ナショナルキッド
ナショナルキッド
オーディオは"廉価に"、且つ、"繊細で透明で自然な音"がポリシーです。尚、時代を先取り、"車・携帯は持たない派"です。

マイルーム

Hi-Fiとサラウンドの部屋
Hi-Fiとサラウンドの部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~4ch
HIFI(2ch) 用とサラウンド(4ch) 用の2系統で楽しんでいます。 部屋は簡易防音(壁材・床材2重張)です。  正面は、 左側は、 配置は、 システム構成は、 オーディオラックの収納と配線…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

3Dシステム製作

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年08月20日

関連する前の日記

 3ウェイの3Dシステムを製作しました。
 使用ユニットはFostex FT96H (5KHz~)、ParcAudio DCU-F081PP (100Hz~5KHz)、Fostex FW208N (~100Hz)。

 板取は、 上記の詳細(PDF)

 中高音部 (5.8L) は、 尚、3Dシステムとする場合、中高音部のポートを塞ぎ密閉型とし、音質劣化を防いでいます。

 一見スピーカに見えない?低音部 (44L) は、 尚、上下分割可能で分割時は25Lになります。

 低音部の底は、 尚、通常は低音部のポートを塞ぎ密閉型とし、ローブーストして使用しています。

 ネットワーク回路は、
 及び、この為に製作したチャネルデバイダ

 周波数特性 (青:密閉、黒:バスレフ、赤:密閉+ローブースト) は、 スコーカの 2kHz の難を除きほぼフラット。

 尚、3Dシステムは省スペース/廉価の手段丈ではなく、低音部をより最適な位置に配置できるので良好な音質が有られる事も大きなメリットです。 

関連する次の日記

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1.  小高さんこんにちは。

     サブシステムも色々頑張っていますね。2kHzのディップはバッフルのエッジ反射でしょうか。

    byケン at2014-08-20 08:39

  2. ケンさんこんにちは。
     エッジ反射では無い様です。 
     左右共同様の特性、且つ、バッフルに付けなくとも同じ特性でした。又、試しに別メーカのユニットに交換した所、該ディップが無くなりましたので、このユニット自体の特性と考えています。
     →後ほど報告の予定....。

    byナショナルキッド at2014-08-20 09:58

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする