ウエストミンスターのおじさん
ウエストミンスターのおじさん
つい先日スピーカーなどを一新しました。 今後もよろしくお願いします。

マイルーム

大きく変化した私の部屋です。
大きく変化した私の部屋です。
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
つい先日、スピーカーを入れ替えました。心機一転、いい音を聴こうと思います。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

フリッチャイの悲愴買いなおしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月14日

こんにちは。ウエストミンスターのおじさんです。
フリッチャイの悲愴は発売当初に買って、すごく感激した盤だったのです。

このたび、グラモフォンからベスト100に取り上げられて、リマスターされたものが、発売されたので(しばらく経っていますが)買ってみました。
ビニールを剥き、ケースを開けると、なんとディスクが緑色。グラモフォンがトレードマークの黄色を捨ててまで音質にこだわったと思うとなんだか感慨深かったです。
そして、買ったばかりのアキュフェーズのDP-510に入れ音を出してみると、音楽の味が濃い。今までCDは音の線が細いのは宿命かなと思っていましたが、びっくりしました。アナログほどではありませんが、なかなかいい線行っていると思いました。

このベスト100はすでに持っている盤もたくさんあるのですが、少しずつ試しながら、良ければ買い変えてゆこうかと思いました。
早速、バーンスタインのマーラーの9番とベームのブラームスの1番をポチってしまいました。
CDプレーヤーを買って、ほんとに良かったとも思いました。SACDではありませんが、大事に使ってゆきたいです。我が家に来て2週間くらい経ちますが、どんどんシステムになじんできました。音楽を聴く楽しみが増えました。嬉しいです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 良いソフトとの出会いはオーディオのもう一つの醍醐味ですね。

    私にはウエスさんのお聴きになるソフトは格調が高過ぎて(笑)コメントのしようが無いのですが(-_-) 視聴しながらニコニコされてる様子が目に浮かびます。

    ここに席を置いてると、色んな情報が入ってきますよね。 ハードの買い替えとか追加は、ハードルは高い〈金銭的に(笑)〉ですが、アクセサリーやソフトは比較的入手しやすく(ここで話題のアクセサリーは高価ですが(笑))生声での評価は興味を大変そそられます。 たまにはハズレもありますが(笑) 良いソフトとの出会いには貢献度は《大》ですね (^O^) 今も手元には、そんな感じで買ったCDが届いています。 私の感覚では絶対に買わない一枚ですから、不安80期待20の異端な作品です(笑) ただウチではどう聞こえるかは興味津々です。 視聴に(ちゃんとした)耐えられなければ作業用のBGMでしょうね(笑) 結果が良かったら日記に上げられるでしょうね。


    アコス•••º。

    スピーカーを変えられ、CDプレーヤーにも新顔を加えられて、CDの持つ別なポテンシャルがどんどん見えて(聴こえて)来るのでしょうね。 至福の一時、ごゆるりとお楽しみ下さい (^_-) ♪♪♪

    byアコスの住人 at2016-12-16 09:17

  2. アコスさん。レスありがとうございます。

    私も、若いころからクラシックを聴いていたわけではないんです。
    ビリージョエルなどが好きな普通の聴き手でした。

    就職してから先輩にCDを借りたり、コンサートへ行ったりして徐々にこの道(クラシック)へ染まっていきました。
    無理にクラシックを、勧めるわけではないのですが、ノーチラスの時のほうがうまくなっていた作曲家があります。それは、マーラーやブルックナーです。ウエストミンスターでも聞くのですが、大音量のところなどは少し飽和気味で、この点はノーチラス801にはかなわないなと思っています。

    CDプレーヤーのDP-510は、日が進むにつれて我が家のシステムになじんでくれて、いままで聴いたことが無いような音楽を聞かせてくれています。ゆっくりと今のシステムと歩いてゆきます。

    アコスさんの記事、また楽しみにしています。

    byウエストミンスターのおじさん at2016-12-16 09:32

  3. こんにちは

    ステレオ初期のアナログ録音からのCD化は、この2〜3年年ほどで劇的に良くなった気がします。ユニバーサル系の復刻盤は、タワーレコードの限定品はいい音がしていたのですが、自身の出したCD復刻盤は高域が硬く、音色の幅が少ない傾向があったと思います。SACD版との差も非常に大きく感じました。これが最近の商品では大分改善されて、タワレコ版CDと区別がつかないレベルに到達しつつあります。おそらく、24/192デジタルマスター(最近はこれみたいですね)からCDへの落とし込みの工程に変化があったのだろうと想像します。

    フリッチャイは、タワレコがヴィンテージコレクションでまとめて復刻したものを買いましたが、良いですねぇ。凄く耳の良い指揮者だと思います。ケルテス共々、若くして亡くなったのが残念でなりません。

    byOrisuke at2016-12-18 12:50

  4. Orisukeさん。レスありがとうございます。

    ユニバーサルのCDは、あんまりよい音しないなあと思っていたので、久々に買ってびっくりしたのです。良い音になった理由も納得できました。ありがとうございます。

    ベームのブラームス1番も良かったです。これも聞いてびっくりしました。

    フリッチャイの早逝は本当に惜しまれますね。私はこの指揮者の新世界も大好きです。

    byウエストミンスターのおじさん at2016-12-18 16:58

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする