kenken3
kenken3
お気に入りのCDの一つです。→シェフィールドラボのドラムトラックレコード(http://www.sheffieldlab.com/) 高校時代からオーディオにはまり、ホーム、カーオーディオの両方を楽…

マイルーム

B&W CM2からLINN majik140
B&W CM2からLINN majik140
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
http://www.formusic.jp/から新古品で購入したスピーカーB&WのCM2 当時はnakamichiで販売してました。 H29.1.26に22年間使用したB&W CM2からLINN…
所有製品

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日記

LINNのmajik140と109の違い?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月17日


24年間使用してきたSP(B&W CM-1)ですが、曲によってはツイーター(TW)からガサガサ音がするようになったので、今年1月に試聴し、大きさ、価格を検討しLINNのmajik140を購入しましたが、結局、入れ替えではなく、B&Wは実家に置いてイーケージャパンのTU879sで音楽を楽しんでいます。

どうでもいいことですが、購入するまで知らなかったことが一点あります。

majik140とmajik109のTW部は、2K ARRAYでツイーターとスーパーツイーターが付いていますが、ツイーターの後ろに見えるのはバスレフのポート穴とおもっていたのですが。大半の方は、109にウーハーが付いているだけと思います。109はバスレフのポート穴ですが、140は後にポートがあります。

何と、140のツイーターの後部は、スピーカー内部に接続されているポートの穴ではなく、単なる穴です。奥行のある縦長の穴があいています。
これは、B&Wがツイーターを分離させて反射を抑えているのに対して、LINNはツイーターの後部に空間をつくり音離れを良くしているようです。140と109は同じような格好をしていますが、中身は別物なんですね。


LINNのカタログは、製品の技術的なことは一切記述されないです。技術的は素人が見てわかるものではないから、音で判断して購入してくださいということなのでしょうか。
DSは特許を取得しないのは、多分内部を公開したくないのでしょう。特許を取得するということは、内部を公開しないといけなくなるので、これを嫌っているでしょうか。
コストをかけて製造し世界に向けて「価格」を決定して販売する。LINNの潔さが凄いです。現代、生き延びるオーディオ業界では大変と思います。
比較的高価なイメージのLINN製品ですが、140が44万円していたが30万円になっただけでも何かありがたいような気がします。ブックシェル型で30万以上のものが結構ありますが、トールボーイ型で30万円台では今では安い方かもしれません。
何か140はお買い得感がある感じがします。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする