ナショナルキッド
ナショナルキッド
オーディオは"廉価に"、"繊細で透明で自然な音"がポリシーです。尚、時代を先取り、"車・携帯は持たない派"です。

マイルーム

Hi-Fiとサラウンドの部屋
Hi-Fiとサラウンドの部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~4ch
HIFI(2ch) 用とサラウンド(4ch) 用の2系統で楽しんでいます。部屋は簡易防音(壁材・床材2重張)です。  正面は、 左側は、 配置は、 システム構成は、 オーディオラックの収納と配線は、…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

日記

ステレオパワーアンプ製作

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月04日

関連する前の日記

 再び、小型パワーアンプです。 出力は4Ωで20Wx2 (rms) / 80Wx2 (max) です。
 今回は電圧増幅/バッファをオペアンプ、電力増幅をディスクリートで構成した回路とし、P板を起こして製作しました。

 外観は、 寸法は巾250、高さ100、奥行き220、重さ4kです。

 内部は、 
 参考まで、回路図P板 を示します。 DCサーボ回路も入れていますが、(ディスクリート部のゲインを低くしたこともあり、)無くても問題がない事が分かり、DCサーボは(音質劣化要因の一つでもあるので)通常は無効としています。

 回路は以前、パワーオペアンプ使用の 6chアンプ ステレオアンプ を製作した所、期待以上の高音質が得られた為、該パワーオペアンプの内部等価回路を参考に設計しました。 結果、今回製作のディスクリート版は、パワーオペアンプ版に可也肉薄したクリアでパワー感のある音質を得られ、及第点は取れた様に思います。

 所で、P板の埋め草でレベルメータ回路も入れましたが、入力段の 20kHz カットのフィルタはSACD再生時の高域ノイズで(無音でも)メータが盛大に振れる事を防ぐ為のものです。 尚、メータ自体はパネルに未だ実装していません。

関連する次の日記

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする