kenken3
kenken3
お気に入りのCDの一つです。→シェフィールドラボのドラムトラックレコード(http://www.sheffieldlab.com/) 高校時代からオーディオにはまり、ホーム、カーオーディオの両方を楽…

マイルーム

B&W CM2からLINN majik140
B&W CM2からLINN majik140
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
http://www.formusic.jp/から新古品で購入したスピーカーB&WのCM2 当時はnakamichiで販売してました。 H29.1.26に22年間使用したB&W CM2からLINN…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

日記

オーディオショーイン新潟2019(3)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月30日

続き
Eルーム
ラックスマン、スペック、DSオーディオ、日本音響エンジニアリング

注目は、宙に浮いているターンテーブルMAG-LEV Audio。磁力が強くてMCカートリッジが使用できないことがネック。だから光カートリッジDSオーディオを使用してくださいということか。
スペックのプリとパワーアンプは木を使う理由を説明されていた。必ず熱に変換されたり、部品が振動している電化製品。それがスペックの製品には無い。だから木を使うとのこと。
音響エンジニアリングのルームチューニング材で調整されていた。

Fルーム
ノア、キソアコースチック、CSポート

CSポートのターンテーブル。共振させない金属の上でのLP再生とリニアトラッキング。昔の寺垣式アナログプレーヤーΣ5000みたいな感じのプレーヤーは現在ではテクダスやCSポートなどのメーカーがターンテーブルをフローティングする方式が流行か。また、除電・消磁器のIME1をデモをしていた。イオンを放出、吸収として帯電するレコードから静電気を除去するというもの。
ソナス・ファベールとキソアクスティックのSP。HB-1の廉価版HB-N1といっても80万です。HB-1に限りなく近い鳴り方。



Gルーム
JVC、ナスペック、D&M、キクチ科学(シアタールーム画像はなし)。
2日目に山本浩司浩二氏が講演。自身もホームシアターに取り組んでいられる方。8K対応のプロジェクタの映像が鮮明である。7.1.2chの音の臨場感が素晴らしい。オーケストラの画像では、指揮者が楽譜のページをめくる音が生々しい。


このようなイベント会場では、オーディオの性能を生かすために、音量を大きく再生されます。どんな立派な部屋があり、大音量にしても、聞き疲れてはどうにもならないと思います。ですので、私は中小音量のクオリティが気になります。
今回、ロビーにヘッドフォンが展示、視聴できるようになっていましたが、人数がまばらでした。高級なスピーカーでなくても、ヘッドフォンでクオリティの高い音楽が聞けます。圧縮音源もそれなりに繊細に聞けます。本当はこんな音が入っていたんだと発見することがあります。
ヘッドフォンで一切音楽を聞かない方は聞いてみてください。音楽の世界観が少し変わるかもしれません。お気に入りの音楽の本来の音が発見できるかもしれません。
私は、25年程前ゼンハイザーHD590で音の世界観が変わりました。一つのリファレンスの音です。音楽ソフトに入っている音がこんな素晴らしい音が入っているかと感じました(現在でもパーツがあるので使用)。

オーディオが好きな人が音楽、純粋にアーティストが好きで音楽を楽しんでいる人。聞く音楽は同じでも感じ方は様々。けど、その「音楽」が嫌いなら、いくら良い音であっても単なる「雑音」になります。音量の上げすぎには注意しましょう。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1.  良さそうなショーですね。  ご報告お疲れ様でした。


    一度は伺ってみたいですね。  家庭の事情や 仕事の関係で なかなか無理が出来ないのが昨今で しばらくショーと言うモノには行っていません。  店(と言っても僅か)に行っても 色んなモノが並んでいる訳じゃないし 聴ける事も見る事も出来ません。  買うのには困りませんが・・・ 実機を一度は見てから買いたいものですネ。

     絶対に手が届かない(買えない)ものは ショーでしか見たり聴いたり触ったり(笑)は出来ませんからね。  まぁー そろそろ落ち着かないといけない年齢なので 刺激は少ない方が良いのかな(爆)

    byアコスの住人 at2019-04-30 20:30

  2. アコスの住人さん、スレッドありがとうございます。
    新潟市では老舗のオーディオ店がこのようにハイエンド製品をメーカーに依頼し、毎年ショーを開催されてます。
    オーディオを趣味としている人が当然会場には主に来場しますが、ほとんど人は、この音を購入している人はいません。購入するための一つのヒントとして試聴する人と私のようにただ高級品(高額品)を聞きたい人などでしょう。
    もう少し現実的な金額のシステムも用意していただければより楽しめるし、購入者もいると思います。
    若い人も「オーディオ」という「趣味」を楽しめるように少しはしてほしいものである。数wで十分再生されるSPとアンプがあれば良いだけなんだけど、高額なものが良い音なんて誰も思っていないのに。なおさらオーディオ業界が衰退していく。このようなイベントも良いのですが、ちょっと複雑な気持ちです。
    「趣味」とはいえあまりにも高額すぎて・・・。

    おっしゃるとおり、落ち着いて聞けるシステムがいいですね。
    小中音量のクオリティが良いものなど。

    新譜のソフトも発売されなくなり、聞く音楽も残らなくなっていく。これからどうなっていることやら。

    bykenken3 at2019-05-02 22:14

  3. 平蔵さん、スレッドありがとうございます。

    新潟市内の唯一の老舗オーディオ店が頑張っています。この店舗では私は、30年前にB&W CM-1(ナカミチが販売)とナカミチCR-70、ニューフォースのIE-7Ev3を購入しただけで、製品は購入していなく、CD、LPをよく購入します。
    この店舗が取り扱うオーディオ製品は、とても高額製品ばかりで私の手の届くものではありません。

    個人的には、廉価品でもいいから真空管アンプでスピーカー再生するイベントがあっても良いと思いますね。

    bykenken3 at2019-05-02 22:32

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする