konisa
konisa
日記を2013年8月14日より始めます。 クラッシック音楽とオーディオの備忘録 クラッシック音楽を愛好して39年 オーディオ歴36年です。 リコーダーとヴィオールを愛好しています。 自分…

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
40年近く使ってきた色々なオーディオ機材を持っています。みんな宝物です。 少しずつアップしたいと思っています。
所有製品
  • ADプレーヤー
    HANSS ACOUSTICS T-60
  • スーパートゥイーター
  • その他
    RGPC 400 pro
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC K-01
  • スピーカーシステム
    KISO ACOUSTIC HB-1

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

MOSQUITO NEO 雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月22日

MOSQUIT0 NEO 雑感


【どんなスピーカー】
フランス製のスピーカー。B&Wのノーチラスをものすごく意識して作られた。
日本では秋葉原の老舗カリスマ店長がほれ込み、400万円を超える価格にもかかわらず、また値引きもない中、30台も売ったという話を聞いた。(逆に他の店では一台も売れなかったらしい)

キャビネットはフロントとフレームががアルミ合金で三点支持で支えられている。ハウジングはウーハー、ミッド部分がカーボンファイバー。ツイーター部分はスティールだと思う。この独特のデザインにまず惚れてしまった。
特徴的なのはウーハーはガスシリンダーで前後に動く仕組みになっていて、この動作がダブルウーハーをより一体的に動かしていると思われる。また、ツイーターもバッフルに固定されておらずねじでルーズに浮かしたりできる構造になっている。


【音について】

まず、設置して最初に聞いた音は、「なんだこれは」とがっかりすること甚だしい音だった。シンバルの音、管楽器のホーンの音がそれらしく聞こえない。低音もボワンボワン言っている。本当にどうしようかと思った。この辺は置いてすぐにそれなりの音を出してくれるKISO ACOUSTICのHB-1とは全然違う。
しかしながら色々とチューニングすることによって信じられない世界を展開してくれるた。特にオーディオボードによるチューニングは劇的な変化を与えてくれた。音は高解像度、深みとスケール感がある。 特徴的なのはウーハーのガスシリンダー動作が効いているのか、ウーハーから何とも言えない心地よいビートのような振動が耳におなかに心地よく突き刺さってくる。
HB-1との比較ではHB-1が小型ウーハーによって高スピードで音が飛んでくるのに比べるとそこまでは音は早くはないが、実演の音と比べるとはNEOでも早いと感じる。HB-1は音に多彩なグラデーションがあると感じるがNEOはHB-1ほどではない。逆にホールの気配、暗騒音、空気感などはNEOの独壇場。ちょっと他では聴けないと思う。
今、過去最高の音の高みを感じている。秋葉原のカリスマ店長には僭越ながら、あそこで鳴っている音よりも良いと感じられるほど満足した音を奏でてくれる。(あくまでも自己満ですのですので、アシカラズ (^^;))

【その他 雑感】
HB-1は独奏楽器、室内楽が中心。NEOはオールマイティーで聴いている。決してHB-1が迫力がないのではなく、たぶんHB-1は広くて天井の高い部屋で聞けば立体的な音場が出現し立体的な音が楽しめるのだと思うが、我家の環境では音がある程度前に飛んできてもらわないと迫力が出ない。 NEOはオーディオ雑誌などではあまり評判にならなかったが、秋葉原のカリスマ店長はこの素晴らしいパフォーマンスを生み出すスピーカーをよく見つけたものだと感心。B&WにもJBLにも負けない孤高のスピーカーだと実感している。(もちろん他にも孤高な大峰を持ったスピーカーを知っていますが、、)
オーディオには35年間遠ざかることなく日々の楽しい音楽を聴くひとときとともに毎日音を楽しんできた。そして、今感じることは、良い音を得るには常に自分の所有する機器は勿論、関連情報も含めていつも真剣に向き合っていることだと感じている。日々聴いている音のちょっとした変化、そしてオーディオ誌はもちろん、新聞、文芸書、ネットの情報に色々とヒントがうかがえることが多々あり、そこからより理想の音に近づけていく。決してお金をかければそれに見合った音になるという理屈はない。試行錯誤の中かららだんだんと「感」が鋭くなってくるように思える。評論家の菅原さんがJBL D66000が発表されたとき、タモリが菅原さんに「このスピーカー買いですか?」と聞いたそうです。菅原さんは音も聞いてなかったそうだが「買うべきだ」ときっぱりと進めた。この話を読んで、今の私は大いに同意できる。
NEOも音は聞かずに(買いに行った日のみ聴いた)買った。そしてこのスピーカーだけは何があっても一生苦楽を共にしたいと考えている。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんは。

    モスキート・ネオ良いですね
    私もダイナで聴いてなかなか素晴しいスピーカーだなと思いました。
    ただ、値段が値段なんで初めから射程外ですが。
    B&W800を意識して作ったとありますが、私も800よりも好きですね。

    bymilon at2013-08-23 21:04

  2. konisaさん
    今晩は。

    このスピーカーは一度は聴いてみたかったです。。
    某店員さんが絶賛されていましたね。

    やはり良かったですか~。
    デザインも個性的で良いです。
    大事にされてください。

    byはやぶさ at2013-08-23 21:15

  3. konisaさん、はじめまして

    アタシも7Fで色々聴かせてもらった時に一番印象に残ったSPでした
    独特の雰囲気のある優しい音に一瞬で心奪われました
    まぁ値段が値段なので候補には上がりませんでしたが(笑)

    byデーンちゃん at2013-08-23 22:06

  4. milonさん はやぶささん デーンちゃんさん
    レスありがとうございます。

    このスピーカーだけは私にとって本当にかけがえのない他に代わるもののない伴侶みたいなものでして、、。特殊な構造ですし、壊れないでずっと向かい合っていけたらと思っています。買うときに心配したのがガスシリンダーのガス抜けですが、店長曰く「永久に抜けない構造です」と言われて安堵したのを思い出しました。

    当方東京住まいです。今は狭い部屋ですが機会があればどうぞお越しくださいませ。

    bykonisa at2013-08-23 22:55

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする