YongJoon
YongJoon
オーディオの基本ポリシーとしては「オーディオはどんなに頑張っても生演奏以下、目的は快適な空間と明日への活力、オーディオと音質はその手段」との考えです。 音が最優先では無く、操作性、見栄え、価格の…

マイルーム

防音ルーム20畳NetAudio
防音ルーム20畳NetAudio
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch
■部屋 20畳防音のAV専用ルームです。新築一戸建ですので、簡易的な音響効果を考えた簡易防音設計をしています。完璧防音ではありませんが、夜中に大音量再生行なっても、ご近所家族からクレーム…
所有製品

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

日記

AmazonMusicHD音質向上目的でマランツNA6006 HEOS追加導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月14日



AmazonMusicHD音質向上目的でマランツNA6006 HEOS追加導入しました。

接続は 無線LANルーター~無線LANハブ~オーディオハブ~ 
 NA6006~光デジタル~NA 11S1 DAC~ アンプ です。

実売価格5万円以下のプレーヤーでこの見た目の高級感は素晴らしいですね。マランツNA11ペアとしっくりきます。 外部リモモンでNA6006と、NA11が同時電源ONOFF出来るのも便利です。 また外部リモコンでアンプの音量調整と電源ONOFFも出来ます。

音質もパッと聴いて全然良いです。前はiPadからAirPlayでNA 11S1再生で音がこじんまりでしたが、NA6006 HEOS経由のNA11S1 DAC再生だと、NAS再生の様に音が広がります。音は全然良くなりますね。
ハイレゾ音源だけで無く、CD品質音源でも音が全然違います。嬉しい誤算です。

Amazon MusicHDの音質向上目的購入ですが、実売5万以下の追加投資でNA11S1 DACの音がこうも向上するのは自分の経験の中ではコスパ最高です。

◆音質向上理由

NA6006と NA 11S1で負荷分散されるのが理由でしょう。

また、5年以上も後から発売のNA6006はプロセッサー処理能力も大幅向上していますし。前モデルNA6005が搭載していたチップは400MHzシングルコア、それに対しNA6006では3倍以上の処理スピードを持つ1.25GHzデュアルコアチップを搭載との事です。

iPadからAirPlayでのNA 11S1再生ですと、再生時間表示や、FLAC解凍処理がNA 11S1で行われますが、NA6006追加すればその処理は高速HEOSプロセッサーのNA6006でおこなわれます。LANDACが音が良い理由と同じです。

また 無線LANルーター無線LANハブの出すノイズがLAN経由でプレーヤーに入りますが、光デジタル接続でノイズカットされます。

昔は同軸デジタルより光デジタルは音が細いと言われますが、これはジッター問題です。がNA6006はHEOS プロセッサー能力が大幅にUPしていますので、光デジタルジッター特性も向上してるかも?知れません。
実際 NA6006は光デジタル出力のみ、同軸デジタル出力が無いのは 音質判断かも知れません。

◆感想

5万以下のプレーヤー追加で Amazon MusicHDの音質がこうも向上するとはびっくりです。

なお、iPadAPPでは Amazon MusicHD専用APPより、HEOS APPの方がアルバムアートが正しく表示されますね。ここも嬉しい。

DACと光デジタル接続すれば、LANDACって不要では?とか思ったりしました。NA6006がAir Play2仕様なので、結構 LAN入力音源のバッファ持ってる様で、LANケーブルぬいても長い時間再生していました。
NA6006でLAN受信負荷の変動をバッファでためて、DACには光デジタルの負荷変動が少ない転送をします。

◆選択理由

NA6006はAmazon通販で、約49000円、ヨドバシ通販で53100円 10%ポイントです。
DENON ネットワークオーディオプレーヤー DNP-800NE-SPが約40000円とお安いのですが デザイン面の統一でマランツ選択です。
いずれも光デジタル出力付きです。マランツNA 11S1に接続を考えています。とりあえずAmazonMusicHDをハイレゾ品質で聴くのが目的ですね。翌日到着するそうなので、ポチッといきました。笑

本命はマランツNA11S1の次機種ですが、いつ出るか分からないのでとりあえずのつなぎですね。 よって低価格機種です。でも見た目は多少金かけます。

6006内蔵DACは使わず マランツNA11S1側DAC利用で 光デジタル接続なので、6006側のノイズも伝わらず、かつ心臓部のHEOSプロセッサーは上位機種と同じでしょうから、安くても結構行けると思ってます。
あくまでもAmazonMusicHD専用ですし、AmazonMusicHDのハイレゾ音源とはいっても圧縮FLACですので NASのタグ無しWAV再生の音には負ける前提での機種選定です。

上位機種NA8006は私が不要のCD、USBDAC付きで高いので選択対象外です。

https://www.yodobashi.com/product/100000001003961766/

https://www.yodobashi.com/product/100000001003946036/

http://www.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?CatId=HiFi&SubCatId=NetworkAudioPlayer&ProductId=NA6006

◆NA6006 HEOSの不満点レポートです。
細かい不満は有りますが、この音質向上なら5万以下でこのAmazonMusicHD再生の音質向上はコスパ高いです。

1番のネックはAmazonMusicHDクラウド登録のマイミュージック登録情報が共有されない 事です。 HEOS APPでAmazonクラウド登録情報をダウンロードして欲しいですね。
iPadAirPlayに比べて 最初の曲の再生が極端に遅い、7秒位かかります。
AmazonMusicHDプレイリストの途中曲を再生した場合 異なるアルバムアートが表示される。

音質にこだわる人は HEOSプレーヤー購入は意義あるのですが、そこまで音質にこだわらない一般的な人はiOS機器からのAirPlayの方が便利ですね。


NAS音源再生 HEOS APPではフォルダ階層でアルバムアート表示されず。よってFidata APP 使ってます。

◆設置

マランツNA6006追加プレーヤー導入すると 悩むのが他機器の設置を何処にするか? ですが、結局 BDプレーヤーの上にサーバーを置く事としました。
NA6006は NA 11S1 PM 11S3に比べるとゴールド色が薄くなり、シルバー系方向の色になっていました。出来れば同じ色にして欲しかったです。
NA6006と御影石の間にはFoqスペーサー置いて振動が伝わらないのと、放熱対策しています。NA 11S1ほど熱くならないので、スペーサーは薄めでOKです。

◆他音質向上
NAS再生音質はNA6006エージングしてから評価予定ですが、パッと聞いてNA6006~光デジタル~NA11S1の方が音は良いです。ただAmazonMusicHD再生の方が変化大きい感じします。これはAmazonMusicのは圧縮FLAC音源、NASはタグ無しWAVだから? 

あとiPadからのAir PlayもNA6006経由の方が良さそうです。これだと、AmazonMusicHD APPが利用のまま音質向上します。APPについてはAmazonMusicHD APPの方がずっと上で、特に 再生中の曲からおすすめの別の曲が出てきて、マイアルバムに登録ができるのは好みです。新たなアルバム探しはAmazonMusicHD APPが上ですね。

ただ音質はiPadからNA6006 AirPlayよりHEOS APP再生が上でした。音量が違うのでアンプ音量調整しての音質比較です。

◆コスパ

ちなみにうちでは光メディアコンバーターでLANノイズカットの音質向上効果がありました。

が、NA6006〜 光デジタル 〜 NA 11S1 接続し、かつ NA 11S1のLAN接続カットすれば、NA 11S1 DAC 〜 アンプにはLAN経由のノイズは入らないので、光メディアコンバーター不要です。光メディアコンバーターはアナログ電源二個必要なので全部で5万位必要ですが、その費用でNA6006が買えてしまいます。

NA 11S1 DACのAmazonMusicHDの音質向上という意味ではコスパは最強と思います。

◆HEOSとは

https://kakakumag.com/av-kaden/?id=14894

>HEOSは、D&Mグループが開発した「オーディオ再生に特化したプロセッサーとOS」の技術名称、Linuxで動くデジタル機器はいまどき珍しくないが、HEOSはオーディオ再生に最適化された作り込みがポイント。スマートフォンアプリ「HEOS」は、そのクライアントという位置付けだ。

柔軟性もHEOSの特長といえる。Spotifyなどのストリーミングサービスは、WEB標準技術を利用した開発キット(WEB API)を提供することでサードパーティーによる対応を促しており、開発環境の自由度が高いLinuxは好都合。D&Mがオーディオメーカーでもっとも速く「Amazon Music HD」に対応できたのは、米国に拠点を持つSound Unitedグループに属していることもあるだろうが、HEOSを擁していることが最大の理由だろう。

HEOSアプリではネイティブのAmazon Musicアプリ(PC/スマートフォン)とはプレイリストを共有できない。作成済のプレイリストは現れず、履歴を確認しても「Ultra HD J-POP」などの既成のプレイリストがいくつか表示されるばかり。現在のところ、Amazon側との完全な情報共有は行われていないようだ。

曲をキューに登録できないことも気になる。楽曲のありかを一意のURLで表記できる再生系ではないため、USBメモリーやDLNA/OpenHomeの楽曲と混在できないことにはやむを得ない部分はあるが、せめてプレイリストに登録する機能があるとうれしい。

◆レビュー記事

ネットワーク再生に特化して音質を高めた野心作“音質追求型”のエントリー・ネットワークプレーヤー。マランツ「NA6006」をレビュー
という記事です。
https://www.phileweb.com/review/article/201810/04/3181.html

◆知らなかったのですが、NAS再生において、fidataAPPを閉じても再生が止まらないと思います。が、止まりました。

> ネットワークプレーヤーの良好な操作性を担保する指標として使われてきた「Open Home」には対応しないが、同社旧世代のネットワークプレーヤーでは、アプリ側が保持していた再生プレイリストをHEOSのネットワークモジュールで保持させている。つまり、Open Home同様にプレイリストをプレーヤー側に持たせてあるので、アプリを閉じても再生が停止しない「オンプレイデバイス・プレイリスト」やギャップレス再生が可能になり、Open Home同等のユーザビリティを取得した。


◆私はUSCDAC、CD再生不要、コストダウンは嬉しいです。
> ND8006が実装するCD再生機能やUSB-DAC機能を省略して、その分のリソースを音質対策に集中投入
> 天板を外して内部を開けた下記の写真を見て頂きたい。スタンバイ用電源部とアナログ/デジタル回路用電源部、デジタルオーディオ回路、アナログオーディオ回路がフルサイズの余裕あるシャーシ内に独立して搭載されている。これが最もエントリークラスの製品とはにわかに信じがたい。コスト的な部品調達に長けた総合オーディオ/AV機器メーカーのアドバンテージも垣間見える。




HEOSプロセッサーでの改善効果でアプリがすぐにプレイヤー認識します。音質面 光デジタル出力のジッター面でも効果出ると思います。 が、最初の曲再生開始は遅いです。バッファに音源データがたまるの待ってる?

> アプリを立ち上げてからプレーヤーを認識するまでの時間も改善されている。正直に書くが、数年前までの同社のネットワークプレーヤーは、この部分の完成度をもう少し上げてほしいと思っていたのだが、劇的に改善されている。
前モデルNA6005が搭載していたチップは400MHzシングルコア、それに対しNA6006では3倍以上の処理スピードを持つ1.25GHzデュアルコアチップを搭載

◆ アプリの画面デザインが良く、使いやすくなっています。ここも大きい。
NAS再生ではフォルダ階層はアルバムアート非表示。別APP使えば良いのですが改善希望です。

◆関連日記
LANDAC再生が音が良い理由 SFORZATO解説記事
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200103/64238/

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 機材の置き方はかなり苦労されているご様子ですね。

    私の所でも安いネットワーク端末でDAC接続してやっています。
    つなぐDACがしっかりしていればネットワーク端末部分はかなり安くてもまともに聴ける音になる感じですね。それだけハードウエアが安く作れるようになってきているということだと思います。高級機は作りにくい時代だと思います。

    HEOSだと割と簡単にファームアップで機能強化している感じなので、不満点は改善されていくと思います。

    ストリーミングはまだ始まったばかりの分野。まだいろいろありそうな予感がします。

    byうつみくん at2020-01-14 19:34

  2. 初めまして。

    PMA-150Hを使ってます。
    ご存知かも知れませんが、HEOSアプリのクオリティ設定がデフォルトでは「標準」になっています。「高音質」に変更することで音が良くなります。

    byルーシー父 at2020-01-14 20:21

  3. うつみさん こんにちは。コメントありがとうございます。
    置き場はご覧のように スペース全部使いきっており、これ以上は増やせないので色々考えてやっと決まりました。

    デジタルトランスポート部分は 性能進化、機能進化が速く お安い機器をはやめに買い替えで良さそうですね。マランツNA11S1が追加5万以下でこうも音質向上するのはびっくりです。

    HEOS APPはまず AmazonMusicHD クラウド上の登録情報を共有希望です。

    byYongJoon at2020-01-15 06:06

  4. ルーシー父さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    クロックのロックレンジをアジャストしてより高音質を狙う機能ですね、ありがとうございます。今は 評価する事が盛り沢山でもあり、エージング終わってから効果を確認しようと思います。

    PMA-150H 知りませんでしたが、HEOSプリメインアンプ、つまりミニコンポですね。知人にこの手の機種を好む人が多く 良さそうですね。

    byYongJoon at2020-01-15 06:11

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする