konisa
konisa
日記を2013年8月14日より始めます。 クラッシック音楽とオーディオの備忘録 クラッシック音楽を愛好して39年 オーディオ歴36年です。 リコーダーとヴィオールを愛好しています。 自分…

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
40年近く使ってきた色々なオーディオ機材を持っています。みんな宝物です。 少しずつアップしたいと思っています。
所有製品
  • ADプレーヤー
    HANSS ACOUSTICS T-60
  • スーパートゥイーター
  • その他
    RGPC 400 pro
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC K-01
  • スピーカーシステム
    KISO ACOUSTIC HB-1

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

フルトヴェングラー  ベートーヴェン 交響曲9番 バイロイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月25日

フルトヴェングラー ベートーヴェン 交響曲9番 バイロイト
EMI グレートレコーディング 1951年
スピーカー:NEO


カラヤン グラモフォン最初のベートーヴェン全集にはカラヤンの期するところがあったのではと書いた。 そこで改めてフルトヴェングラーの第九と聴き比べてみた。

この第九は戦後のバイロイト劇場再開に先駆けて行われた祝典音楽コンサートだ。

これは新しくリマスターされた全集で、価格も驚くほど安い。果てして、、。
目が丸くなった。まず出だし。今までのCDでは省略されていた観客の万雷の拍手。拍手からいかにバイロイトのお客さんが音楽祭の再開を待ち望んでいたかがうかがえる。そして世界最高の指揮者がバイロイトの新たな門出を祝うために第九を演奏してくれる。もし私もそこにいたらそのことだけで感激ひとしおで涙があふれたと思う。
そしてフルトヴェングラーが指揮台まで歩いていく音が鮮明に録音されている。なおかつ、そのあとコンサートマスターと思われる人と話す声まで入っている。今までなんで入ってなかったんだろう? LPレコードの収録時間に収まらないから? 
そして音楽は不安な響きからしめやかに進んでいく。

音が鮮明でひずみがない。かつまるでステレオ録音のように聞こえるではないか。バイオリンの音は中央より右側で、、。自分の脳でオーケストラの位置を再構築しているのかもしれないが、本当にステレオ録音のように聞こえるのだ。

カラヤンの演奏はそれこそ譜面を徹底的に研究し、計算し、自分のエモーションをぶつけた演奏。フルトヴェングラーの指揮はそれに比べると直感的、自分の思いを即興的に表現しているように感じられる。 しかし信じられないのが、バイロイトのオーケストラ。 ベルリンとは違いものすごく高度にそろった演奏ではないが、 フルトヴェングラーの精神が乗り移ったかのような恐ろしいほどの一体感と集中力。 彼らももちろんバイロイトの再開にかける意気込みはただ事ではなかったのだろう。

時に熱くそして節度ある甘美さ、力強さ、そして喜びが伝わったくる。これらはリマスターされた音質の驚異的な向上によってよりリスナーに強く訴えかけてくれる。 

そして、フィナーレは常なる物ではない白熱した狂気の演奏で終わる。打楽器奏者の腕が折れるのではないかと思うくらいのスピード。弦楽奏者も弦が切れるのではないかと思えるくらいの弓のアップダウン。

カラヤンも素晴らしかった。そしてフルトヴェングラーも負けじと素晴らしい。芸術には 一番、二番というつけ方はできないなあと感じた。

 芸術的感銘度 ★★★★★
 オーディオ的感銘度 ★★★★★

  今日もたくさん大好きな音楽を楽しめたことに感謝。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. konisaさん

    フルトヴェングラーのバイロイト祝祭盤は激しい演奏ですね!

    フィナーレは、ティンパニーが最後の一打でとうとうついていけなくなった気がしますが・・・

    私もアビーロードのリマスターを購入しました。昔購入したLPと比べかなり改善されていますね。あと10~20年録音が新しかったら、オーディオ的にはさらに楽しめるのかもしれませんね。

    bymerry at2013-08-26 15:43

  2. merryさん
    アビーロード リマスター盤というんですね。この録音の十年後が先日書きましたバーンスタインのマーラー全集の録音です。もうこの録音だと不満なんかなくなりましたので、10年長生きしてくれてれば、、。フルトヴェングラーは晩年は生きることに執着心がなく治療も医者の診察もほとんど無視していたようです。もうちょっと長生きしてほしかったですねえ。つくづく思います。

    bykonisa at2013-08-27 08:05

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする