spcjpnorg
spcjpnorg

マイルーム

オリジナルボックス各種へのリンク
オリジナルボックス各種へのリンク
【2016年版】 http://community.phileweb.com/mypage/entry/3708/20161231/54195/
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

■オーディオ用語の基礎知識■~エンクロージャー方式とサウンドパフォーマンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月29日



【代表的なエンクロージャー形式・方式】
・密閉
・バスレフ
・ダブルバスレフ
・ダンプドバスレフ
・多段バスレフ
・平面バッフル
・後面開放
・ドロンコーン(パッシブラジエーター)
・フロントロードホーン
・バックロードホーン(BH)
・バックロードバスレフ(BHBS、ダブルバスレフの第2室をホーン形状にしたシステム)
・ダンプダクトバックロード(DD-BH、BH開口部をバスレフダクト化したシステム)
・共鳴管(Resonance Tube System)
・RTS-BS(RTSバスレフ、共鳴管開口部をバスレフダクト化したシステム)
・音響迷路
・トランスミッションライン(TLS)
・TLS-BS(TLSバスレフ、トランスミッションライン開口部をバスレフダクト化したシステム)
・TQWT(Tapered Quarter Wave Tube、テーパード・クォーター・ウェイブ・チューブ)
・TQWT-BS(TQWTバスレフ、TQWT開口部をバスレフダクト化したシステム)

等々。

他、分類できない形式多数有り。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

この記事はレスが許可されていません