YongJoon
YongJoon
テーマは「エネルギッシュなJAZZ/アコースティックなボーカルの生演奏の再現」「+気軽な楽しい音楽演奏」「iPad使ったNet Audioでのハイレゾ音源演奏など、操作性も含めたオーディオの楽しみ」を…

マイルーム

防音ルーム20畳NetAudio
防音ルーム20畳NetAudio
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch
■部屋 20畳防音のAV専用ルームです。新築一戸建ですので、簡易的な音響効果を考えた簡易防音設計をしています。完璧防音ではありませんが、夜中に大音量再生行なっても、ご近所家族からクレーム…
所有製品

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日記

光メディアコンバーターSETで無線LAN子機ノイズカット、 ストリーミング再生に特に効果

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月12日




2015年に購入していた、光メディアコンバーターSETを今回 本導入する事にしました。 無線LAN子機の出すLAN経由のノイズを光変換でカットします。


まずは サーバー~オーディオハブ~NA11S1レンダラー再生での音質比較です。
光メディアコンバーターはiPad コントロールAPP通信で経由します。 音源データは経由しません。

プレーヤーとiPadのデータ送信は、
NA11S1~オーディオハブ~NF~TO光メディアコンバーター~光ケーブル~ FROM光メディアコンバーター~無線LAN子機ハブ~ 無線LANアクセスポイント~無線LAN~iPad
です。

小さな差分ですが、光メディアコンバーターSET経由の方が音が生々しく勢いがありますね。

TO光メディアコンバーターは アナログ電源接続とはいえ、これ自身がノイズを出すはずですが、 無線LAN子機ハブと無線LANアクセスポイント2個のノイズよりも少ない のでしょう。
光〜有線LAN変換 、無線LAN〜有線LAN変換
の違いでノイズの多さが違うかも知れません。

電源コンセントも
TO光コンバーター と、FROM光コンバーター で ブレーカーで異なるコンセント接続とし、コンセント経由のノイズ影響を減らしています。

光メディアコンバーターSETは3年以上前に購入したものですが、電源コンセント接続2個増えるのがネックでお蔵入りしていましたが、今回 復活です。


次にクラウド音源、AppleMusic再生にて、光メディアコンバーター有無の音質確認しました。




・iPad音源受信
クラウド音源~ 一階無線LANルーター ~ 無線LAN ~無線LAN子機ハブ ~ 有線LAN~ 無線LANアクセスポイント~ 無線LAN~iPad

・iPad音源送信
iPad ~ 無線LANアクセスポイント ~ 有線LAN ~ 無線LAN子機ハブ ~光メディアコンバーター~ 光ケーブル~ 光メディアコンバーター~有線LAN~オーディオハブ~ マランツNA11S1

です。

やはり 光メディアコンバーターSET経由したほうが。AppleMusicの松田聖子の音源 低域の切れ、生き生きした感じがUPし、かつ音数が増えます。

AppleMusicでのクラウド音源では、無線LAN子機ハブがクラウド音源受信、iPadからの音源送信と2倍の通信負荷がかかりますが、無線LAN子機のノイズはカットされます。

光メディアコンバーター自身の、音源送信負荷のノイズが出るはずですが 単純に見ても ノイズのでる音源送信負荷は半分なので 音質向上するのでしょう。

メディアコンバーターSETも 昔は高かったですが、今 Amazon見ますとお安いですし、アナログ電源は一個で済むので 結構お勧めと思います。
特にクラウド音源のストリーミング再生の方が変化が大きいです。

想像ですが、無線LAN親機子機より、光メディアコンバーターSETの方が電気ノイズの点では有利と思います。雑誌 日経ネットワーク 2013年8月号では 無線LAN発信装置を電気ノイズ源としてLANケーブルに密着して、音のノイズの確認に使っていました。


今後はプレーヤー直前で光メディアコンバーターでのノイズカット トライです。ノイズはより少なくなりますが、オーディオ専用ハブの高性能クロックの効果が無くなります。

■参考URL
光メディアコンバータとケーブルの選び方
https://hermitage-netaudio.com/ethernet-to-fiber-media-converter/

無線LANオーディオ 再検証
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20180609/59671/


◾︎光メディアコンバーターと光ケーブルの通販ポイント

光メディアコンバーターの購入では、同じ品をペア購入します。
光ケーブルは
SCコネクタ(2芯):写真右
LCコネクタ(2芯):写真左

の SCコネクタが合うパターンがほとんどです。 通販URLにSCと書いてあります。

アナログ電源やifi電源は光メディアコンバーター品物が到着してから サイズや電圧を確認して購入すると良いです。

なお、コンセント経由のノイズ対策として、お安いOA用ノイズフィルタなどもお勧めです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. YongJoonさん
    こんばんは。
    本年もよろしくお願いします。

    昨年末購入したSOtM sNH-10Gの導入効果は想定以上でしたが、キャンペーンのオマケであるメディアコンバータセットを昨日入手しできたので、早速試してみました。
    家庭内LANとオーディオ専用LANのハブ間を光メディアコンバータを経由し、家庭内LAN側のノイズを遮断、更なる音質改善を確認できました。
    オマケとは言え総額1万円くらいのセットですが、正直あまり期待はしていませんでしたが、YongJoonさんが表現されているように「音が生々しく勢い」がでてきます。
    最も音質改善が確認できた音源は先日から仲間入りしたTIDALです。
    リッピングしたNAS保存の音源にはやや劣るものの、その差はかなり小さくなりました。

    NAS、Roon Server 、ネットワークトランスポートとハブの間にも試してみようと思いますが、追加セットを購入しそうな気がしてきました。

    byvanilla at2019-01-12 18:22

  2. 割と低予算でできそうな感じですね。
    2月に大きな買い物があるので少し先となりそうですが、真似してやってみようかなと考えております。

    それにしても部品の数がどんどん増えていますね。不具合が起きた場合の特定が難しいような気がします。

    シンプルで簡単なシステム構成は無理な話なんでしょうかね。

    byうつみくん at2019-01-12 18:36

  3. vanillaさん こんにちは。コメントありがとうございます。

    同じ時期にほぼ同じ事されていたのですね。
    >家庭内LANとオーディオ専用LANのハブ間を光メディアコンバータを経由
    >最も音質改善が確認できた音源は先日から仲間入りしたTIDALです。

    やはり ストリーミング再生の効果がうちと同じく大きいのですね。

    光メディアコンバーターそのもののノイズ対策改造として、LED除去やコンデンサー交換など やってみたい気もします。

    byYongJoon at2019-01-12 18:39

  4. うつみさん こんにちは。コメントありがとうございます。

    >不具合が起きた場合の特定が難しいような気がします。

    それは言えると思います。実際 光メディアコンバーター有無比較で LANケーブル切り替えミスして少し悩みました。

    ただ光メディアコンバーターは 元々の目的が、LANケーブルの長さ制限をはるかに超えるでかい工場とかに光ケーブルでLAN延長する事が目的の機器なので故障原因の不具合は起きにくいと思います。

    ただ オーディオラックの裏側に置いて 掃除で光ケーブルが外れたりすると 不具合解析は難しくなるでしょうね。

    >シンプルで簡単なシステム構成は無理な話なんでしょうかね。

    シンプルという意味では オーディオ専用ハブ内部で、光変換してノイズカットする事ですね。

    IOさんがオーディオ専用ハブ 発売されるので ハブ内部での光ノイズカット機能が入ると嬉しいユーザー増えると思います。
    更に このハブにレンダラー機能入れば 更にシンプルですね。

    今回のうちでの導入は最終形態では無く、通過点と思っています。ただ ストリーミング再生には 光変換ノイズカットは特に有効と思いました。

    byYongJoon at2019-01-12 21:33

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする