ナショナルキッド
ナショナルキッド
オーディオは"廉価に"、且つ、"繊細で透明で自然な音"がポリシーです。尚、時代を先取り、"車・携帯は持たない派"です。

マイルーム

Hi-Fiとサラウンドの部屋
Hi-Fiとサラウンドの部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~4ch
HIFI(2ch) 用とサラウンド(4ch) 用の2系統で楽しんでいます。 部屋は簡易防音(壁材・床材2重張)です。  正面は、 左側は、 配置は、 システム構成は、 オーディオラックの収納と配線…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

続サラウンドデコーダ製作4

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月07日

関連する前の日記

 前回製作機はCBSソニーSQ方式丈にステアリングロジックを搭載したQS/SQマトリクス4チャネル音源再生用でしたので、今回は山水QS方式にステアリングロジックを搭載したQSマトリクス4チャネル音源再生専用のサラウンドデコーダを、今回もP板を起こして製作してみました。

生基板は、
実装して、
 参考までに回路図です。 (部品点数は390点程)

 今回、山水QS方式のステアリングロジックは通常使われるクロストークキャンセル方式のステアリングロジックです。 又、横方向も良好な定位を得る為に、後方の移相を±90°ではなく±60°方式にしました。

追伸
 動作には影響ないですが、回路図自体のミスでDRCで気付かず、右下の方向表示LEDが左右逆でした。 幸いにも、パターン修正は容易でした。

パターンカットとジャンパーで、
関連する次の日記

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする