spcjpnorg
spcjpnorg

マイルーム

オリジナルボックス各種へのリンク
オリジナルボックス各種へのリンク
【2016年版】 http://community.phileweb.com/mypage/entry/3708/20161231/54195/
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

■オーディオ用語の基礎知識■~フルレンジスピーカーの「標準振動板面積」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月13日

●標準振動板面積=(ユニット口径×0.8÷2)の二乗×π[円周率]●


同じ公称サイズでもメーカーによって振動板面積にかなりの差があるので注意が必要です。

■メーカー毎の振動板面積
  (2015/09/12調べ)

スキャンスピークの10cmとマークオーディオの8cm、5cm各ユニットは要注意。
特にマークオーディオの5cmは実質7.5cmになるので、要々注意(笑)
Alpair5は公称5cmですが、何を基準に決めているのか分かりませんね。
新型のAlpair5v2(28.27c㎡)はフォステクスの8cmと同面積だし、何が何やら~~~???

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

この記事はレスが許可されていません