心にコンポを組んでいた友達がいて一緒に聞きました。私は山水のシスコンしかなくうらやましく感じました。つい懐かしくなってレスさせていただきました。信州は暑いですね。お体にお気をつけてください。

    byELVIS at2019-08-18 17:25

  3. BBください。さん そんなに 好んで クラッシックは お聴きにならないのな そんなに大枚をはたいて 後悔してませんか??

    私が 引き取りましょうか??

    でも さすがはVDH。 クラシックは 絶対ですね。。

    byX1おやじ at2019-08-18 21:03

  4. BBさん、
    バンデンハルはウチではスピーカーケーブルで使っておりますが、
    同じくLPのYMOのSOLID STATE SURBIVORにも良く合いますね。
    カートリッジはオーディオテクニカのAT-ART9ですが。
    ご存知かと思いますが、ELACなどのスピーカーの内部配線やジャンパー線がバンデンハルです。他にも数社のスピーカーの内部配線がそれですが、どのメーカーもクラシックの印象なので、
    バンデンハルは基本的にはクラシックなのでしょう。

    byニッキー at2019-08-18 21:15

  5. BBさん、こんばんは。

    普通はユーザー嗜好に合わせた音作りをするのでしょうが、これは完全に「俺の音を聴け!」というカートリッジですね(笑)

    ユーザーは素直に受け入れてレコードを選択するしかない。

    プレーヤーを複数台持っているからこそできる贅沢な世界。

    私は底辺で遊んでます(笑)

    byVOTTA7 at2019-08-18 22:53

  6. レスをくださった。
    yhhさん、ELVISさん、X1おやじさん、ニッキーさん、VOTTA7 さん、ありがとうございました。

    私は、そもそもクラシック音楽が好きではありませんでした。(過去形)
    それは、宮廷音楽や貴族社会の富裕層が中心のものだからでもあります。
    でも、成り立ちが好まないだけで、音楽そのものは大好きです。
    今後は、折角ツボにハマった。高額ではあるけれど良いカートリッジに出会えたので、
    クラシック系の盤も揃えて行こうかと思います。
    ジャズ、ロック系はほとんど手にしているので。
    こんなに三次元的、立体的な音を出すカートリッジは初めてでした。

    BBより(=^・^

    byブルースブラザース at2019-08-19 19:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする