kenken3
kenken3
お気に入りのCDの一つです。→シェフィールドラボのドラムトラックレコード(http://www.sheffieldlab.com/) 高校時代からオーディオにはまり、ホーム、カーオーディオの両方を楽…

マイルーム

B&W CM2からLINN majik140
B&W CM2からLINN majik140
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
http://www.formusic.jp/から新古品で購入したスピーカーB&WのCM2 当時はnakamichiで販売してました。 H29.1.26に22年間使用したB&W CM2からLINN…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日記

ネットワークオーディオプレーヤーの不思議!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月14日

前回のハブの連結して、模索してきましたが、いまだにNASの音に納得いきません。
前回の記事のとおり、極端なこと言うとNASよりインターネットラジオの方が良い音に感じてました。
そこで接続方法を色々変えて音を聞いて見ました。
DSM、NAS、ハブは同じラックの中や付近に置いてあり、位置は動かさないで、LANケーブルの接続のみを変えてみました。
注視するのは、LANケーブルの長さです。

接続1
今までの接続です。
大半の方は、この接続が多いのではないでしょうか。NASからプレーヤーまでをハブを介してとにかく短く接続する。これ以上何すればいいのかと思うほどシンプル。

接続2
ハブを追加する。1の接続と音質は殆んど変わらない。NASの音はこんなものか?と思う。
音とは関係ないが、操作アプリの動きが若干早く感じる。

接続3
2で使用したハブ2台を入れ替え、ルーターにネットワークプレーヤーとNASを別にしてみました。


これは、!!!。

今まで何を聞いていたのかと思うほど、音の変化です。
繊細さの向上があります。小音量にしても繊細さがあまくなりません。
きちんと空間として鳴ります。

不思議です。接続を変えてLANケーブルがこれだけ長くなるのに何で音質が向上するのでしょうか。
NASはオーディオ装置から放して設置する方が良いと聞いたことがありましたが、まさかこんなに変わるとは驚きです。

よく、オーディオ店あるネットワークオーディオの方が良い音でなっている理由は、ある一定の長さのLANケーブルで接続されてからいるからでしょうか。
理由はわかりませんが、とにかく繊細さが向上したことと曲の無音部がより静かになったようです。

私のように自分のDSMより、オーディオ店のDSMなどが良い音でなっていると思う人は、接続を変えてみる価値はありそうです。

接続1で良いと思っていたのが、変な気分です。ネットワークプレーヤー
にLANケーブルで直結するNASが発売される時期なのに本当に不思議です。

繊細な音になりなぜ音質が向上したのか、理由はわかりません。

現在、接続3の状態です。
とりあえず納得した音質になりました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. kenken3さん
    はじめまして、バーガンディミストと申します。

    HUBを一切中継せずにルーター直結は試されたのでしょうか。

    byバーガンディミスト at2016-08-14 14:30

  2. バーガンディミストさん初めまして。
    スレッドありがとうございます。

    接続3のルーターとNASの間のハブを外して聞きましたが、ルーターとネットワークオーディオの間のハブを外して聞いていません。
    このルーターとNASの間のハブを外した方が音の鮮度が上がるような気がしますが、多少音にざらつきがあるかもしれません。ボリュウムを上げないとほとんど区別ができません。このハブには、ルッピングするためにPCを接続するために、LANケーブル(3m)が接続してあります(普段はPCは接続していません)。

    おっしゃるとおり、接続3の状態で、2個ともハブを外して検証してみます。

    bykenken3 at2016-08-14 16:51

  3. 成程、PC接続時のためにハブを使っているということでしょうかね。
    因みに私は現在ネットワークオーディオは使用していませんが、PCやNASは無線LANルーター(コンバーターモードで使用)内蔵のハブに直接繋いでます。
    普通のLANケーブルですが音は気になりません(笑)。

    byバーガンディミスト at2016-08-14 17:46

  4. ルーターとネットワークオーディオプレーヤーの間にハブを入れるのは、NASを接続するためと、NASとネットワークプレーヤーの間のLANケーブルを短くすることが、目的であると思っていました。これが一般的だと思っていました。

    LANケーブルは一般的に家電量販店で販売されている5mで約800円のカテゴリー6のものです。ハブも3000から6000円の一般的なものです。
    基本的にオーディオではなく、通信設備と認識ですので、一般的なもので充分と思いますが、このような接続で音が変わるのは不思議でした。ロスを少なくすることは、オーディオの一般的な常識ですが、こんなLANケーブルの長さで音が極端に変わることは、驚きです。
    一定の長さのLANケーブルを使用することが必須などとどこにも書いてないですけど、これで良いのか?と思います。



    私も昨年まで、PCオーディオで音楽を楽しんでいました。
    PC→RMEのbabyface→プリメインアンプを接続して聞いていました。外付けのHDDにFLACで保存したものを音源したものが主な音源でした。babyfaceはFPGAを使用していたことと、LPをデジタル化にしやすいことから購入しました。そして、ipadをメディアコントローラー( kinky、plugplayerなど)を使用して、fooberやJRVERを操作していました。いつかはネットワークプレーヤーを購入し楽しもうと模索してところ、昨年、展示品のネットワークプレーヤーを購入した次第です。
    PCオーディオは、音の良し悪しがでますが、LINNのネットワークプレーヤーは、音の良し悪しより、音楽性を豊かに再生する装置という感じです。これは、オーディオ装置に求められる重要な要素と思います。

    DSMの本来の音になりましたので、後は「音楽」を楽しむだけです。

    bykenken3 at2016-08-14 22:10

  5. kenken3さん、こんばんは。

    同じくMAJIK DSMを使用しておりますおいけです。
    kenken3さんの御気持ち、痛い程に良く分かります!
    私も長年ネットラジオとNASの音質との比較で頭を悩ませておりましたので。

    先日の日記も含めての私見を。

    電源周りは2Pでアースは浮かせてあるようですので、ループではないとして、今回の日記にある接続2と3から考えられるのはLANケーブルのシャシーアースが問題なのでは?と思いました。
    ご使用中のルーターを調べてみましたらシールド非接触タイプでしたので、ルーター経由の方が音が良くなるということは、ハブ2からルーター及びハブ1に使用されておられるLANケーブルがシールドタイプの物ではありませんか?
    ここをシールドなしの普通のものに差し替えて1度様子を見られてはいかがでしょう?

    上でバーガンディミスト様もご提案されておられましたが、1度ハブなしで、ルーターをハブ使いしてみてもいいかと思われます。

    バッファローの電源内蔵ハブも中身は普通のスイッチング電源と思われますので、システム全体のノイズレベルを考えると出来るだけ少なくする方向がよろしいのでは?と思います。

    長文と、なりましたがkenken3さんのDSMが気持ち良い音を奏でなれましたら、同じDSM使いとして嬉しいものです!
    では。

    byおいけ at2016-08-14 22:13

  6. 先程、追加でレスしましたが、おいけさんのコメントがあったので一旦削除しました。

    byバーガンディミスト at2016-08-14 23:36

  7. おいけさんご無沙汰してます。
    NASの音で悩んでいた方が他にはいたとは心強いです。

    コメントにありましたLANケーブルですが、現在、DSMとハブの間のLANケーブルが一般的に販売されているcat7(STP)です。その他のLANケーブルは全て通常販売されている直径約4mmのcat6(UTP)のものです。また、ハブはLANポート口が金属ですので、本来アース対策の接続をしなければ意味がありませんし、一般家庭でアースする必要性もないので、通常のLANケーブルで充分と思っています。
    また、DSとハブの間のLANケーブルを「cat6 or cat7」と記述しているのは、今まで、自宅にあった調度良い長さのcat6(単線)1mを接続していましたが、試しに安売りしていた通常のcat7(STP)を購入し接続してみました。これで聞くと、音像がしっかりしていますが、平面的な音で、聞き疲れします。そしてまたもとのcat6に戻すということで定まっていないので、このような記述になってます。
    今回の接続3のように、ルーターから直接NAS側にLANケーブルを引き直して回線が長くなるのに、音離れが良くなり、きちんと空間に音楽が再生されるようになり驚いています。
    バーガンディミストさんもおっしゃるとおり、接続3でハブを外した状態で聞いて見たいと思います。接続3でNAS側のハブを外してみたら、鮮度が若干向上するような気がするくらいで、ほとんど区別がつきません。なら、ハブを外そうと思うところですが、PCをオーディオ装置に近いところで使用したいので、ハブを外すことを思案してします。
    それにしても普通に考えれば、接続1のように、NASとネットワークプレーヤーの間を最短にすることを普通にだれも考えることですが、今回の接続3のようにルーターから分技させたると、回線が長くなるのに音が良くなることは本当に驚きです。バカみたいな話ですが、インターネットラジオよりNASの音の方が音が良くなりました。
    単純にルーターからDSM側とNAS側に分技した方が良い結果が得られたので、あとはハブの有無でしょうか。ルーターDSMの間にcat7(STP)のLANケーブルを接続するようであれば、ハブを入れる。ハブを入れないのであればcat6で良いような気がしますので、検証します。

    他の人も、自分のDSよりオーディオ店の方が良くなっていると思う人はいるはずです。ネットワークの構築を見直しするだけで、きっと「モヤッ」としていたことが解消されるかもしれません。

    bykenken3 at2016-08-18 18:18

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする