YongJoon
YongJoon
テーマは「エネルギッシュなJAZZ/アコースティックなボーカルの生演奏の再現」「+気軽な楽しい音楽演奏」「iPad使ったNet Audioでのハイレゾ音源演奏など、操作性も含めたオーディオの楽しみ」を…

マイルーム

防音ルーム20畳NetAudio
防音ルーム20畳NetAudio
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch
■部屋 20畳防音のAV専用ルームです。新築一戸建ですので、簡易的な音響効果を考えた簡易防音設計をしています。完璧防音ではありませんが、夜中に大音量再生行なっても、ご近所家族からクレーム…
所有製品

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

日記

ifiAC 発熱部分のプラスティックが茶色に変色

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月15日




ifi iPurifier ACですが、
>ACipurifierが焦げていました
という日記が出ていた事もあり、うちのifi iPurifier AC三個 も見て見ました。

◆発熱の白プラスティックに茶色ぽい変色
うちのも一個は、 ifiACの上側の発熱の高い部分の白プラスティックに茶色ぽい変色があります。焦げていたという程では無いですが。残り2個も同じ部分が微妙に茶色汚れた様に見えます。

ifiAC の三個の使い分けは
(1)マランツPM11S3プリメインアンプ専用コンセント
(2)マランツNA11S1専用コンセント
(3)NASとオーディオ専用ハブ用電源タップ
です。

ifi AC の上面の茶色の変色部分は、部屋のエアコン入れていても触って結構熱いです。 ifiACの白プラスチック そこそこ厚みもあるので、これの変色だと結構な熱さと思います。24時間ずっと発熱するので時間かかって変色したのでしょう。

防音ルームでもあり外以上の室温にはならないのですが、夏場の昼間の外出時にこの発熱とプラスティックの変色は非常に気になり発火の可能性危険もあると思いますので、ifi AC 3個全部外す事にしました。冬場は戻すかも?知れませんが。

予想ですが、ifi AC の上面のアース穴が空いていれば ここまで変色しなかったかも?しれませんが、うちはバナナプラグをアース穴接続しているので放熱が上手くいって無いかも知れません。

ただ バナナプラグが丁度入るアース接続の穴ですので、バナナプラグ接続した状態で放熱されるべきです。放熱用の穴がなく、またプラスチックが熱くなりすぎで変色してはいけないでしょう。

ともさんの日記、
>ipurifierが茶色く焦げていました
では、私も不良品と思っていたのですが、うちのifiAC 三個全部変色が多少なりともあるので、これは 発熱放熱についてのメーカーの設計ミスと言わざる得ないですね。

発火の可能性危険もあると思いますので、メーカーでのリコール希望です。

ifiACは今から新規導入は様子見がお勧めです。音は良いのですが、それに、発熱部分が茶色に変色、焦げ付きなどの、安全面での不安があっては本末転倒ですから。

◆今後の改善希望
来週頭 ifi代理店に連絡しようと思います。なお、次の新製品では改善希望です。
ifi アクディブキャンセル 新方式も出たのでifi ACの新型出るかも?知れませんね。放熱は改善希望です。少し 高さをとってプラスチックとの距離とるだけでもだいぶ違うと思います。
この放熱の配慮の違いは、英国と日本の暑さの違いでしょうか?

うちのような庶民オーディオではプリメインアンプより高額なクリーン電源を購入する予算はなく、ifi ACはコスパの良い電源対策として気に入っていたので、発熱問題、放熱問題は次期新製品では改善希望です。
おそらく現製品も発熱部分を穴あけするだけで改善される話と思います。

◆当面の対処
という事で、ツチノコ型直列ACノイズフィルターと、パッシブ並列型ノイズフィルター復活しました。


ACノイズフィルターはコネクト部分が少し細身で接続が弱いネックがあったのですが、上下からがっちりホールド方式に改善したので、大丈夫でしょう。

◆関連レビュー
結局3台購入コストパフォーマンス抜群の電源ノイズ除去装置 ifiAC
http://community.phileweb.com/mypage/review/3685/4580/

◆関連日記
iFi AC iPurifier の技術的背景
http://community.phileweb.com/mypage/entry/2648/20190821/63257/#cmTop

ifiAC 公式FAQ
http://support.ifi-audio.com/kb/faq.php?id=803

上記の和訳
のびーさんの日記の以下コメント

http://community.phileweb.com/mypage/entry/2648/20190821/63257/#cmTop
>ある筋からhttp://support.ifi-audio.com/kb/faq.php?id=803の全文訳を手に入れました。掲載の許可も貰ったのでレスとして投稿します。ご参考ください。

--------------------
測定 - 測定したらノイズを引き入れているようだった

質問:電源テスターでAC iPurifierの効果を測ったらifiの説明通りにならずノイズが悪化したように見えた。なぜ?

回答:その電源テスターはノイズ計測のしきたりに則っていないのかもしれません。

実際そういったテスターはRF帯ノイズ(*)をほとんど検知することができません。
(*訳注 狭義ではAMやFMといったラジオ放送の周波数帯 300kHz - 300MHz、広義では赤外線以下全ての電磁波 30Hz - 3THz)

電源テスターに関する文言をご覧ください(通常は箱に書かれています)。そこには"50Hzサイン波の歪を分析"などと書かれているでしょう。
それは電源テスターが主に低い周波数に対して働くということを意味します。

AC iPurifierを取り付けた時に何が起こるかというと、AC iPurifierの電源部は100 Hzで電流を引き出します。それを電源テスターが"歪み"として検知します。しかしながら引き出される電流はコンセントに接続されたいかなる機器の電源をもとてもよく反映しているのです。

それらのテスターはそういった部分を示しません。分析器がノイズを測る間、実はノイズを測っているのではないからです。それらが何を測っているか細かい文字から探す価値があります。
AC iPurifierの電源の取り方は通常とは異なります。- 通常の電源では電流が流れない交流波形のゼロクロス付近で電流を引き出します。機器の電源装置との干渉を避けるため意図的にそうしています。

しかしながらTHDアナライザーが"ノイズの計測"に使われた場合、その結果は誤検出となるでしょう。AC iPurifierの電源回路は50Hzのインピーダンスに応じてコンセントに高調波を生じるためです。

AC iPurifierのアクティブノイズキャンセラー回路は10kHzから数MHzをターゲットとしています。それ以上の周波数はパッシブフィルターが受け持ちます。

現在のテスト環境はラインインピーダンス安定化ネットワーク(例えばSchwarzbeck NSLK 8127)と結合/分離ネットワーク(例えばTeseq CDN M216)それからトラッキングRFジェネレーター付きのスペクトラムアナライザーアナライザー(例えばTektronix RSA5103B)で構成されています。それでAC iPurifier有りと無しの10kHzから30MHz(もしくはそれ以上)にかけてのRFスペクトラムリターンロスの計測を行います。

私たちは(他の製品や)AC iPurifierの動作の評価に同様の等価ネットワーク付きテスト環境とアナライザーを使います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. YongJoon さん こんにちは

    ACの方は持ってませんが、 DCも相当熱くなります。
    こちらはアルミなので変色焦げるとかは無いですが
    レギュレータの発振による発熱だと思いますが、普通に考えて
    プラスチックが色が変わるのは、異常なような気がします。
    後々ハンダが割れたりする可能性もありますね。
    電気を扱うものは怖いです。

    byYuho... at2019-08-15 15:56

  2. Yuho...さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    ifiDC 旧版持っていますが ifiACほどは熱く無いです。扱う電流の大きさの違いでしょうか?

    ifiACの白プラスチック そこそこ厚みもあるので、これの変色だと結構な熱さと思います。24時間ずっと発熱するので時間かかって変色する様に思います。リコール希望です。

    byYongJoon at2019-08-15 16:04

  3. プラスチックが茶色になるというのはかなりの発熱だと思います。
    初期性能の維持が難しいのではないかと思います。

    リコールはメーカー負担で行った方がいいと思います。
    茶色になる程度何ともないなんてサポートの返事が来ないことを願っています。

    byうつみくん at2019-08-15 16:26

  4. うつみさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    ともさんの日記、
    >ipurifierが茶色く焦げていました
    では、私も不良品と思っていたのですが、うちのifiAC 三個全部変色が多少なりともあるので、これは 発熱放熱についての設計ミスと言わざる得ないですね。

    ifiには このURL、ifiAC レビューURL付けて メール済みです。どういう回答になるか?は 注目したいと思います。

    オーディオは安らぐものでありたいです。

    byYongJoon at2019-08-15 16:32

  5. 確かにこうなってくると、リコールレベルですね。。

    byとも at2019-08-15 18:46

  6. ともさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    ともさんの ifiAC 含めて4個が発熱部分に変色ですので、日本の暑さと放熱の配慮が設計されていないと思います。実際 触ってみてかなり熱い部分のプラスチック変色ですから。

    発火の可能性あると思います。怖くて使え無いですので、リコール希望です。

    byYongJoon at2019-08-15 18:55

  7. YongJunさん

    >この放熱の配慮の違いは、英国と日本の暑さの違いでしょうか?

    その可能性大です。

    そのことを以前日記で書きました。どんぐりさんへのレスではコンピューターメーカーの元エンジニアの体験談もご紹介しています。アンプなど電器製品はまともな設計ならば必ず熱計算をしていますが、その前提となる室温が違っている可能性があります。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/2408/20190725/63043/

    iFi Audioは、英国規格のコンセントに合わせて、電源プラグの左右極性(LとN)が日本とは逆なのに、日本向けもそのままのデザインで販売しているようです。

    byベルウッド at2019-08-16 10:16

  8. ベルウッドさん、こんにちは。コメントありがとうございます、そうなのですね。

    英国製品を日本で販売するからには、少なくとも発熱放熱という、発火の不安の無い安全性は最低限でも設計考慮して頂きたいと思います。

    スピーカーについても、日本では塗装に問題が出るような品は販売すべきでは無いと個人的には思います。

    ACDC電源系のifi製品はうちの環境では音質良好で低価格で気に入っていたので、日本の暑さを考慮した製品設計して頂きたいです。

    音が良くても安心出来ないオーディオは私はパスしたいですね。発熱部分がプラスチックの変色だと夏場は特に恐ろしくて使えないです。

    byYongJoon at2019-08-16 10:35

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする