funa3
funa3
嫁と私の二人+猫3匹暮らし 専用ルームより、広さを確保して朗々と鳴らしたいため リビングオーディオを楽しんでいます。 二重サッシのおかげで夜遅くに音量を上げても問題なし 但し、家族が居る時…

マイルーム

リビングオーディオ
リビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
一戸建て、LDKでオーディオを楽しんでいます リビングオーディオの良い点は ・音楽を聴きたい時に聴けること ・専用室よりも空間を広く使えるため音量に対するマージンが大きく取れる事 …
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
    ONKYO C-N7050
  • 昇圧トランス/ヘッドアンプ
    DENON AU-320
  • カートリッジ
    DENON DL-103D
  • ADプレーヤー
    LUXMAN PD-121
  • スピーカーシステム
    ROGERS LS3/5A

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

日記

知恵をお貸しください!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月05日

レコードプレーヤーはPro-jectの1Xpression Carbon
ターンテーブルシートはサンシャインSTS-1です

今回オーディオテクニカの MCカートリッジAT-F7(F7)を導入ししましたが
プレーヤーのターンテーブルが鉄製のため
AT-F7のマグネットがターンテーブルに引かれてしまいます
この状態で鳴らすとAT-F7の本体ががレコード盤に擦れているようで
聴くに堪えない酷いノイズが発生します。
針圧は推奨の1.8gにデジタル針圧計で調整済みですが
針圧計を外すと、ターンテーブルとの距離が微妙に縮まってしまうのでしょう
(磁力は距離に反比例)

ターンテーブルシートを2枚重ね(STS-1+付属のフェルト)にすれば
何とか鳴らせるのですが、お気に入りのサンシャインSTS-1のソリッドな鳴りがスポイルされてしまうし
磁気の影響が残っているのかMCらしさも感じられないし...

私に知恵を貸してください
借りた知恵はお返しできませんが、よろしくお願いします。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. funa3さん、こんにちは
    レコードは私は素人ながらのコメントですが、
    funa3さんはやっているかもですが…

    カードリッジのレコードにかかる針圧は、
    重さ+磁力になっていると考えると
    磁力を含め針圧を減らす側で調整するのかなーと。

    それ以外の方法では、あまり思いつかないですね~

    byRIRA_ at2018-04-05 15:14

  2. RIRAさん
    早々のレスありがとうございます

    説明不足スミマセン

    一般的にはターンテーブルに磁性体を使っておらず
    カートリッジの磁石とテーブルが引き合う事はありません
    しかし残念な事にPri-jectの1Xpression Carbonは
    ターンテーブルは鉄製なんです


    現実的には、デジタル針圧計で設定しているので
    レス頂いた通り 【「針圧+磁力」=推奨針圧】 で設定していますが
    磁力は距離に反比例するため、動的な抑圧が音に影響が出ている(筈)

    この抑圧を無くす方法について知恵を貸してほしいのです

    説明が雑でザルでゴメンナサ~イ

    他にもアイディアがあれば、ヨロシクでございます。

    byfuna3 at2018-04-05 16:48

  3. funa3さん はじめまして。

    https://www.biccamera.com/bc/item/1584977/

    同じ問題に行き当たった方がいたようです。2014/9/15のレビューをごらんください。こちらの方はかさあげで解決された様子です。

    サンシャインSTS-1のソリッドな鳴りがスポイルされないターンテーブルシートを探されてみては?

    byhigh speed at2018-04-05 17:10

  4. funa3 さん、初めまして。
    手法、対策としては、出来るだけプラッターと距離をとるしかありませんね。
    仰る通り、磁力は距離の二乗に反比例します。
    シートの素材には、ゴムやコルクなどいろいろあるので、重量があまり増えずになるべく厚くなるものを選び、
    好みの音質になるようトライしてください。
    その際、アームのベース、軸が上下出来れば上げてください。

    出なければ、MM専用にするしか。

    このプレイヤーについて、少しだけ調べてみました。
    チョット驚きました。
    解説には「重厚なスチール/高分子素材TPEによるサンドイッチ構造からなるプラッター」
    通常どんなプレイヤーでもプラッターは、非磁性体で出来ているものですが。

    BBより

    byブルースブラザース at2018-04-05 18:33

  5. funa3さん、こんばんは。

    私も同じ経験ありです!
    結論から言いますと、プラッターを交換致しました。
    オプションのアクリル製の物です。

    ちなみにそのプラッターが届くまでは、鉄製のプラッターを取り外してしまってコルクのターンテーブルシートをプラッター代わりにしてMCカートリッジを使っていました。
    funa3さんの場合はSTS-1をお持ちですので、鉄製のプラッターを取り外してSTS-1をプラッター代わりにしてみてはいかがでしょう?
    問題は高さ調整ですが、おそらくXpressionのアームだと高さ調整可能なはず?でしたよね?
    もしそれでも水平レベルが出ない時は、別のシートか部品取り機などのアルミプラッターを使ってみたりと何とかあるはずです。
    後はそれで音質がどうか?は次のステップでしょうか?

    レコードプレーヤーは考え次第で何とでもなってしまう所がたまりませんよね(^-^)また結果お聞かせください!

    byおいけ at2018-04-05 19:55

  6. もう30年ほどアナログレコードは使っていませんが、初期のレコードプレイヤーはターンテーブルが鉄製だったものがありました。
    うちの50年以上前にあった日立のステレオがそうでした。
    多分わかると思いますが、方式はリムドライブでした。ゴムが良くすり減って交換しました。

    ターンテーブルが鉄でもちゃんとした音でしたよ。
    鉄のプラッターやターンテーブルに合うカートリッジがあるはずです。
    どれでしょうと言っても情報が無いのでわかりませんが、探せばあるのではと思います。

    あと、鉄のターンテーブルは音に力感があり、特に中音、低音部分に他にない魅力があります。アルミやほかのターンテーブルでは出ない音が出ます。50年前の記憶でしかないですが、今でも印象に残っています。

    いい結論が出るといいですね。

    byうつみくん at2018-04-05 20:14

  7. 沢山のアドバイス、ありがとうございます
    やはりこのコミュは頼りになりますね


    high speedさん
    わざわざビックカメラのレビューまで調べて頂いて、ありがとうございます。
    私もST-F7の購入検討時に読んで承知していました
    静的に針圧調整しても磁力の影響を受けている状態のため
    針(ダンパー)が本来の動きが出来ないのを何とかしたい
    AT-F7とSTS-1を活かしたいので、もう少し頑張ります!

    「STS-1のソリッドな鳴りがスポイルされないターンテーブルシートを探す」
    これで鉄板からの距離を広げるのが正しい対策なのでしょうね。


    ブルースブラザースさん
    磁力は距離の二乗に反比例、理解頂けて嬉しいです!!!
    「1Xpression+STS-1でAT-F7」を鳴らしたいって
    磁気の影響を遮断するって、無理難題のような気がしてきました
    今までMMで聴いており、今回MCを聴きたくなってのAT-F7導入なので
    MMに戻すのは最後の方法として肝に銘じておきます。

    メーカー説明の「重厚なスチール」って、実際は鉄板プレス品なんですよ


    文字数制限のため、ここで一旦区切らせて頂きます。

    byfuna3 at2018-04-06 09:43

  8. 沢山のアドバイス、ありがとうございます
    やはりこのコミュは頼りになりますね(Part2)

    おいけさん
    アクリルプラッターに交換って忘れていました!
    ヨーロッパ仕様の1Xpressionはアクリルプラッタ―でしたね
    メーカーに問い合わせてみます。
    (こういう事はナスペックさんの方が融通が効いたんでしょうね)
    そもそもエッセンシャルシリーズのプラッターがそのまま乗せられる筈ですね

    また、STS-1をプラッター代用って
    大胆なアイディアで楽しそうで好きです、次の休日に試してみます
    勿論、アームの高さ調整も可能なので問題ありません



    うつみくん さん
    昔採用されていた鉄プラッターって鋳鉄の結構重いヤツですね
    子供の頃を思い出しました
    リムドライブ(アイドラ―ドライブ)って懐かしいですね。

    技術屋的に説明すると
    当時、プラッターに適した材料として
    内部損失が大きくて安価な鋳鉄が使用されました
    その後、アルミ加工技術の普及(低価格化)に伴いアルミ鋳物に移行し
    そして現代のアルミ合金鋳物に続いています。

    ここでの共通項は鋳物ですが
    1Xpressionのプラッターは鉄板プレス品なので
    鋳鉄より内部損失が低く、本来はプラッターに向いていない素材
    ヨーロッパ仕様はアクリルプラッターなのに
    日本仕様にわざわざ鉄板プレス品を採用したようで
    メーカーの意図が見えませんね



    1Xpression+AT-F7で
    明るく元気で楽しい音、はやく出て来~~い!

    byfuna3 at2018-04-06 09:46

  9. はじめまして。

    ターンテーブルシートは素材によって変わりますから使いこなしは難しい(楽しい)ですね(^^;


    STS-1はアクリル製のターンテーブルとは相性はよくないようですし、試しに傷が付いて再生できないレコード盤をターンテーブルシートとして使ってみてはどうですか?
    その上にSTS-1を重ねて使用。

    出来れば重量盤のほうがいいかも(笑)

    byVOTTA7 at2018-04-06 20:12

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする