リセット
リセット
映像作成からオーディオに目覚め、スピーカーを作る所から始めた俺。 長岡氏の教本を買い集め、スーパースワンを作成。 次はDACでDSDだろ?と勢いよくエレアトさんのUDA,P2Dを買ってしまう。 …

マイルーム

自作したもの
自作したもの
その他 / 書斎兼用 / その他 / ~8畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~2ch
スピーカー:D10 最初に作ったBH。カットはMAKIZOUさん。友達の会社に貸している。 スピーカー:スーパースワン 凄いらしいので作ってみた。凄い。作ろうにも、もう適合ユニットが無いのが凄い。デ…
所有製品
  • ヘッドホン
    SENNHEISER HD800

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ES9038PROのDACを作っちゃおうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月12日

北鎌倉電子工作同好会

みなさんご無沙汰しております。

なんででしょうかね?忙しければ忙しいほど趣味に没頭しちゃう感じのループに入っています。

さて、表題の件。

CrossOverプロジェクトが再始動です。
前回私も参画した電子ボリュームのプロジェクト、CrossOverCA1はおかげさまで皆様から高い評価と共感をいただき、大成功しました。

そこで目指していたのは、「どこにもないものを作るのが自作の本質」でした。
例えばこんな感じでした。

「自作のリモコンがダサすぎる。AppleREMOTEがかっこいいから、これ使おうぜ(今では当たり前になっていますが、ぶっちゃけ先駆者の一人だと思っています)」

「ていうか、PCからフルコントロールしたいな。こうフェーダーがずらずらならんでる感じのやつ」

「iPhoneからボリュームコントロールしたいよな。AppleREMOTEで届かないホールとかで使えるし」

「Aカーブとかなんですか?電子ボリュームなんだから、使う帯域は自分で選びたい。すべての帯域で0.25dB単位で設定したい。こりゃロータリーエンコーダ使いましょう!」
「しかし、それだとクルクルいつまでもボリューム回さないといけないじゃん」
「だったら早く回せばびゅーんと値が増加すればいいじゃん!」

「フルバランスでおまけにマルチチャンネルで使いたいのに、そしてそこが電子ボリュームを選択する理由なのにほとんどのものが4chまでしかない。っしゃ最大16chだ!音量設定も追い込めない。せいぜい左右バランスくらいだ!個別にガンガン追い込める設定が必要だ!でもわかりやすく!」

そして大事なのが、多機能でありつつ「あ、俺はAカーブでいいです」「2chだけでいいです」といった設定も当たり前のように準備していました。

たかが電子ボリュームですよ?wでも、電子ボリュームの用途を考えるといくらでもアイデアが沸いてきました。

暑苦しいですねwそして当たり前ですね。
シンプルだから良い。こういう意見があることも踏まえたうえで言います。
シンプルな使い方も選択肢の一つであるべきだ と。
僕の電子ボリュームの箱は、でっかいつまみとLCD、電源ボタンがあるだけです。
スーパーシンプルです。でも裏側は、フルバランス4入力、1出力端子とWiFiアンテナと結構派手です。そしてそれらすべてのコントロールは、僕の手の中で行えます。

さて、今回はiPhoneからの完全コントロールを目指しています。
なぜか?それがかっこいいから?プログラミングできまっせと自慢したいから?w


違います。

フィルタなどの音質を左右する設定を、リスニングポイントから離れたところにあるDACの前にいき、狭いLCDを見ながらボタンを押すのが嫌だと感じているからです。

まず、リスニングポイントから動きたくない。その場で確認したい。
友人のDJが、ダンスフロアの中心で音を聞き、またコンソールに戻り調整して中心に戻る ってのを見ながら、真剣に思いました。その場で確認したい。
そして、超個人的な話ですが、最近目が疲れていてLCD見るのがつらいw

今回のDACの機能は、多岐にわたることが予想されます。まだプログラミングしている途中ですが、これは2行や4行のLCDでメニューを追うのは大変です。
でも、機能省略モードのような機能はナンセンスです。
すべての機能が操作できるが、操作が簡単。これが正義です。

だから、iPhoneからのコントロールが必須だと感じています。するするスクロールしてぽちっとなー です。
え?Android?要望が多ければ対応しようかなと考えています。

え?ボタン廃止?するわけないです。ボタンコントロールも、AppleREMOTEも、LCDではなく有機ELの対応も、すべて行います。メニューも工夫して、有機ELでも使いやすくしていきます。

僕は、選択肢を増やして、利便性と機能を追及したいんです。
メーカーもやらないような機能を搭載して、「ああやっぱ自作面白いよな」と言いたいだけです。
多分僕は有機ELと電源ボタンだけがフロントパネルに出ている、なんだこの光る箱?という形にすると思います。


自作だから機能が少ない。自作だから使いにくいけどしょうがない。
ちゃいます。しつこく言います。
どこにも無いものを作りたいから、自作しています。
最新チップを使っただけの基板にしたくないのです。
自作=評価基板じゃありませんからね。
ちゃんと機能が備わっていないとあかん、こう思っています。


え?音質はどうなのかって?
一番上に書いている北鎌倉電子工作同好会で、一番最初のレビューが書かれるでしょう。今書けない理由も記載しています。

ぜひチェックしてくださいませ!

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする