YongJoon
YongJoon
オーディオは私にとってはあくまでも手段、目的は快適な空間、さらに真の目的は明日への活力ですね。 音が最優先では無く、操作性、見栄え、価格の複数の観点のバランスで機器購入を決めてます。 最近…

マイルーム

防音ルーム20畳NetAudio
防音ルーム20畳NetAudio
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch
■部屋 20畳防音のAV専用ルームです。新築一戸建ですので、簡易的な音響効果を考えた簡易防音設計をしています。完璧防音ではありませんが、夜中に大音量再生行なっても、ご近所家族からクレーム…
所有製品

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

日記

TVディスプレイカバーをカーテンで作成

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月26日


皆さんこんにちは。

TVディスプレイですが、今まで夏布団でカバーしていました。オーディオの音質目的のカバーです。ディスプレイの直接の音反射を防止しますので、特にボーカルの定位に効果があり、スピーカーのど真ん中にボーカルがきます。
■追記:
シャンティのハイレゾ音源のボーカルが、スピーカーのど真ん中にきます。布カバーがないといわゆるBIGマウスになりますね。 CD音源でもかなりの効果で、山口百恵なんぞ、そこで「囁いている」って感じになります。ぞくぞくします。「あ~なたに~女の子の~一番~~ 大切な~ものをあげるわ~」笑

私のいう「生JAZZの再現」とは、アカペラぽく目の前で歌っている感じもあるので、ボーカルのセンターど真ん中の定位はかなり重視しますね。

TVの裏側も振動しますので、表裏両面を覆っています。反射防止だけでなく「TV全体の鳴き」を押さえるのもポイントです。理想はTVが無い事ですから、表裏とも吸音系の重い布にします。

ただ布団干している様に見えますね。笑

昔のブラウン管アナログTVの時代は「TV全体を毛布で覆うと良い」とか雑誌で紹介されていました。さすがに見栄えはNGです。(笑)




で、お安い品で 取り急ぎ 厚地のカーテン買って来ました。表面が凸凹生地です。プリーツ部分は切ってしまい、ヒダヒダはアイロンすれば、こんな感じになります。形状記憶カーテンとありますので、少しドレープが残りますね。

真ん中にJBL文字を入れたいですね。もうちょい音の反射を減らしたほうが良いので (TVが無いのが理想ですから) 次はベルベット生地のオーダーにしようかな? と思います。

知人からは 色は、「シルバーか、ホワイトグレーが合う」との事です。たしかに。

下の展示台の反射の防止は シルクオーガンジ をかけようかと。おもちゃが多数おいてあるのは 実は 平行面をできるだけ減らす目的もあります。(笑)

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする