RYO@r56
RYO@r56
2012年の春、突然オーディオを始めました。 こんなに熱中することになるとは夢にも思いませんでした。 オーディオ2年目の初心者で分からないことだらけですが、 諸先輩のページをたくさん参考にさ…

マイルーム

White room.
White room.
持ち家(戸建) / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~4ch
初めはPCオーディオからスタート。 その後ネットワークプレイヤーへ進み、 現在はCD&Blu-rayで楽しんでいます。 寝室なので配置にはかなり制約があります。 配置転換を繰り返し…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

また少し変化。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年09月17日

前回の更新から一カ月経過しましたが、お部屋がまた様変わりしてしまいました。

順番としては、


■OPPO BDP-105JPのアナログマルチチャンネル出力を利用して4ch化。

・スピーカーは色々視聴させてもらった結果、JBL CONTROL1にしました。
一応サラウンド用ですが、たまに単体でも聴いています。

・アンプはMUSE M50というTIのICを使った小型のもの。以前聴いたことがあったのですが、格安の割には結構まともに鳴ってくれます。

ブルーレイをサラウンドで見たいと思ったので、まず遊びの範疇で初めてみました。OPPOのボリュームは使っていないので、フロントとサラウンドのレベル合せが面倒ですが、OPPOの設定画面でスピーカー距離やレベルなどある程度調整できるので、まずそれなりに鳴るようにはなりました。

操作性等考えても本格的な部分はやはりAVアンプが必要だなぁと強く感じましたが、しっかりとしたカタチで導入したいので、しばらくはこれで遊ぼうと思いました。


■TRIODE RUBY導入。

結構前から真空管アンプには興味があり、試しに聴いたところ結構ツボにはまって(?)しまいお持ち帰りとなってしまいました。10万そこそこクラスだと大抵プッシュプルAB級がほとんどですが、RUBYはシングルA級というところに惹かれました。

今メインのB&W PM1とJBL CONTROL1で聴いてみましたが、90dB以内の音量で聴くならこれで十分な気がします。たしかにレンジの狭さ(PM1の場合特に低域)は感じますが、欲しい音が前にスパッと出てくる感じはPM-11S3より良好に感じる場合もあります。その後SOVTEK管に変更したところ解像度も向上して、かなり気に入りました。

サラウンド用にも使っていますが、その場合だとやはり少々出力が不足気味ですが、かえってライブ盤ブルーレイの場合だと、つながりが良くてこちらを使用することもあります。

いつかは大型の真空管アンプもアリかもしれません…。




■FOSTEX CW200A導入。

TRIODE RUBYを導入してから、普段メインのB&W
PM1+マランツPM11S3を聴いていると、低域のボアついて聴こえるようになってしまいました。だからといってバスレフポートふさぐと全然スカスカです。低域をコントロールする道具として禁断のサブウーファー導入に至りました。

FOSTEX CW200Aのユニットは20cmですが、本体は30cm角なので現状ではこれでギリギリで、かなり狭くなりました。導入当初の印象はいまいちでした。量感も出ないしどうもピンとこない。家はわりと床はしっかりしている方だと思いますが、翌日コンクリ(300×300×70mm
12kg)を買ってきて敷いたところ大きく改善して、やっとスタートラインという感じでした。

当初はPM1のバスレフポートを塞いでセッティング開始しましたが、この場合だとクロスオーバーを高めにしないといけないので却下。バスレフポートは解放でピンクノイズで計測すると、部屋の特性もあると思いますが90~110Hzあたりがどうしても盛り上がってしまい、これが曲によってはとてもボンついて感じる要因と考え、トーンコントロールで-4dB(曲によっては-6dB)下げて、代わりにCW200Aのボリュームを上げました。結果簡易的な測定では概ね良好な値になりました。ちなみにボリューム位置は約15時+くらい、クロスオーバーは下限の50Hz。右チャンネルからのアドオン接続ですが"サブウーファーからなっている感"も感じられません。

密閉型で20cmユニットなので限界はありますが、他から苦情が来ない範囲内では限界値くらい?の低域は出るようになったと思います。EAGLES
HELL FREEZES OVER(xrcd2)のホテルカリフォルニア冒頭の「ズンッ!…」は結構良い感じでドカンと鳴ってくれましたし、他の音源でもドラムのキックの量感・スピード感が大きく向上したと思いますし、今までベースの音が膨らんでしまって低域過多に聴こえていた音源も、100Hz手前くらいの盛り上がりを少し抑えたためか、大分聴けるようになりました。



サブウーファーというものがまともに使えるのかという不安もあったので、25cm仕様のCW205Aの半値で買える20cmにしましたが、実際使ってみての感想は"今の部屋なら20cmで足りてるけれどけれど、理想は25cm仕様(CW250A)が欲しい!"という感じです。まぁピュアオーディオの範疇からは外れているかもしれませんが、結果は良好ということで満足しています。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする