YongJoon
YongJoon
オーディオは私にとってはあくまでも手段、目的は快適な空間、さらに真の目的は明日への活力ですね。 音が最優先では無く、操作性、見栄え、価格の複数の観点のバランスで機器購入を決めてます。 最近…

マイルーム

防音ルーム20畳NetAudio
防音ルーム20畳NetAudio
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch
■部屋 20畳防音のAV専用ルームです。新築一戸建ですので、簡易的な音響効果を考えた簡易防音設計をしています。完璧防音ではありませんが、夜中に大音量再生行なっても、ご近所家族からクレーム…
所有製品

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

日記

LANDAC再生が音が良い理由 SFORZATO解説記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月03日

SFORZATOのネットプレーヤー再生よりLANDAC再生の方が音が良い理由の解説が、SFORZATOのFacebookにありました。
簡単に言えば エンコードなどの負荷分散、瞬間的に負荷が上がらない仕組みです。洗濯機で言えば、大量にまとめ洗いをせず、こまめに洗濯機を回して、瞬間的な洗濯機の負荷が上がらない使い方です。また、同じ洗濯物でも負荷が低いプロトコルです。

fidata、SoundgenicはLANDAC対応のデジタルトランスポート機能持っていますが、更にAmazonMusicHD対応機能も持つと AmazonMusicHDの音質向上まで出来てしまいます。

接続は通常
 無線LANルーター ~ハブ〜 Soundgenic ~ ハブ ~LANDAC
ですが、NASなのでダウンロード再生の容量制限も解消されますので、ダウンロード再生すれば、無線LANルーター負荷ノイズもグッと減り音質向上期待出来ますね。

うちのネットプレーヤーマランツNA 11S1はAmazon Music対応していないので、今はAmazonMusicHDもAirPlay再生ですが せっかくのハイレゾ音源もCD品質に落ちてしまいます。やはりプレーヤー側で再生機能持った方が良いですね。

私的にはSoundgenicがAmazonMusicHD対応、DAC側はLANDAC対応希望です。じっくり待とうと思います。 個人的には今後の音質向上はAmazonMusicHDメインとしようと思います。


LANDACの低価格化ですが LANDACとして使うユーザーにはUSBDAC機能が不要になります。
私のようにPCオーディオやめた人はすでにマランツNA 11S1の高価なUSBDACは今は使っていないです。

新型ネットプレーヤーにはUSBDACレス、またはSFOのようにUSBDACはオプション選択とし、その分低価格にして欲しいです。

ーーーーーーーーーーー SFORZATO Facebook 記事 ーーーーーーーーーーーー

> さて、当社ネットワークプレーヤーを作り続けてきて、昨年LAN DAC機能を追加し、同じプレーヤーがネットワークプレーヤーとして動作するより、LAN DACとして動作するほうが音質が優れていることがわかりました。全く同じ装置でこの差が生まれるのはなぜでしょうか?

ネットワークプレーヤーでは、プレーリストに従って音楽再生するために、NASからデータを取ってきてflacを解凍する作業はすべてプレーヤーの仕事になります。データはある程度まとめて取ってきて、すこしずつ再生しますが、ためたデータの残りが少なくなると、また次のデータを取ってきて、、、という動作を繰り返します。曲がどこまで進んだかコントローラ画面(iPadなど)に表示が出ますが、これはプレーヤーがどこまで再生したかを定期的に報告していることによります。
一方LAN DAC動作の場合、flac解凍済みのデータがトランスポート(PCだったりfidataだったり)から送られてきます。送られるデータはネットワークプレーヤーのときほどまとめて送るのではなく、細かく区切って1回あたりの量は少なく、そのかわり頻繁に送ってきます。

この2つの動作の差はなんでしょうか?LAN DAC動作に比べてネットワークプレーヤー動作では余計な仕事がたくさんあります。自らNASからデータを取ってくる必要があること、flacの解凍が必要なこと、再生の経過を報告する必要があること、そのほかにもフロントディスプレーに曲名やアルバム名を表示することなど、D/A変換動作(音楽再生)以外に余計な仕事がいっぱいあります。それに対してLAN DAC動作では送られてくるデータをただD/A変換するだけで済みます。
また、ネットワークプレーヤー動作では仕事量の変動が大きいです。ためたデータの残りが少なくなったとき、NASからデータをまとめて取ってくる必要があり、その一瞬とても忙しい状態になります。取ってきてしまえばしばらくは比較的少ない仕事量ですみますが、また残り少なくなると一瞬一気に仕事が増えます。それに対しLAN DAC動作では頻繁に少しずつデータが送られるため、仕事量の変動は非常に小さく済みます。

この2つの理由「余計な仕事の少なさ、仕事量の変動の少なさ」がLAN DAC動作の高音質を作っていると考えられます。

◆関連記事
fidata/SoundgenicがDirettaに対応

https://kotonohanoana.com/archives/25089

オーディオ専用PCcanarino Fils(+JRiver Media Center)―Diretta→DSP-Dorado
よりも、
fidata HFAS1-XS20(の再生機能)―Diretta→DSP-Dorado
の方が、トータルでは明らかに優れた音が出ている。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 私が聞いたDirettaの音は非常にかっちりした音でしたが、
    負荷の変動がほぼ一定でデコード処理がないのは
    メリットがあるような気がします。

    byHermitage at2020-01-03 10:53

  2. Hermitageさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    同じ品での音質比較の話であり、メーカーさんの説明も納得出来る内容と思います。

    デコード負荷分散だけでなく、瞬間的な負荷が上がらない仕組みはポイントと思います。
    私的にはLANDAC製品の品揃えを期待してゆっくり待とうと思います。

    byYongJoon at2020-01-03 11:20

  3. LANDACの方が機構的にシンプルに作れそうなので、意外と安い価格で対応機が出てくる可能性はあると思います。

    現状ではネットワークプレイヤーに付属した機能としてDiretta端子が付く可能性が大きく、LANDAC専用機は市場が安定したのち結構出てくるのではと思っています。

    Soundgenicが低価格品であることからそれに見合った価格の製品が望ましいと思います。

    byうつみくん at2020-01-03 12:55

  4. うつみさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    SoundgenicがLANDAC対応の意義は大きいと思います。逆木さんのレポートでもオーディオ専用PCよりfidataの方がLANDAC再生の音質は上とあり、Soundgenicも期待出来ると思います。設定のハードルの高いPCオーディオで無い事にも意義があります。

    低価格LACDAC は期待ですね。SoundgenicがAmazonMusicHD対応すると更に需要が増えそうに思います。

    byYongJoon at2020-01-03 13:32

  5. YongJoonさん

    新年にふさわしい未来志向の話題ですね。

    SFORZATOで実際に聴いたときはあっと驚いただけに、私もLANDACには期待しています。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/2408/20180822/60210/

    でも、現状ではSFORZATOは高すぎます。あるいはせっかくのLANによるあらたなプロトコルによる伝送方式を、PCを介して、結局、USBDACにつなげるTargetPCなど複雑すぎて利点も活かされません。

    シンプルで安価なLANDACの登場が待たれますが、いったんUSBDACが世の中のスタンダートになってしまうと、大手メーカーはすぐには舵を切れないでしょうし、ガレージメーカーもシステムの部分部分にしか手を出せないので、結局、高価な機器とか、あるいは、複雑で手作りの域を出ない扱いにくい中途半端な機器しか登場していないというのが現状だということでしょうか。

    ブレークスルーが必要ですね。その分、一気に来るかもしれません。気長に楽しみに待ちたいと思っています。

    byベルウッド at2020-01-03 16:26

  6. ベルウッドさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    ベルウッドさんの記事は良く覚えています。当時は音が良い理由が分かりませんでしたが、今は納得します。

    DAC側はネットプレーヤーのファームウェア更新で対応出来る話なので、低価格のLANDACの品揃えを希望しますが、Soundgenicという低価格サーバーがLANDACデジタルトランスポートをサポートしたのはIOさんの意気込みを感じます。IOさんも起爆剤を考えられたそうです。

    音質面だけではビジネス市場はそう広がらないと思いますので、SoundgenicでのAmazonMusicHDなどのサブスク サポート も気長に待ちたいと思います。個人的には今後の音質向上はAmazonMusicHDメインとしようと思います。

    byYongJoon at2020-01-03 16:47

  7. うつみさん、ベルウッドさん。

    LANDACの低価格化ですが LANDACとして使うユーザーにはUSBDAC機能が不要になります。
    私のようにPCオーディオやめた人はすでにマランツNA 11S1の高価なUSBDACは今は使っていないです。

    新型ネットプレーヤーにはUSBDACレス、またはSFOのようにUSBDACはオプション選択とし、その分低価格にして欲しいです。

    byYongJoon at2020-01-06 19:56

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする