ナショナルキッド
ナショナルキッド
オーディオは"廉価に"、且つ、"繊細で透明で自然な音"がポリシーです。尚、時代を先取り、"車・携帯は持たない派"です。

マイルーム

Hi-Fiとサラウンドの部屋
Hi-Fiとサラウンドの部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~4ch
HIFI(2ch) 用とサラウンド(4ch) 用の2系統で楽しんでいます。 部屋は簡易防音(壁材・床材2重張)です。  正面は、 左側は、 配置は、 システム構成は、 オーディオラックの収納と配線…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

日記

チャネルデバイダ製作

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年04月10日

 今まで、スピーカーは3ウェイでしたが、低域と中高域丈を2ウェイのチャネルデバイダで分けたマルチアンプ方式(、中高域はLCネットワーク方式)で、完全なマルチアンプ方式ではありませんでした。
 そこで今回、新たに3ウェイのチャネルデバイダを製作し、3ウェイ3アンプ方式の完全なマルチアンプ方式に変更しました。使用ユニットは、低域がJBL 2215A、中域がJBL LE85+コーラルAH500、高域がFostex T925、で各クロスオーバは370Hzと5.4kHzです。

 正面は、
 内部は、
 参考まで、チャネルデバイダの回路図です。仕様はリンクウィッツライリー24dB/octでローブースト機能も入れました。尚、メインアンプは全てラックスA501です。

補足
 今回はリンクウィッツライリー型を採用しましたが、この方式は要注意である事が分りました。それは、クロスオーバ部が正相、或は、逆相の関係丈なので、位相/音圧が理想ではない現実のスピーカシステムでは正相でも理論上確率的にどうしてもディップを生じてしまうという事です。
 今まで、18dB/octバターワース型を使っていましたが、こちらはクロスオーバ部の位相が 90゚ 関係故、良くも悪くもピーク/ディップを生じました。然し、こちらの方が肩特性も優れ 且つ、現実のスピーカシステムに適していたので、結果的には良い特性/音質が得られていました。依って、今後、18dB/octへの対応も検討したいと考えています。
 又、オペアンプを当初5532にしましたが、該オペアンプはフィルタ回路では、起動時に多くの確率で出力がVccにラッチアップする事が判明し、5532系以外のオペアンプである2068等に変更する事で対策しました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. はじめまして。

    チャンデバ製作できるなんて羨ましいです。

    ちょっと気になるのですがJBL LE85+コーラルAH500で370Hzは難しくないですか?
    A7の802D(1インチドライバー)+511Bでは500Hzでもきつくダブルで使っています。

    byVOTTA7 at2013-04-10 22:50

  2. VOTTA7さま
     ご指摘の通りで、ホーン自体500Hzから音圧が下がっています。今回、
    1.大音量では鳴らさないので。
    2.ウーファの分割共振領域を避けたいので。
    3.ウーファの再生帯域が400Hzなので。
     と言う理由で、(デバイダを24dB/octと急峻にした事もあり)
    無理をして370Hzまで使ってみました。
    現在の所、通常音量では問題は無い様ですが、暫く様子見します。
     

    byナショナルキッド at2013-04-11 07:13

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする