echo
echo
古いレゲエの7インチを好みます。自作派です。 以下環境です、よろしくお願いします。 speaker ADAM S2X DAコンバーター apogee ROSETTA200 …

マイルーム

地下室
地下室
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
聴くのは主にレコード。シンセはほとんどアナログです。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

レコードの録音2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月07日

ジャマイカ盤の7インチのみを録音しています。

録音用のプリアンプをつくりました、OPA627とDRV134を使ったシンプルなものです。客観的に比べられるように録音しながらいじりました。

秋月のスイッチング電源×2とnon NFB電源を比べるとノイズはスイッチング電源の方が多かったものの、変に誇張感もなくまとまった音です。逆にnon NFB電源は
低音が少し膨らんで悪くいえばケバケバしい音でした。オペアンプを使った電源も試したいなとおもいます。

位相補償の値に関しても数種類試してみました、位相補償の値を増やす事で低音がしまり全体的に普通の大人しい音になるようです。位相補償の値が小さいと音が滲み気持ちよくなりますが、当然合う曲とそうでない曲があります。

録ったレコードは88khz24bitなのでいまのところパソコンでしか再生出来ないのですがネットワークオーディオならパソコンレスで再生できるのかな、気になります。

また録音したファイルとレコード再生音を比べると結構な差があります。では!

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする