turisukida
turisukida
ジャズの演奏のPAと「生録音」を頼まれるようになり、すでに20年たちました。ジャズ界の大御所「前田憲男さん」との付き合いもあり、多くのライブハウスやコンサートでの録音を残しています。ポップスや、シャン…

マイルーム

PA用スピーカーの改造品と、自作Dクラスアンプ
PA用スピーカーの改造品と、自作Dクラスアンプ
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
本業は3年前までPA業でした。JBLプロフエッショナルシリーズ 3WAYとスーパーツィターにJBL2405で4wAYでした。セットは4セットと、24CHミキサー2台でした。 しかし、音楽の再生と…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気にいられユーザー

日記

PCオーディオのトラブルは自作機のPCの電源に有りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月13日

メインで3年ほど使ったPCのHDDが1年未満なのに「カコン・カコン」と音がするのと、USB出力が突然止まり、また「ドライバーソフトをインストールしています」という表示が度々起きるようになりました。 HDDのチェックは「CLYSTAL DISK INFO」というフリーソフトを常駐させていますが、「CRCエラー」が増えたという警告が出ました。

そこで、マザーボードを交換したが、まだ同じ症状に。結局使っていないPCから電源を外して、ダンボールの上でCPU<メモリー1枚刺しの最低状態でBIOSをチェック、エラーが出ないので、電源を落として、OSを入れてあるSSDを刺して、再起動したら、メッチャ早く立ち上がります。まあ、実際には 2TBのHDDが3台S-ATA6Gで繋がるので、システムを組み合わせて、箱に入れて、再起動したら、やはり、早く立ち上がりました。電源を交換して以来、3日経ちますが、「カコン・カコン」の音はしなくなりました。USBのドライバーも瞬時に読み込むので、結局 電源の「瞬間停電」だということに気づきました。

1万円前後の600Wの電源でしたが、やはり「MADE IN CHINA」は怖いです。

今現在、バックアップのPCが無いので、パーツをそろえています。後は電源と、CPUをCor-i7 の何番を使うかです。それで、マザーボードは進化させて、LGA1150にしたので、H8シリーズになるでしょう。但し、「映像のデコード、エンコードをGPUにするので、GPUも少し早いものにするのと、「空冷ファン」の問題です。

リテールについているヒートシンクは、エンコードで FULL HDを出力すると、80度を超えます。そこで、以前使っていた LGA775のヒートシンクに12Cmのファンと、回転制御を付けて、2500回転まで上げてみました。そしたら、70度まで下がり、現在も問題なく動いています。

中古のLGA775ヒートシンクと、回転制御付きのファンで、リテールのクーラーからファンを外し、ヒートシンクは、1mmのエナメル線で固定。その上に丈夫な和紙でできた「逆ラッパ形の冷却用の壁を作っています。ボンドと瞬間接着剤で固定しています。完全に下を塞ぐと、熱が逃げないので、2cm隙間を空けて固定しています。

次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. turisukidaさん、こんばんは。

    >1万円前後の600Wの電源でしたが、やはり「MADE IN CHINA」は怖いです

    turisukidaさんの仰るとおり、電源は重要ですね。

    私も一時、ATX電源の劣化に困った時がありましたが、現在はノートラブルです。

    私の気を付けている事は、高TDPのCPUを使う場合はファンレスATX電源にしないことと、ATXケースの電源搭載位置は一番下のものにすることですね。

    高TDPのCPUから放射される高温の熱を吸い込んでしまうと、主にATX電源内部のコンデンサーの劣化が激しくなります。
    その証拠に、電源部のコンデンサーを新品に交換すると、何があったか?というくらいに安定して動くようになります。

    コンデンサー交換する場合は、低ESRと耐熱105℃品は必須で、コンデンサーケースはスリム型を選ばないとケース基板に入らないことがあります。容量は3000μ~4000μF辺りがよく使われますね。

    ケース電源搭載位置を一番下にしますと、CPUの熱を吸わなくなりますので、ATX電源の劣化が押さえられますのでお試しください。

    byへっぽこハム太郎 at2014-06-13 01:09

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする