konisa
konisa
日記を2013年8月14日より始めます。 クラッシック音楽とオーディオの備忘録 クラッシック音楽を愛好して39年 オーディオ歴36年です。 リコーダーとヴィオールを愛好しています。 自分…

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
40年近く使ってきた色々なオーディオ機材を持っています。みんな宝物です。 少しずつアップしたいと思っています。
所有製品
  • ADプレーヤー
    HANSS ACOUSTICS T-60
  • スーパートゥイーター
  • その他
    RGPC 400 pro
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC K-01
  • スピーカーシステム
    KISO ACOUSTIC HB-1

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

マーラー 交響曲第8番 バーンスタイン LSO 1966

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月14日

マーラー 交響曲第8番 バーンスタイン LSO 1966



LP所有。新しくDSDリマスターされたバーンスタインの全集を聴く。
スピーカー:HB-1

音の鮮度がずば抜けている。
熱い演奏。粗削りだが、ロマンチックでありながら指揮者とオーケストラが一体になってこの千人もの演奏者の気持ちをも一つにしている。

歌手陣も女性を中心に熱演。

よくもまあ千人の演奏者をまとめられるものだと改めて感心。

LPでは高音や音圧が高いとひずんだりしていたが、確実にこのCDはLPの欠点を克服している。逆に鮮度が高すぎでテープヒスノイズが聞こえてしまう。

私のマーラーのの8番は今までのランキングでは一位 小澤征爾とパリにある二つのオーケストラの合同コンサート(NHK FM) 二位 ショルティ シカゴSO でバーンスタインは圏外だったが、このCDを聴くことで一気に同点一位にまで評価が上がった。

このような大規模の曲はNEOで聴くことが多いが、サンシャイン社から新しく発売になったV50というマグネシュウムボードをひいてて再生させると、リアルさと雄大さが確実に上がる。また音が濁ることがない。 素晴らしいマジックボードだ。

芸術的感銘度 ★★★★★
オーディオ的感銘度 ★★★★★

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする