kenken3
kenken3
お気に入りのCDの一つです。→シェフィールドラボのドラムトラックレコード(http://www.sheffieldlab.com/) 高校時代からオーディオにはまり、ホーム、カーオーディオの両方を楽…

マイルーム

B&W CM2からLINN majik140
B&W CM2からLINN majik140
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
http://www.formusic.jp/から新古品で購入したスピーカーB&WのCM2 当時はnakamichiで販売してました。 H29.1.26に22年間使用したB&W CM2からLINN…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

日記

オーディオショーイン新潟2019(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月30日

4月27日、28日と新潟市の朱鷺メッセの会場でオーディオショーが開催されたので行ってきました。AからGまでの部屋を貸し切りオーディオを設置が設置されております。非日常の音が聞ける楽しみです。毎年ですが、オーディオメーカーの担当者は全国各地を回り大変な仕事であることに改めて実感した。

Dルーム
エソテリック、ハーマン、トライオード、TAD

今年の講演の評論家は傅 信幸氏です(あえて先生なんて言わない!。違和感がある)。
海外のオーディオメーカーの話やCDプレーヤーの再生メカが不足している話などの講話が聞け面白かった。手前に立っている方はエソテリックの技術者でVRDSの含んだCD再生メカで金属塊の削り出しで製造されたもの。
傅氏の話では、CDで音楽を楽しむことは、我々の時代で終わるかもしれないと力説していた。音楽ソフトが発売されにくい状況である。特に新譜。「音楽」が物(LP、CDなど)として残りにくい時代になっている。これからどうなっていくのかを説明しておられた。コンピュータとオーディオの区分けの不鮮明さも言っていた。
PCオーディオは下手な高級プレーヤーより良い音がすることも重々知っている話であることだろう。

TAD

DELAのNASが気になっただけ

トライオード

MQA対応HDDプレーヤーが目玉

Cルーム
太陽インターナショナル、D&M、ナスペック、アッカ

YGアコースティック2.2(1100万円)にクレルのアンプ

D&M

B&Wはもう飽きた。

これは良いスピーカー。けどメーカーはわからない。

PLAYBACKDESIGN、ウイーンアコースティック

超ド級SA-CD

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする