konisa
konisa
日記を2013年8月14日より始めます。 クラッシック音楽とオーディオの備忘録 クラッシック音楽を愛好して39年 オーディオ歴36年です。 リコーダーとヴィオールを愛好しています。 自分…

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
40年近く使ってきた色々なオーディオ機材を持っています。みんな宝物です。 少しずつアップしたいと思っています。
所有製品
  • ADプレーヤー
    HANSS ACOUSTICS T-60
  • スーパートゥイーター
  • その他
    RGPC 400 pro
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC K-01
  • スピーカーシステム
    KISO ACOUSTIC HB-1

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

バッハ フーガの技法 ミュンヒンガー シュッツトガルト室内管弦楽団

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月14日

バッハ フーガの技法 ミュンヒンガー シュッツトガルト室内管弦楽団
HB-1で聴く

スピーカー:HB-1


バッハ最高傑作の一つと改めて確認。 感動的な演奏。
現代の古楽演奏とは一線を隔すが、演奏の集中力、時代背景もあってか
思いのこもった演奏になっている。

最終曲のBACH主題が突然終わり、亡くなったとされている絶筆の後に、バッハ自らこの後に演奏してほしいと遺言したとされる「われ汝の御座の前に進み出て」BWV668a が演奏されているが、 まことにこれがふさわしい曲で涙をそそった。

私の人生の最期、告別式ではマーラーの交響曲二番の第二楽章とその後にバッハの「われ汝の御座の前に進み出て」を流して、お別れしたいと考えた。

今日も一日好きな音楽が楽しめて幸せだった。神様方に感謝。

芸術的感銘度 ★★★★★
オーディオ的感銘度 ★★★★

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする