YongJoon
YongJoon
テーマは「エネルギッシュなJAZZ/アコースティックなボーカルの生演奏の再現」「+気軽な楽しい音楽演奏」「iPad使ったNet Audioでのハイレゾ音源演奏など、操作性も含めたオーディオの楽しみ」を…

マイルーム

防音ルーム20畳NetAudio
防音ルーム20畳NetAudio
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch
■部屋 20畳防音のAV専用ルームです。新築一戸建ですので、簡易的な音響効果を考えた簡易防音設計をしています。完璧防音ではありませんが、夜中に大音量再生行なっても、ご近所家族からクレーム…
所有製品

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日記

WAVとAIFFで音が違う理由と確認

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月12日

ネットプレーヤ再生で、非圧縮音源の「WAVとAIFF」で音が違う話を聞きます。その理由(個人的な推定)です。

◆リトルエンディアン


解説はこちらです。
>数値をメモリーに書き込む際の順番(バイトオーダー)規約の一つ。
>下位→上位に数値を格納する。Intel系プロセッサー(x86)やDECのAlphaがこれを採用している。
>例えば、0x12345678をメモリーに格納した場合、8ビット毎に区切り、逆順に0x78 0x56 0x34 0x12の順でストアされる。

WAV音源はリトルエンディアンです。

◆ビッグエンディアン

解説はこちら
です。
>上位→下位と数値を格納する。Motorola系プロセッサー(MC680x0)や、ルネサスのSuperH、SunのSPARCなどがこれを採用している。

>例えば、0x12345678をメモリーに格納する場合、8ビット毎に区切り、0x12 0x34 0x56 0x78の順にストアされる。

AIFFはビッグエンディアンです。

◆音が違う理由
Intel系プロセッサーで AIFFを再生する場合 ビッグエンディアン > リトルエンディアン に変換する処理が行われます。これがWAVとAIFFの音質の違いの理由です。 

逆にいえば CPUがビッグエンディアン系であれば AIFFは変換が無く、逆にWAV音源のほうで エンディアン変換処理が 発生します。

CPUのエンディアンと、WAV/AIFFのエンディアンとの相性と思えば良いですね。


◆PS:WAVとAIFFでどう音質が違うと感じるか?(知り合いのコメント)
知り合い3名がWAVとAIFFの音の違いを確認しています。もちろん信用しています。以下知り合いの音質コメントソースURLです。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6151502&page=10&id=74465658
> [460] 2014年09月05日 15:48
>LINNユーザー(MAJIK DSM)ですが、WAVがいちばん音がいいのは、はっきり分かります。
WAV、AIFF、FLAC無圧縮の3つを聴き比べると、同じ無圧縮なのにWAVが一歩リードしてます。
AIFF、FLAC無圧縮、FLAC圧縮、アップル・ロスレスは、聴き比べてもほとんど差が分かりません(私のシステムでは)。

ただ、3つを連続して聴き比べると分かるのですが、FLAC単独でも十分にいい音なので、タグ情報の便利さを優先してFLAC無圧縮でリッピングしています。

オーディオ好きな方なら、この薄いベール1枚の差は大きなものなのでしょうが、私は音楽マニアなので(そして面倒くさがり屋)、ケーブルやセッティングやアクセサリーにも手を出していません。

◆自宅確認
マランツNA11S1はAIFFサポートしていませんが、パイオニアN50N70がAIFFサポートしていたので、自分でもやってみました。パイオニア N50 USBメモリー再生でWAVとAIFF 比較しました。CDリッピング音源です。
接続は N50 > 同軸デジタル > NA11S1 です。


確かに違います、WAVのほうが陰影感がありますね。音の微妙な強弱が出ます。小さな違いですが、じっくり聴くと分かりますね。音源によっては分からない違いは分からないでしょう。
この音の違いを知ってしまうと、やはりうちではWAVを使いたくなりますね。 (好みの問題です。)

◆追記1
マランツのNA-11S1がサポートする?しない?という話は USBDAC以外の話です。NAS再生、USBメモリー再生にてAIFFをサポートしていません。

USBDACの場合は、接続する上位のPCの再生ソフト側でAIFFをサポートするしない という表現をします。

◆追記2
関連する似た話です。

>中島美嘉の新ハイレゾアルバムもWAVとFlacで音が違う理由は
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20141110/44948/


◆追記3:TCP/IP通信でのエンディアン

http://ja.wikipedia.org/wiki/エンディアン
>TCP/IPネットワークでは、エンディアンの異なるコンピュータ間での通信を可能とするため、パケットなどに含まれる多バイトデータはビッグエンディアンに統一することと決められている。これをネットワークバイトオーダという。これに対し、それぞれのコンピュータ上でのエンディアンのことをホストバイトオーダという。


http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0304/04/news001_2.html
>ネットワークを通じてパケットを送信する場合、その内部にはバイナリのデータが含まれるのが普通である。例えば先にあげたIPヘッダ中にも、IPアドレスやデータ長、フラグメント・オフセットなど、さまざまなバイナリのデータ・フィールドが含まれている。これらのバイナリ・データをネットワークを使って送信する場合、その「バイト・オーダー(byte order)」をどのようにするかということはあらかじめ決めておかなければ、正しくデータをやり取りすることはできない。

TCP/IPのヘッダー情報はビッグエンディアンバイトオーダーで並べられます。ヘッダ部分のIPアドレスなどの情報はCPU機種によってエンディアン変換されますが、通信のお荷物部分は、そのまます通りします。

知人がパイオニアN30で、USBメモリー再生、NAS再生 いずれもWAVとAIFFで音が違うといっていた話と合います。

◆PS4
「AIFF エンディアン」で検索すると yamamoto2002 さんの日記にHITしました。
http://community.phileweb.com/mypage/entry/2721/20100924/20718/
>WASAPIはリトルエンディアンなので、WAVファイルのほうが読み込み処理が軽い。

同じ BITパーフェクトデータでも エンディアンの違いで負荷が変わる実例日記ですね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. yamamoto2002 さん こんにちは。コメントありがとうございます。

    それにしてもお詳しいですね。私が かなり昔 現役で開発していた時は リトルエンディアンCPUのみ使ってまして、あまり意識していなかったというのが正直なところです。お恥ずかしいかぎりです。

    検索してHITした日記が6年近く前の2010年でびっくりしました。このころから、WAVとAIFFの処理負荷の違いを実感されていたのですね。

    また色々とアドレスよろしくお願いします。

    byYongJoon at2015-03-13 21:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする