konisa
konisa
日記を2013年8月14日より始めます。 クラッシック音楽とオーディオの備忘録 クラッシック音楽を愛好して39年 オーディオ歴36年です。 リコーダーとヴィオールを愛好しています。 自分…

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
40年近く使ってきた色々なオーディオ機材を持っています。みんな宝物です。 少しずつアップしたいと思っています。
所有製品
  • ADプレーヤー
    HANSS ACOUSTICS T-60
  • スーパートゥイーター
  • その他
    RGPC 400 pro
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC K-01
  • スピーカーシステム
    KISO ACOUSTIC HB-1

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ブレハッチ ショパン ピアノ協奏曲第1番&第2番

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月31日

ブレハッチ ショパン ピアノ協奏曲第1番&第2番 セムコフ指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  グラモフォン111 Part2
スピーカー:NEO

悠々快適さんから「ブレハッチのショパンプレリュードはは素晴らしい」とお聞きしていて、一度聴いてみたいと思っていたところ、グラモフォン111 part2にありました。ただし協奏曲ですが。
ショパンはあまり深く聴いたことがありませんし、(どちらかというとドイツ系のバッハ、ベートーヴェン、ブラームスを好みです)
視聴開始。コンチェルトの一番。なんと繊細な響き、テンポ。まるで薄いガラス細工のような輝きと割れてしまいそうな繊細さ。こんな演奏は聞いたことがない。セムコフという指揮者は知らないが、ブレハッチの感性についていくことはとても至難の業とみえ、伴奏に危ういところも感じられるが、まあ、他の指揮者であっても大変だっただろう。他のピアニストでは聞けないような演奏でした。もしショパンがブレハッチの演奏を聞いたら、自分の意図に近いと感じるのではないだろうか。二番のほうは一番ほど繊細で崩れるかぐれないかのギリギリのような演奏ではないが、こちらもこちらで聴きごたえがある。まだ三十前の年齢。この人こんなに繊細で、この後の人生大丈夫だろうかといらぬ心配をしてしまった。 
そういえば同じ年頃のポーランド人の親戚の女の子がいる。久しぶりに連絡とってブレハッチを教えてあげよう。

 芸術的感銘度 ★★★★
 オーディオ的感銘度 ★★★

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 悠々快適さん
    ベートーヴェンは確かに想像つかないですね。どんな演奏になるのでしょう。 ショパンの心情に深く入り込んだ演奏でしたから、ベートーヴェンでも同じような演奏になるのでしょうか。もしそれが可能な演奏家ならすごいことだと思います。

    bykonisa at2013-09-02 10:33

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする