MagicMusic
MagicMusic
日記の機器、円盤等のインプレは 大音量時[85dB](ピンクノイズ瞬間最大測定値) になるようなボリューム位置で試聴した印象を書いてて 普段は75dB以下になるボリューム位置で音楽鑑賞してます。…

マイルーム

Ultimate BGM Sounds
Ultimate BGM Sounds
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
都内駅チカで10畳防音のワンルーム フルドラムのフルドライブに負けない音! にしたいなんて妙な願望を封印しつつ ついウタタ寝してしまうような  ~ 心地よいBGMサウンド ~ そ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

日記

アンプの模索と試聴 ~ Finale ~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年09月10日


主要機器がやっと決まった日でもあり
プリアンプの重要性なるものを再確認した日でもありました。


以下固定でプリアンプ3機種の比較試聴です。

プレーヤー:LUXMAN D-08
パワーアンプ:First watt SIT-2
スピーカー:Sonus faber Elipsa Red

CDP-Preケーブル:SAEC 1803
Pre-Powケーブル:不明
 (聞いたのに忘却の彼方たしかデンマークでツイスト撚線)
SPケーブル:オヤイデ Across 2000
SIT-2電源ケーブル:自作(費用5万くらい)
他電源ケーブル:付属品
タップ: Audio replus SAA-6SZ-MK2-R
タップ壁間の電源ケーブル:自作(費用10万くらい)

試聴円盤は20枚ほど使用
Hammond B3 Tribute, Count basie
Mozart, Bach, Beethoven, Biber, Ravel, Stravinsky
Aero Smith, Def Leppard, Metallica
Michel Jackson, Vanessa Williams
ラルク、B'z, 安室奈美恵、きゃりー、西野カナ
等ジャンル色々です。

SACDの時より細かく残したかったのですが
時間の都合で曲別詳細は断念無念!



まずは ~ Luxman C-800f ~

SIT-2は長く触れないほど熱くなるのに
本領発揮する時間は早めで
ラックスマンの方が経験上低血圧な感じです。

初のアンプ自宅試聴なので
SANSUI AU-α907LTDとの単純比較

アンプ探しが始まった6月頃
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3684/20130615/37863/
に記載しているサンスイの魅力そのままに
プラスに感じたとこが多々ありました。


低域~中低域にかけての制動力アップ。
これが一番の目的でしたので一安心です。
ベース系もボンボンせず
ピアノの低音もモゴモゴしない。
グランカッサ、コントラバスの
広がる感じも表現できてて
硬くならず緩すぎずで結構イケてます。

再生帯域の拡大。若干ではあるものの高低の伸びが感じられます。

大音量時(プリアンプ表示-20~-10db)でも音が濁らない。
部屋に音が飽和してこもったりするような感じもなく
耳に障るような嫌な音がしなくなりました。
特にマイク臭いダイレクトなシンプル録音で差が顕著です。

音場拡大で奥行、左右ともどもよく広がって
D-08, Elipsaの能力を発揮してくれてる感じがしました。

簡単にON/OFFできるイコライザーも魅力ですが
+1や-1だと変化が大きすぎるので0.5刻みにして欲しい。
欲を言えばさらに半分希望します。

音と音、像の分離等、混ざり具合のバランスがよく
適切な表現か謎ですがセパレーション良好です。

M-800Aを聞いてみたくなるブランド統一された
違和感が全くないキャラクターの統一感はやはり魅力。



で、「もうこれでいいやっ!」てなってましまいましたが

「いやいや、せっかくですから他も聴きましょう」



ということで

 ~ Burmester 099 ~

お次はブルメスターの試聴です。
もちろん聞く気満々です。

音と音の間が狭く
ラックスマンで例えるなら
C-600f寄りグレードな感じがします。
コストパフォーマンスの悪さが目立つものの
店頭試聴で感じた魅力に色気がプラスされました。

099は同価格帯と比較すると
劣る部分がなきにしもあらず。
でも気になるほどではなく
余り有る魅力があります。

折り目正しい節度があり
透明感高く繊細爽やかで開放感もあり
ほんのり輝きと色気を備えて
格調高い気品があります。

品がよすぎる感じではなく
メリハリもあってテンションもかかるサウンド。
うまく表現できませんが
このバランスが好みの方向性にあります。

縁のなさそうなハイエンドを感じる音色で
他のプリアンプとは違う方向性を目指してる気がします。


Burmesterでもうワンランク上のモデルは
400万超で分不相応で買うことなさげな
ハイエンドモデルです。

店員談によると最近この099を2台買って
Mono仕様にしてる方がいるようで
どーなるのかちょっと興味そそられます。



最後は
 ~ LINN KLIMAX KONTROL SE ~

SACD自宅試聴D-08導入時のデジャブきました。

ピアノが何とも美しい・・・

高音の透き通るようなクリアな音色は
Burmesterもイイ感じですが
なんとも言えない滑らかさがさらに増して
生音超えたか?というほどに
綺麗な音出してたと思います。

特にこれが妙にハマってました。
モーツァルトヴァイオリンソナタ K.296 (選集のDisk4)
ウェルナー・ヒンク(Vn) 遠山慶子(p)

この円盤の録音はオフマイクな感じでそれなりに優秀。

遠山さんは「ヒンクさんと昔から共演してるのになぜドイツ語上達しないの?」
と聞かれるそうですが「演奏すればよくて話す必要がないんです」

ヒンクさん「音楽は最高の言葉」とフォロー

といった感じの息の合った演奏で
個人的にヒンクさん好きなのでひいき目ですが
地味でおとなしく華やかさには欠けるものの
モーツァルトの魅力を引き出してる気がします。

ナタリーシュー & ヒラリーハーンの
ヴァイオリンソナタも級友らしいリラックスした
それほど飾り付けのない演奏がこれまたよくて
モーツァルトに派手な装飾は逆効果なのでは?
と感じてます。


閑話休題...

そしてKONTROL SEのさらなる魅力は
部屋を飛び出してしまう音場表現力。
C-800fと比較しても桁違いというか
傾向そのものが違う気がします。

音像の肉付感といいますか実体感は
整理整頓しすぎない140万なセパレーションで
プリアンプって重要なんだなーと実感しました。

空間表現に長けてるプリアンプな印象で
ピアノがイケてるものの結局はEINSTEIN同様
あまりにも弱点が気になってしまうサウンドで
調整できる範囲ではなさげなので
かなり悩みましたがあえなく落選(-.-;

サンスイ907LTDのプリを使ったときの傾向に若干似てます。


ちなみに3つとも
ダイナミックオーディオ4F試聴室とは違う音がしました。

・C-800f
1時間半くらいは聞いたもののどうしてか
メリハリがありロック系もこなせる
万能型に変身して色気後退。
特に低域をドライブしている感じが印象に残る。
あとD-08よりもC-800fは少し不細工に見えてしまう。
なぜだろか・・・

・099
店頭試聴から推測するに
ラックスマン聞いてる時点で
相性悪いだろなーと思ってたら
少しだけ柔らかな色気のあるサウンドに変化。

・KONTROL SE
少し明るめのサウンドになり不思議と丸い感じで
そして何より結構色気のあるサウンドで
室内楽、ボーカル系専用な感じに。
ベース系が苦手でElipsaの低域の緩さが気になり、
極めつけはピッキングハーモニクスがかっこ悪すぎで
少々ふにゃけたサウンドになってしまった。
不思議なほどに印象が変わった機種。



部屋、音量、電源環境、ラック
スピーカーケーブル、ラインケーブル
ここらの違いが出てるのかもしれません。

ということで統一性のない変化があり、
自宅試聴した甲斐があったように思います。






ついでと言っては何ですが最後に

「RGPC 400Pro」

なるものをブルメスターにして
電源ケーブル変えたりつなぎ方を変たり
試してみました。

うちの音は洗濯乾燥時に音に潤いがなくなり
カサついた感じになって色気がなくなります。

400Proの効果は洗濯機耐性抜群で感心しましたが
通常時と比べるとタイトになり若干硬さが出ます。
鮮度感が気持ち増す程度で導入は見送りです。


「変わる時ってどんな風に変わるんですか?」

と聞いたら

「うわーっ。こんなに曇った音聞いてたのか」

という感じで晴れ渡るように変わったりと
ほんとにケースバイケースだそうです。


以上で試聴はおしまい。


試聴機器たちと一緒にSIT-2も持ち帰っていただき
またまた預かっていただくこととなりました。
置く場所がないし鳴らなせないもので・・・

長いような短いような3~4ヶ月におよぶ
アンプ探索はこれにてひとまず完結です。



すっかり忘れてて当たり前なのが
プリ、パワー間のケーブルが必要でした(~o~;)
幸いAT6A58というケーブルあったので
しばらくこれでやり過ごして
そのうちケーブル試聴の予定です。



余談ですがOlympica IIIを聞いて方向性が固まりました。

ソナスっぽい万能型スピーカーといった感じで
B&Wを明るくしたよな結構いい音してて
万人受けしそうだなーと思いつつも
個人的にはCremonaかElipsaぐらいまでの
少々癖のある音が好きなのかなーと実感。

Elipsaの個性を活かして色気を出す方向で
調整しながら味付けしてこうかと思います。




店頭試聴では少し色気が欲しいなーと思っていた

 「Burmester 099」

自宅試聴で色気を備えて確定でーす v( ̄0 ̄)v

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは、晴です。

    ついに、ブルメスターに決まりましたか?
    ブルメスター聴いたことがないのですが、いいみたいですね〜
    今後の日記楽しみですね〜(^O^)/

    by at2013-09-11 18:47

  2. 晴さんこんばんは

    ブルメスター買っちゃいましたよ~
    納品が待ち遠しいです!

    万人受けするような
    ハイスペックな音ではない気はしますが
    一度は聞いてみて欲しいです。

    やっぱり作り手の耳を感じる音ですよ。


    しばらく日記は続きますのでお見知りおきを・・・

    晴さんの日記も楽しみですね~(^O^)/

    byMagicMusic at2013-09-11 23:58

  3. MagicMusicさん、こんばんは。

    プリアンプ決まりましたか! おめでとうございます。

    私は、チョイ聴きした程度しかないのですが、ブルメスターとは
    興味深い選択をなされましたね。
    D-08~ブルメスター~FirstWatt、そしてエリプサ という組合せ
    が聞かせてくれるサウンドに興味深々です。

    続報、楽しみにしておりますので、宜しくお願い致します。

    byカイ at2013-09-12 23:40

  4. カイさんレスありがとうございます。

    アンプの試聴を始めた頃には
    ブルメスターになるとは想像もしていませんでした。

    > D-08~ブルメスター~FirstWatt、そしてエリプサ

    自宅試聴して決めたものの当の本人が興味津々です!
    サウンドに関しては納期とエージングからして
    忘れた頃にアップな感じになりそうですがよろしくです。
    11月のウィーンフィル来日前後でしょうか。。。

    byMagicMusic at2013-09-15 18:39

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする