MagicMusic
MagicMusic
日記の機器、円盤等のインプレは 大音量時[85dB](ピンクノイズ瞬間最大測定値) になるようなボリューム位置で試聴した印象を書いてて 普段は75dB以下になるボリューム位置で音楽鑑賞してます。…

マイルーム

Ultimate BGM Sounds
Ultimate BGM Sounds
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
都内駅チカで10畳防音のワンルーム フルドラムのフルドライブに負けない音! にしたいなんて妙な願望を封印しつつ ついウタタ寝してしまうような  ~ 心地よいBGMサウンド ~ そ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

酒のつまみなはなし

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月21日

周囲の客もいるのでフラッシュたいてない写メ

うまかった!ってのはおいといて……

「なんでオーディオ好きなの?」

的な感じ始まって、
知人が少しオーディオに興味を抱いてくれた
つっこみどころ満載な話です。



オーディオは音源に記録された
少ない情報を頼りに見事なまでに復元したり、
音をつくって楽しませてくれてます。



そもそも何で少ない情報を頼りにしなければならないのか……




まずは録音な話。

アコースティック楽器、声の録音にはマイクを使い、
デジタル初期、アナログ録音時代の30年以上前より
現在使われているマイクはトータル的に
性能がいいのではないかと思ってます。

マイクがよければマスター音源の音質は
よくなる可能性が高く、エンジニア次第ですが
予算が少なければ機材も悪くなり
プロのエンジニアでも安くて高性能
とされるものしか使えません。

録音を体験してみるとわかりやすいのですが、
結構な機材を使っても音質劣化があり、
今の相場はあまり知りませんが、
楽器と機材のレンタルで1時間2万ぐらいあれば
簡易的な録音ができそうな感じです。

個人レベルの録音水準は
すさまじい高音質化が成し遂げられ
CGにしても1990年代と2010年代では
かかるコストが段違いです。
技術の進歩と言えるでしょう。



次にマスタリング。

家庭環境で再生するために
ミキシングなどで音源の適正化を施します。
つまり機材を通すので音質が劣化します。
スタジオでマイクに向かって音録りしてる
光景をTV等で見たことある人もいるかと思います。
だいたいマイク1本でモノラルなので、
エレキギター等も基本的にケーブルは1本でモノラルです。

ステレオ再生環境で、
音をセンターや右寄りの奥に定位にするために
パンニングで位置調整をします。
高域空間系の音をブーストしてホールの残響音に乗って
音が上から聞こえるようにしたり、
暗騒音はカットして聞きやすいように調整します。
クラッシック、ジャズ等は暗騒音などだけカットして
あまり音を加工しませんが音質劣化の要因になり得ます。


メディアでは、ダウンロードにしても、
CD等のディスクにしても音源を媒体へ移します。

ダイレクトカットSACDなんてのは数万円で
通常の製造工程よりも音質劣化が少なく高音質ですが、
限定プレスで枚数が少ない場合でも
売れ残っているタイトルも少なくありません。

つまり、消費者が安い方を選択する現実があり、
制作する費用にも限りがあります。

高音質へのニーズが高まれば競争が活発になり、
販売価格は徐々に安くなる可能性を秘めていますが
メーカー側で採算が合うと判断できるほどの
消費量が前提条件になります。

配信用のデータ保存にはサーバー等が使用され、
これら関連機器は開発サイクルが短く、
規格変更されたりして将来的な互換性を保証していません。
新しい規格の機器にデータ移行したりします。

データーの保証は機器を提供する側ではなく、
所有者側(ユーザー、音楽配信側)に
機器への投資、監視、運用コストなど負担がかかり
なるべく小容量のMP3 (音質は悪い)などのデータが
企業への負担を軽減します。

音楽データはエラーがあっても
普通に再生できてしまうので
データ破損の見分けが難しいので
きっと管理も大変だと思います。

余談ですが
ワンポイント録音、オンマイク、オフマイクなどで
ググってみると録音、マスタリングについて
多少は知ることができると思います。
以前の日記でもマスタリングに関する
リンクフリーのサイトをご紹介させていただいてます。



最後に演奏な話。

録音対象となる演奏では認識も千差万別で、
プロの演奏家でもライブに注力する人もいれば
スタジオ録音に重きを置く人もいます。
録音機材のことを熟知してる
演奏家は少ないように思えますので
エンジニアにだいぶ左右されてると思います。

逆にマイクを通した時に良い音が出るように
演奏をする人もいたりします。
マイクを通した音を熟知してる人たちです。

身近な演奏としてはカラオケがあり、
このカラオケとメトロノームのみを比較すると、
前者の方が歌いやすいと感じる人の方が多く、
カラオケにはメロディーラインが入ってて
おまけに歌詞も表示されて、
万人が歌えるように工夫されてます。
曲によっては知らない曲でも
だいたい3カ所の数小節を聴けば
なんとなく歌えてしまいます。

メトロノームだけで
1曲を歌いきれるようになるには
それなりの練習が必要ですが、
何もない状況で最後までリズムを保持するには
それ相応の経験、技術が必要になります。

このように簡単な演奏に関する
知識と経験がある人はそれほど多くもありません。



オーディオに話を戻すと
私的にはトータル30万くらいで
システム組んでセッティングをつめれば
結構な音が出てくれると感じてますが、
これほど予算をかけてる人はそれほど多くなげな、
なかなかにニッチになマーケットです。

カタログスペックにはS/N比とかあります。

今でも普通に存在する、昔の通常フォーマット
「レコード」や「テープ」
はS/N比はよくても70-80dbのようで、
慣れてる人はノイズの中から無意識に
音を拾って快適に音楽鑑賞ができます。
しかし、ヒスノイズを聞いたことがない世代では
気になってしまう人も結構いたりします。

デジタル時代になって、
ノイズは非常に不快な音となり、
耳で聞き取ることができないレベルに落とすので
S/N100db以上なんてのは珍しくありません。

2つを比較すると20db以上の差があり、
この数値は10倍の音量に相当し、
音源から1メートル離れた場所と
10メートル離れたぐらいの差に匹敵し、
この20dbの差は聴感上、結構な差になって
耳に敏感な帯域が強くなれば不快な音になります。
ちなみに10メートル離れた場所と
20メートル離れた場所では2倍くらいです。

で、スペックがどうのこうのよりも
経験上、楽器にしても機材にしても
実売10万を超える製品が
それなりに満足できるような気がします。

さらにはハイエンドな製品にしてみれば
コスト云々より出てきた音に値段がつくような
芸術的領域な節があると感じてます。


ってことで家庭で音楽を楽しむ上で
制約になると感じてるほんの一部のことを
ダラダラと書いてしまってますが、
ここらを解消してくれるのが
優れたオーディオ機器ってわけです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. RIRAさん初めまして(^o^)ゞ
    グダグダな感じなのに全部読みきっていただいて恐縮です。さらにコメントまでありがとうございます!
    私の周りでは音楽とはほど遠い人ばかりで、ましてやオーディオなんて言葉に触れる機会はそうないんで寂しい限りです。オーディオなにそれ?デスネ……。

    ハイエンド機器は機械なのに絵画のような感じに思えます。でも機器であるがゆえ、安い値段で売ると次の製品が出せなくなったり、高いと売れなかったりで値段の付け方を間違えると自滅したり業界をつぶしかねないので難しい領域かと思います。

    byMagicMusic at2014-07-21 11:06

  2. MagicMusicさん、こんにちは
    貴重な情報のアップありがとうございます。

    こちらの方面は全然知識がないので大変参考になります。

    ハイエンドは最近は高いと思いますがハードの性能にお金を出すのではなく出てきた音が気に入るかどうかでお金を出すのはその通りだと思います。

    by小林二郎 at2014-07-21 11:42

  3. MagicMusicさん、こんにちは。 ご無沙汰しております。

    D-08の調子はいかがでしょうか?
    さて、
    >うまかった!ってのはおいといて……

    美味しいものをいただきながらのオーディオ/音楽談義、イイですね〜。
    窓ガラス越しの景色を拝見する限りでは、ロケーションも良好なお店だったようにお見受け致します。 . . . 贅沢ですなあ。 

    >私の周りでは音楽とはほど遠い人ばかりで、ましてやオーディオなんて言葉に触れる機会はそうないんで寂しい限りです。オーディオなにそれ?デスネ……。

    私を含め、こちらのコミュの多くの方々が、MagicMusicさんと同じようなご経験をされているのではないかと思います. . . 。

    >知人が少しオーディオに興味を抱いてくれた

    それで、MagicMusicさんのお話を聞いていたお知り合いの方の最終的な反応(回答)はどんな感じだったのでしょうか? やはり気になってしまいます(苦笑)
    . . .オーディオやってみようかなあ. . . というお話しまで盛り上がっちゃったんでしょうか。

    >何もない状況で最後までリズムを保持するには
    >それ相応の経験、技術が必要になります。

    仰るとおりかと思います。 素人ヘボプレイヤーと致しましては、耳が痛いです(汗)
    何でもない当たり前のようなことほど、それをパーフェクトにこなすのが、なかなかに難しかったりして. . . 。

    それでは、また。

    byカイ at2014-07-21 12:16

  4. 小林二郎さんレスありがとうございます。

    ご参考にしていただけて嬉しい限りです。やっぱりハイエンドって買う気にさせてくれる音との出逢いですよネ!

    byMagicMusic at2014-07-21 14:13

  5. カイさんこんちは&お久しぶりです。

    D-08絶好調です!つくづくイイ買い物したと思ってます。
    オーディオ、音楽談義はいいですね。やっぱり楽しいです。肝心の知人はセッティングが難しそうだし、音をそれほど出せる環境ではないのでとりあえずヘッドホン買ってみようかな~ってことでなかなかいい感じです。

    別の人で知り合って20年ほどになる友達はウチで聴いたり、ATH-W11JPNってヘッドホン貸したものの、音はすごくイイ!ヤバすぐる!けどそこまでお金出す気にはなれない……な結果でした。そんなに音楽を聴いてる人ではない、とは言ってもこのお方、ウィンガー、TNT、スコーピオンズ、ハロウィーンあたりが好きな人です。

    私もボーカル、ギタープレイヤーだったもんで所詮は上物系、リズム感には自信がありません。ドラマー、ベーシスト、それにクラシカルミュージック、ジャズ系プレイヤーのリズム感はたいしたものだと思います。

    byMagicMusic at2014-07-21 14:18

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする