YongJoon
YongJoon
オーディオは私にとってはあくまでも手段、目的は快適な空間、さらに真の目的は明日への活力ですね。 音が最優先では無く、操作性、見栄え、価格の複数の観点のバランスで機器購入を決めてます。 最近…

マイルーム

防音ルーム20畳NetAudio
防音ルーム20畳NetAudio
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch
■部屋 20畳防音のAV専用ルームです。新築一戸建ですので、簡易的な音響効果を考えた簡易防音設計をしています。完璧防音ではありませんが、夜中に大音量再生行なっても、ご近所家族からクレーム…
所有製品

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

日記

STPオーディオ専用LAN(光アイソレート)の構築方法 AmazonMusicHD高音質化

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月07日


LINNはSTP LAN非推奨です。 STPアース経由でプレーヤーにノイズが入る為です。
http://linn.jp/lancableforlinndsanddsm/
> シールドのあるLANケーブルを使用した場合、ルーター、NAS、PCなどのネットワーク機器、他のAV機器などとグラウンドが繋がり外来ノイズがDS/DSMに流れ込むことで、低域のつまり、中高域のキツさなど音質劣化の原因となります。

ところが オーディオRCAケーブルはSTP同様外来ノイズシールド付きです。
オーディオ専用LANもなんとか外来ノイズシールドのSTP LANを構築出来ないか? 
自分としての「STPオーディオ専用LAN」の構築方法の結論です。
なお当方宅は田舎の一戸建て、外来ノイズは無線LANルーター親機子機、iPadセルラー、iPadWifi、iPhoneにガラケー、携帯電波強度も一般レベル と一般的家庭レベルです。




STPオーディオ専用LAN (光アイソレート)組むと、マランツNA6006でのAmazonMusicHD再生の音がNASのCDリッピング再生の音より良くなったのはびっくりしました。

なお、難しいので一般的にはUTP推奨で良いと思います。

◆概要:ノイズを出す機器を無くす、光の外に追い出す。
STPオーディオ専用LANは光LANで他の家庭内LANとは電気ノイズをアイソレートし、STPオーディオ専用LANにはノイズ発生源となる機器を一切接続しない。LAN接続のプレイヤー~DACにLAN通信ケーブル経由ノイズを伝えない為。
またSTPシールドアース経由でアースノイズも伝えない為。

例えば、スイッチング電源のミニコンポもSTPオーディオ専用LANへの接続NG

◆STPオーディオ専用LANは、以下のみで構成
・オーディオ専用ハブ (ローノイズ&高性能クロック)
・ネットプレイヤー
・オーディオ専用サーバー
・光メディアコンバーター :ハブに光LAN接続出来ればそれもOK、無線LANルーターとの接続は光LAN経由でノイズカット
なお、その後 オーディオ専用ハブは撤去、サーバーは無線LANハブに接続しました。

http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200209/64468/

◆なお、無線LANルーターにはUTP Cat6経由でミニコンポ、PCなどノイズの多い機種と接続OKです。

◆STP LANは両端アース接地推奨です。家庭内では難しいのでうちでは ノイズ吸収効果のある仮想アースを両端接地です。NAS、ハブ、プレーヤーに接続です。
Amazon MusicHD再生になると光メディアコンバーターに負荷がかかるので、今後光メディアコンバーターにもノイズ吸収効果の仮想アースを検討中です。小型でノイズ吸収をうたっているJOGO仮想アースは候補です。

◆電源コンセント経由ノイズ対策


光LAN経由の電気ノイズはカットされますが、電源コンセント経由のノイズが入ります。光メディアコンバーターの電源がノイズ多いと逆効果です。ACラインの電源ノイズフィルターなど強力にノイズ対策必要です。
うちでは FROM と TOはブレーカーで別のコンセントです。ACラインノイズフィルター2+2個、DCラインノイズフィルター1個使っています。
5Vモバイルバッテリーも試しましたがDCDC変換ノイズでしょうか?アナログ電源の方が良かったです。

◆LANケーブル UTP/STP音質比較
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20190223/61853/

(1)普通のCat6 UTPケーブル
(2)オヤイデ 707 STPケーブル
を音質比較しました。(2)の方がずっと良いです、即分かりますね。
(1)だと シャンティ音源がBGM調で軽い感じの傾向
(2)だと 生々しくリアル、低音はグッと低く切れ、ギターの余韻倍音がくっきり、ウィッシング オン ザ スター の、スタァ~~のリフレイン部分がよりはっきりと綺麗に消えて行きます。ここは特に注目している音ですが、LANケーブル一本でこうも変わるの?と今更ながら驚いてしまいました。

◆以下 別日記での私のコメントです。
LINNのUTP推奨理由は以下です。
http://linn.jp/lancableforlinndsanddsm/
> シールドのあるLANケーブルを使用した場合、ルーター、NAS、PCなどのネットワーク機器、他のAV機器などとグラウンドが繋がり外来ノイズがDS/DSMに流れ込むことで、低域のつまり、中高域のキツさなど音質劣化の原因となります。

AさんとこでUTPが良かったというのは、ノイズの多い機器が繋がっている という事ですね。

STPのオーディオの音質としての使いこなしには、ハブ、NASもローノイズのオーディオ専用機器 である事がMUSTで、これにPC接続などもしたい場合はSTP対応の光メディアコンバーター接続も必要になります。

RJ45でなく、TERAコネクタにSTPが理想ですが、実際の所 比較してみるとUTPよりRJ45のSTPの方が良かったりします。ただし光メディアコンバーター利用です。

>オーディオハブと 光メディアコンバーター接続のLANケーブUTP/STP音質比較
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20190223/61853/
> オーディオハブと 光メディアコンバーター接続のLANケーブル
(1)普通のCat6 UTPケーブル
(2)オヤイデ 707 STPケーブル
を音質比較しました。(2)の方がずっと良いです、即分かりますね。
(1)だと シャンティ音源がBGM調で軽い感じの傾向
(2)だと 生々しくリアル、低音はグッと低く切れ、ギターの余韻倍音がくっきり、ウィッシング オン ザ スター の、スタァ~~のリフレイン部分がよりはっきりと綺麗に消えて行きます。ここは特に注目している音ですが、LANケーブル一本でこうも変わるの?と今更ながら驚いてしまいました。

STP使いこなすには アースループ予防として まずはアース接続図を書く必要があります。
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20191109/63820/

いずれにせよSTPは使いこなしは難しいので、一般的には推薦出来ないと思います。ただし Aさんのご意見は、自分の使いこなしの問題をRJ45の問題にすり替えた話と思います。LAN接続図、アース接続図は書かれて公開しては如何でしょう?

テレガードナM12ハブの様に、ハブ側LANコネクタはノイズシールドガッチリ製品は出ても、オーディオ機器側はRJ 45が標準ですし、無いものねだりは私はパスです。RJ45で無い接続装備のオーディオ機器は高くなるでしょうし。

ノイズシールドの無いRCAケーブルは使いたく無いのと同様、私はオーディオ専用LANについては全てSTPが好みですね。


◆参考日記
LANケーブルのノイズ対策のために接地について教えてください。
というブログ & URLです。
http://community.phileweb.com/mypage/entry/4813/20200206/64448/#cmTop

https://www.tsuko.co.jp/pdf_qa/no22_qanda_2.pdf

>外来ノイズは、ケーブルが配置された環境に雑音源が存在したり、アースの良否に影響されます。外来ノイズの影響を少なくするために、シールドつきのツイスト・ペア・ケーブルを使うことがあります。これはSTP(Shielded Twisted Pair)と略称しています。これらのシールドは、その扱いを充分に注意しないと、効果がないだけでなく、悪影響を受けるので注意が必要です。

>シールド・ケーブルのシールドは1箇所でも破れや不連続点が存在すると、そこからノイズが集中して侵入する。 ゴム・ホースや水道管と同じで、破れや不連続点があってはならない。

>シールド・ケーブル両端接地が良く、片端接地は望ましくない
です。
 
以下私のコメントです。
nightwish_daisuさん 有益な情報ありがとうございます。 STP非対応のプラスチックLANポートの一般的なルーターに サーバーとPCを、STP LANケーブルで接続すると サーバーのバックアップ性能が1割ほど悪くなります。 
STP LANの両端接地していないからですね。STPシールドで拾った外来ノイズを接地で外に出す必要がありますから。

STP LANの両端大地接地、複数接地 を家庭で大地アースで行うのは現実難しく、うちでは「ノイズ吸収型の仮想アース」が良い効果でした。
サーバー ~ ハブ ~ ネットプレーヤ 3ケ所にノイズ吸収型仮想アースを接続しています。

で AmazonMusicHD再生ですと 光メディアコンバータ ~ ハブ ~ ネットプレーヤ 接続ですが、光メディアコンバータはSTP対応ですが、場所の問題でノイズ吸収型仮想アースの接続は今は無いです。
が、ちょうど JOGOから小型サテライトアースが発売されノイズ吸収効果をアピールされてますので、購入したい誘惑がでてきました。笑

ハブ〜ネットプレイヤー ハブ〜サーバーのLANケーブル比較は5年以上前の事です。自分のLANケーブルのレビューは私のレビューに記載しています。
STPだけでなく、硬いケーブルが音質は良かったです。振動しないからでしょうね。フレミング右手の法則で振動によりノイズがでますしね。

余談ですが、私は元電気メーカーですが、顧客への推奨は 自分に多くのクレームが付かない事を最優先とします。
> marantzはネットワークケーブルにフェライトコアを装着する事を『強く推奨』
は まさにその例と思います。STPは一般人には難しすぎでUTPがメーカー推奨はLinnも同じで、UTPの更なる使いこなしでフェライトコアは大変良い話と思います。
ただしマランツはLANにノイズが入っているを前提の良い方法ですが、私はLANにノイズを入れない事を重視です。どっちを好むか?好みですね。

元ルーターのソフト開発していた自分としては LANの外来ノイズシールドにこだわったという話ですね。わかってしまえば簡単です。メーカーの言い分を鵜呑み、言いなりは私はパスです。
SFPポートの光接続出来るオーディオハブが普及すればSTPオーディオ専用LAN構築も簡単になっていくでしょう。

◆参考日記
LANケーブル UTP/STP音質比較
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20190223/61853/

アース接続図改版 アースの私の使い方
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20191109/63820/

仮想アース2種2個追加
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20190325/62082/

光メディアコンバーターSETで無線LAN子機ノイズカット、 ストリーミング再生に特に効果
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20190112/61498/
>やはり 光メディアコンバーターSET経由したほうが。AppleMusicの松田聖子の音源 低域の切れ、生き生きした感じがUPし、かつ音数が増えます。

音質比較 AmazonMusicHD 対NAS再生はAmazonが上
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200126/64382/

無線LANオーディオ 再検証
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20180609/59671/
>雑誌 日経NETWORKという 技術系雑誌 2013年8月号に
「ネットワークオーディオに雑音が入る原因を突き止める」という記事があります。LANケーブルに電波ノイズをわざと入れて、音のノイズになる、という実験ですが、この電波ノイズ発信機が、アクセスポイント(無線LAN子機)で、LANケーブル接合部分にガムテープで密着させて、LANケーブルにノイズをわざと入れてます。
>無線LAN親機二階に設置し、親機子機を同じ部屋に設置しました。
前より多少音が良くなった気がしますが、うちの無線LAN親機子機だと、音はイマイチです。
(2)サーバー~親機~子機~レンダラー マランツNA11S1接続です。
(1)サーバー〜オーディオ専用ハブ〜レンダラーマランツNA11S1
の有線接続の方が 方がベールが1ー2枚剥がれ、冒頭の鈴の音の陰影感と揺らぎ、ボーカルのリアルさが違いますね。

◆ 他の方の日記
光ネットワーク恐るべし。効果てきめんでした。
http://community.phileweb.com/mypage/entry/2879/20200122/64355/

オーディオルームのハブーハブ間を光接続に。音がかなり改善します!
https://ameblo.jp/docono38/entry-12568994407.html

AmazonMUsicHDと光伝送オプティカルアイソレーション
https://ameblo.jp/tiromie/entry-12573438965.html

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. YongJoonさん
    おはようございます。

    1年以上前にYongJoonさんにアドバイス受けながらネットワーク周辺を見直し、劇的に音質改善できました。

    STPオーディオ専用LANは光で他の家庭内LANとはアイソレートされている状態です。
    現時点でもっとも気になるのはメディアコンバーターから侵入するノイズです。
    電源はAudio Designのリニア電源から供給していますが、更なる対策としてはハブとメディアコンバーターへの仮装アースを検討しています。

    メディアコンバーターは最近発売されたSONOREのopticalModuleも気になります。

    byvanilla at2020-02-07 07:25

  2. vanilla さんおはよう御座います。コメントありがとうございます。ハブにノイズ吸収型仮想アースはお勧めです。メディアコンバーターにもやってみたいです。

    メディアコンバーターは最近発売されたSONOREのopticalModule は、今朝 Mixiでコメントしたばかりです。私も感心ありありです。

    https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6253388&id=81651901

    > ご紹介ありがとうございます。

    > オーディオグレードをベースにしたハードウェア構成
    高品質超低ノイズのレギュレーター
    単一周波数超低ジッターFemtoクロック

    光でノイズカットされるだけでなく、光LANのクロック性能も良さそうですね。
    ハブの光データ受信は、送信側光クロックを使うので、AmazonMusicHDとかのストリーミング再生の音質向上にもなるかも?しれませんね。私も感心あります。

    レポートよろしくお願いします。

    byYongJoon at2020-02-07 09:48

  3. YongJoonさん

    オヤイデ 707 STPケーブルのページには

    >IS-707 イーサネットケーブルは伝送ロスを抑え正確なデータ転送を実現するために最上位のカテゴリー7仕様になっており、CAT5e の6 倍、CAT6の2.4 倍の伝送帯域をクリアし、10G BASE-T に完全対応。…

    と謳っています。ところが、一番下欄の注記には

    >プラグは様々な音響映像機器に対応するためRJ45 を採用しており、アセンブル製品IS-707 RJ はRJ45 コネクタ使用機器で最速のカテゴリー6A 対応になります。

    としています。まあ、確信犯なんですね。だからちゃんと赤字で断り書きしている。私が、承知しておいたほうが良い、と言っているのはこのことです。


    私は、シールドの効果等を否定しているわけではありません。

    私が良いと言っているのは、単なるUTPではありません。「CAT6a F/UTPケーブルが一番音が良い」と言っているのです。CAT6aでは、外部被覆にアルミフォイルのシールドが施されています。また、4対のTPケーブルを隔離するように十字セパレーターが入っています。STPのように個別導線はシールドしていないだけで他はほぼ同じ仕様なのです。

    オヤイデ 707 STPケーブルは、『外来ノイズに強く、自己輻射ノイズの遮蔽効果にも優れ、エイリアンクロストークも防ぐ構造になっています』としていますが、その点では、+被覆シールド&セパレーターのCat6aで十分ではないか!というのが私の感覚なのです。そのほか707では銀メッキだとか、太めの単線とか被覆材のことなどでもコストをかけているようです。それはそれで効果があるかもしれません。そういうことを否定しているわけではありません。YongJoonさんのレポートはいろいろ参考にしていますよ。

    光は、電気的なノイズ伝達を断ち切るということでは有効だと思います。先日もオフ会でその効果を垣間見ました。注目していますが、いざ自分のシステムにどうやって導入するのか、考えあぐねています。構想を温める段階も楽しいですよ(笑)。

    byベルウッド at2020-02-07 09:56

  4. ベルウッドさん こんにちは。コメントありがとうございます。

    オヤイデ 707にかぎらず 市販のCat7は ケーブルはSTPでコネクタはカテゴリー6A というのは、皆さん承知の話とおもいます。5年ほど前 この件話題になりました。

    https://www.shop-jspcaudio.net/shopdetail/000000000033/
    >ケーブルの規格はCAT7 LSZHシース 1200MHz、コネクターはCAT6Aとなります。

    707はケーブルのシールドよりテレガードナーのコネクタの頑丈さと見た目が気に入って購入です。うちのハブに接続のLANポートはほぼテレガードナーで統一です。

    正直いえばハブ~プレーヤ 部分での707の音はいまいちです。同じテレガードナー端子でもケーブルがいまいちぽいです。笑

    あと Cat7が一般家庭で必要ない話題は2013年ごろの話ですが、これはオーディオではない通常のPCとかの利用の話です。STPオーディオ専用LANでの音質向上はそれはそれは素晴らしいです。


    勉強不足ですみません。以下の件教えてください。

    >CAT6aでは、外部被覆にアルミフォイルのシールドが施されています

    の件ですが、例えば NAS ~ LAN ~ハブ 接続でこのシールドで NAS とハブは導通するのでしょうか? 

    もし導通していないと STPの両端接地なし、と同様 BitErrRateが上がって性能が落ちそうにおもいます。まあ そんなことはないでしょうね。

    DELAのハブに光入力ができ オーディオ光LANが今後広まると良さそうに最近感じます。

    私ではないのですが、Mixiのほうでもレポートが出る期待です。

    IOさんもオーディオハブの企画ありますのでユーザの声としてお知らせしようと思います。

    また色々と情報交換 よろしくお願いします。 

    byYongJoon at2020-02-07 11:18

  5. 文面訂正します。

    >例えば NAS ~ LAN ~ハブ 接続でこのシールドで NAS とハブは導通するのでしょうか? 

    例えば NAS ~ LAN ~ハブ 接続でこのシールドで NAS とハブのアースは導通するのでしょうか? 

    byYongJoon at2020-02-07 15:17

  6. YongJoonさん

    >NAS ~ LAN ~ハブ 接続でCat6Aのアウターシールドで NAS とハブは導通するか?

    成端処理次第ですが、答えはYesです。

    アルミフォイルにはドレイン線が付いています。このドレイン線を外被に巻き付けコネクタプラグの金属ケースとカシメることで接触接続します。この金属ケースはコネクタ本体のシールドも兼ねています。そのコネクタを金属製のジャックに差し込めば、このコネクタジャックの金属ケースはシャシーに導通していますのでフレームグラウンドされます。この結果、NASとハブは、導通します。これでLANのケーブルシールドは並列接地されることになります。

    LINNがSTP非推奨なのは、こうしたことが徹底していない機器とつなぐと、シールドが片接地になりかえってノイズを拾うからなのだと思います。

    byベルウッド at2020-02-07 18:22

  7. ベルウッドさん おはようございます。レスありがとうございます。

    成端処理でSTPになるイメージですね。私なんぞ 自作工作が面倒に思う人なので、最初からSTP仕様を買ってしまいます。LANケーブルはオヤイデ707でも金額は知れてる、というのも理由です。

    成端処理を全くしない場合、STPで両端接地されていないのと同じでしょうか? だとしたら危ない感じします。以下と同じ状況になってしまいますね。

    > STP非対応のプラスチックLANポートの一般的なルーターに サーバーとPCを、STP LANケーブルで接続すると サーバーのバックアップ性能が1割ほど悪くなります。  STP LANの両端接地していないからですね。STPシールドで拾った外来ノイズを接地で外に出す必要がありますから。

    色々と情報交換頂き感謝いたします。今後もよろしくお願いします。

    byYongJoon at2020-02-08 05:21

  8. YongJoonさん

    「成端」というのは、要するにケーブルの両端にプラグをつける作業になります。

    こちらをごらんください。

    https://haisenrescue.com/blog/cat7以降で使うstpケーブルってなに%ef%bc%9f/


    こちらでは、「STPケーブル用のRJ-45プラグ」として金属シールドのあるプラグとその成端処理法を紹介しています。テレガードナーのMFP8もこれにあたります。

    ただし、本当にこれでCAT7の仕様になるのかいな?という疑問が残ります。というのも、肝心の対撚線のシールドはアースされないからです。やはり、金属シールドプラグはCAT6A仕様だというように思えてなりません。



    以下は蛇足ですが…

    このホームページでも『STPを使用する場合の接地とは、一般家庭でのアースとは異なります。…(略)…このような理由から、一般家庭のSTPケーブル使用を推奨していません。』と明記しています。CAT6で十分…とも。

    CAT7は工場などノイズだらけの環境で大量のデータをやりとりするためのものだとも書いています。私がCAT6で十分というのは、それは私がノイズだらけだからだ…というYongJoonさんの言い分は論理がちょっと真逆でムリがあると思うのですが…。

    byベルウッド at2020-02-08 10:14

  9. ベルウッドさん、レスありがとうございます。
    私はCat7の構築のこだわりは無いです。RCAケーブル同様のノイズシールドがLANケーブルでも音質上好ましい効果があったいう事です。

    ここは論より証拠、百聞は一見にしかず。まずは光LAN導入されては如何でしょう? 光LANでノイズカットした、UTPオーディオ専用LAN
    も良いと思います。
    vanillaさんも、最初コメントにある様に STPオーディオ専用LAN 光LANアイソレートの音質効果を書かれています。

    ちょうどレパードさんが良さそうなSFPポート光LAN入力のハブと、高性能クロックのオーディオハブ ThunderData Bonn N8の組み合わせを紹介されました。 コスパも良さそうに思います。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3406/20200208/64456/#cmTop

    ◆光LAN対応ハブ
    NETGEAR ギガビット8ポートSFP 2ポートアプリ&クラウドスイッチ GC110

    4ポート+SFP(5A 1A)の「TEG-S51SFP」 はAmazonで約9000円でした。

    ◆高性能クロックオーディオハブ ThunderData Bonn N8
    https://www.oliospec.com/shopdetail/000000008511/
    > クロック信号の正確な制御
    Silent AngelがカスタマイズしたTCXO(温度補償水晶発振器)は非常に正確です。精度は0.1ppmで、通常の水晶振動子よりもはるかに高く、通常のTCXOよりも高くなっています。
    > 電源回路用のノイズ除去率17dBの2つの電気ノイズ分離回路。クロック生成回路用のノイズ除去率20dBの2つの電気ノイズ分離回路。

    接続は
    ルーター → GC110 → 光ファーバー → 光メディアコンバーター → Bonn N8 → fidata

    ◆PS 私の光LANでの音質比較
    >オーディオハブと 光メディアコンバーター接続のLANケーブUTP/STP音質比較
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20190223/61853/
    > オーディオハブと 光メディアコンバーター接続のLANケーブル
    (1)普通のCat6 UTPケーブル
    (2)オヤイデ 707 STPケーブル
    を音質比較しました。(2)の方がずっと良いです、即分かりますね。
    (1)だと シャンティ音源がBGM調で軽い感じの傾向
    (2)だと 生々しくリアル、低音はグッと低く切れ、ギターの余韻倍音がくっきり、ウィッシング オン ザ スター の、スタァ~~のリフレイン部分がよりはっきりと綺麗に消えて行きます。ここは特に注目している音ですが、LANケーブル一本でこうも変わるの?と今更ながら驚いてしまいました。

    byYongJoon at2020-02-08 11:16

  10. ベルウッドさん、もう一件ありました。

    > やはり、金属シールドプラグはCAT6A仕様だというように思えてなりません。

    はい、昔からプラグはCat6Aと認識しておりました。昔以下説明を見たからですね。
    https://www.shop-jspcaudio.net/shopdetail/000000000033/
    >ケーブルの規格はCAT7 LSZHシース 1200MHz、コネクターはCAT6Aとなります。

    再度かきますが、私はCat7構築のこだわりは無いです。LANケーブルにシールドついてシールド経由でアース接続されれば音質上 予想以上の効果がうちでは ありました。
    > (2)だと 生々しくリアル、低音はグッと低く切れ、ギターの余韻倍音がくっきり、ウィッシング オン ザ スター の、スタァ~~のリフレイン部分がよりはっきりと綺麗に消えて行きます。ここは特に注目している音ですが、LANケーブル一本でこうも変わるの?と今更ながら驚いてしまいました。

    世間一般のLAN業者が家庭内LANでSTP否定は2013年からの話題ですし充分知ってます。オーディオメーカーのLINNですらSTPを否定しています。
    ですが 私はあえて
    STPオーディオ専用LAN(光アイソレート)を 使います。
    難しいので多くの人に推奨出来るものでは無いですが、私以外にも、vanillaさんのようにこだわりの人には素晴らしい効果が出ているので、参考にしたい人は是非どうぞ というスタンスですね。

    なお、私はメーカーの言いなりにはなりません。自分の実験の事実と、自分の耳を信じます。自分のポリシーです。

    byYongJoon at2020-02-08 11:48

  11. 早速ですが、ほかの人からもDELAオーディオハブの光LANと光メディアコンバーター使ってAmazonMusicHD再生ブログが出ていました。

    AmazonMUsicHDと光伝送オプティカルアイソレーション
    https://ameblo.jp/tiromie/entry-12573438965.html

    光LANアイソレートさえ導入出来れば、STP UTPの選択は簡単でどうにでも出来ますね。

    私も光LANアイソレートは Amazon MusicHDのハイレゾストリーミングの音楽改善に威力抜群と思います。CDリッピング音源のNAS再生よりAmazon MusicHDストリーミング再生の方が音が良いのはびっくりです。凄い時代になったと思います。

    光LAN対応ハブでは、光ケーブルと光メディアコンバーターの選択がハードル高めですので、ハブの企画構想のあるIOさんには ハブの通販ページからお勧めの光ケーブル、光メディアコンバーターを選択出来るよう検討お願いしました。
    より多くの人に、低価格で簡単にハイレゾストリーミングの高音質が入手出来る様になれば嬉しいです。

    byYongJoon at2020-02-08 15:20

  12. 横ヤリ失礼致します。

    UTPとSTPの比較はフェアな状況下で行われましたか?

    私が言いたいのは、実際にLANケーブルを作ると分かるのですがシールドの有無は勿論の事、線材やプラグでも音が異なるからです。

    私はオヤイデIS-707、Viablue EP-7s SilverにてSTPとして作った物と線を一回全部バラしてアルミフォイル(シールド材)を除去してUTP化した物とを作成し試聴致しました。
    勿論長さとプラグも同じ物を使用してです。

    結果的には全バラUTP化した物の方が良好と感じました。
    実験として、シールドとドレインをあえてプラグに接地させずに作ったシールド付きUTP使用も試した所これが良かったのです。

    LANの規格は重々承知の上での規格外利用ですが、実際の出て来る音が全てである!と捉えて私はこうした使い方もアリだと思っています。

    byおいけ at2020-02-09 23:54

  13. おいけさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    おいけさんの比較は 光アイソレートした状態でしょうか?STPの問題はシールド経由でレンダラーにノイズが入る事ですので、光アイソレートはMUSTです。

    なお、私の比較はフェアでは無いです、公的検査機関では無いですから。自分の購入したケーブルでSTP UTPどっちがいいか? の判断結果を日記しております。またケーブルも長いのでUTPが不利な環境とも思います。
    個人の日記ですので、内容に同意するしないは皆さんご自由にどうぞ、ご参考にしたい人には是非どうぞ、というスタンスでアドバイスしまし。Vaniraさんの最初のコメントがその結果です。

    > 1年以上前にYongJoonさんにアドバイス受けながらネットワーク周辺を見直し、劇的に音質改善できました。STPオーディオ専用LANは光で他の家庭内LANとはアイソレートされている状態です。

    YongJoonの言ってる事は間違っていると思うのも当然OKです。
    ただ 光アイソレートは当初費用も知れていますので、百聞は一見にしかず、とは思います。

    私の個人的な好みですが、シールドの無いRCAケーブルは使いたく無いのと同様 オーディオLANケーブルにシールド無しはパスしたかったのです。

    なお、レパードさんもUTPから Cat8 STPケーブルのオーディオ専用LAN 光アイソレート組まれましたね。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3406/20200209/64466/

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3406/20200203/64439/

    かなりお高いケーブルとの事です。それだけ効果を感じられたのでしょう。以下コメントついています。
    > これまでのLAN のノイズ対策の結果、S/N比があがり、高音がなめらかな音になりました。まるで音の粒が揃ったようです。

    今後も光LANアイソレートの人は増えると思いますが、その状態でのUTP、STP比較結果は個人的には注目です。

    byYongJoon at2020-02-10 07:39

  14. 続きです。

    >LANの規格は重々承知の上での規格外利用ですが、実際の出て来る音が全てである!と捉えて私はこうした使い方もアリだと思っています。

    Cat7はRJ-45が規格にないですが、Cat8は規格にありますね。
    Cat8の解説です。
    https://hermitage-netaudio.com/lan-category8/2/
    > またカテゴリー7では対応していなかったRJ-45コネクタに対応したリンククラスI(カテゴリー8.1)が設定

    8.1はSTPで、コネクタRJ-45、
    8.2はSTPで、コネクタRJ-45以外

    かなり昔TCP/IPの規格作り側に少し絡んだ事もありますが、規格に無いからダメではなく、規格が進化すべき事も多かったです。

    個人的には Cat7でもRJ-45対応があって良いのでは?と思います。

    ただ LANの規格ではオーディオの音質は考えてないでしょうし、安全であれば 規格外の利用はありと思います。
    家庭内の個人用途ですから、安全第一で音が良ければ私は使いますね。

    費用もらってのプロとしてのLAN工事では規格外は私ならパスします。保障問題ありますし。

    byYongJoon at2020-02-10 09:38

  15. 続きです。
    なお、LANケーブルのSTP UTP選定は価格もしれていますし。とりあえずお安いケーブルで比較して自分の環境との相性を確認してから STP UTPの選定をきめ、上位ケーブルにステップアップで良いと思います。

    費用かけないならケーブルの音の違いも楽しいです。割と気軽にケーブルの違いを楽しめる部分ともおもいます。

    光LANアイソレートとノイズを出す機器を接続しないを前提に 私、vanila さん、レパードさんの3名はUTPでなくSTPを好んだのは事実ですね。レパードさんも以前つかっていたUTPの高級ケーブルは別の所に回されています。

    byYongJoon at2020-02-10 12:01

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする