K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch
石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~h…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

板橋区の住人さん訪問記

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月25日

7月20日、板橋区の住人さんを訪問させていただきました。

今日はベルウッドさんとご一緒。
最寄駅で待ち合わせ。ベルウッドさんは近所にお住まいだとのこと。電車でいらっしゃるものとばっかり思っていたのでちょっとびっくり。
5分ほど歩いて中庭のある大きなマンションへ。
5階(だったと思います)のリビングが板橋区の住人さんのリスニングルーム。
縦長の部屋を縦使いに、つまり短手側の壁を背にスピーカーが配置されている。
センターに大きな55インチのTV。



スピーカーはPMCのIB2S-A、パワーアンプ付きのモニター・スピーカー。
スーパートゥイータは最近ムラタのES103Aに変更。
2ch用のプリはJeff Rowland Coherence。
CDプレーヤーはソニーのSCD-DR1
SACDサラウンド用プレーヤはソニーのSCD-XA9000ES。
AVプリアンプはAIRBOW(LUXMAN) CU-80。
ブルーレイなどの映像系は最近導入したマランツUD9004で。

板橋区の住人さんは室内楽がお好きとのことで最初は2chの室内楽から。
私はPMCのスピーカーを聴くのは初めてでしたが、バランスがよく、モニタースピーカーらしいしっかりした音の出方で聴いていて気持ちの良い音。
低音がしっかりしているので安定感があります。
何枚か聞かせていただいた中で印象的だったのはロストロポーヴィチ、ブリテンのシューベルト、アルペジオーネ・ソナタ。



ゆったりとしたテンポの演奏に思わず引き込まれます。録音もとても1968年の録音とは思えない。

スーパー・トゥイータの効果をアッカルドのパガニーニ、ラ・カンパネラで確認しました。



ス-パー・トゥイータ無しではいかにもモニター・スピーカーといった感じのかっちりとした音でこれも悪くはないのですが、ス-パー・トゥイータを足すとふわっとした空気感のようなものが感じられて、やっぱり聴いていて心地よいのはこちらだと思いました。
耳を付けてもほとんど何も聴こえないのに普通のCDでもその差はよくわかるのがちょっと不思議。

僕が持ってきた意地悪ソフトの「驚異のコントラバスマリンバ」もサランネットは共振しましたがこれを外した状態では問題なし。
拙宅ではトラック1の冒頭の部分の最低音ではなくもう少し上の音でスピーカーが共振するので(たぶんエンクロージャーのせいか?)困っているのですが…。
PMCはさすがにモニター・スピーカーだけあってエンクロージャーの作りもしっかりしているようです。

SACDマルチも僕の愛聴盤のユリア・フィッシャーのバッハ無伴奏やアンジェラ・ヒューイットのシャブリエを聴かせていただいたのですが、自然な音場感でした。
多少気になったのはベルウッドさんがお持ちになったSACDマルチ版のパーヴォ・ヤルヴィ、シンシナティ響のプロコフィエフ、ロミオとジュリエット、モンタギュー家とキャピュレット家で打ち鳴らされるバスドラム。
やや過剰な感じを受けました。部屋の定在波の影響だと思うのですが50Hz~100Hz くらいが多少持ち上がっているのかもしれません。
ただ、聴かせていただいた音量ではほとんど問題にならないというかこのくらい出ていてもむしろ心地よいくらいではありますが…。



いろいろなソフトを聴かせて(見させて)いただいたのもこの日の大きな収穫です。
先に触れたロストロポーヴィチもそうですが、チェチーリア・バルトリのイタリア歌曲、これはレヴァインの伴奏も楽しげ。



「オペラ座の怪人」ロイヤルアルバートホールでの25周年記念版、これは僕が持っている映画版と比べるとやはりライブのせいもあると思いますが出演者のテンションが一桁くらい高い感じ。
オマケのサラ・ブライトマンと歴代ファントムたちとの熱唱は感動的。



ベルウッドさんがお持ちになった河村尚子さんとN響のベートーヴェンの4番のサントリーホールでのライブ映像は独特のピアノ配置と河村さんの目力が印象的。
こういうのは映像付きでないとわからないのでこれは貴重なソフト。生で聴いた人でも正面からは河村さんの背中しか見えないのでこれはビデオならでは。

結局、ロストロポーヴィチ、バルトリと「オペラ座の怪人」ロイヤルアルバートホール版は早速購入してしまいました。


板橋区の住人さん、ベルウッドさんありがとうございました。

板橋区の住人さんにはお昼にサンドイッチをご馳走になった上に後から出していただいた生ハムとチーズを見て我慢できずに結局ビールまでいただいてしまって…。
さらに帰りは豪雨とカミナリの中、クルマで送っていただいてすっかりお世話になってしまいました。
ありがとうございました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. K&Kさん、こんばんは。

    板橋方面のオフ会、楽しまれた様子が伝わってきました。
    サラウンドに親しまれている方々ならではの盛り上がり
    だったようですね。

    ブログの方も日記も楽しく読ませていただいてます。
    本場アルプスのハードな山行お疲れ様でした。

    by横浜のvafan at2014-07-25 22:59

  2. K&Kさん おはようございます。

    全体的に低音が印象的なサウンドでしたね。手持ちのiPadのスペクトルグラフソフトで見ると、40~50Hzに大きなピークがあって、これはスピーカー自身の特性のようで独特の低音の響きを造っているようです。まさにサブウーファー要らずですね。これと共振するのが100と200近辺にあって、ここまでにピークとディップの大きなうねりがあるようです。仰るように定在波なのかもしれません。

    K&Kさんは、板橋区の住人さんとはまた別のアプローチのサウンドのように拝見しているのですが、ぜひお聴かせいただく機会をいただきたいと思います。

    byベルウッド at2014-07-26 09:12

  3. 横浜のvafanさん、

    おはようございます。
    レスありがとうございます。
    横浜のvafanさんのお宅でもそうでしたが、オフ会はいろいろな発見があって面白いです。アマゾンへの出費が増えるのがちょっと悩ましいところですが… (笑)

    拙いブログの山日記、読んでいただいて恐縮です。
    山の方は僕らのフィットネス・レベルにもう少し余裕があるといいのですが…あちらで氷河歩きを楽しんでいる人たちの強さには感心するばかりです。

    byK&K at2014-07-26 10:19

  4. ベルウッドさん、

    おはようございます。
    低音のレベルまで確認されていたとは知りませんでした。おっしゃるとおり、かなり低いところまでの伸びを感じさせるサウンドでした。
    それでいて板橋区の住人さんの調教により、ブーミーな響きは抑えられているので聴いていて気持ちの良い音でした。

    ウチも部屋の定在波には苦労しています。けんかしても勝てそうもないので何とか折り合いをつけてやっていこうと思っていますが、低音域の微調を繰り返しています。
    ウチのシステムはベルウッドさんと同様、2 way が基本になっています。それに上下の帯域を伸ばしている感じです。ぜひ一度お出でください。あ、その前にこの前聴感を頼りにいじった低音部の特性を確認しなければ…準備ができましたら声をかけさせていただきます。

    byK&K at2014-07-26 11:05

  5. K&Kさん、記事upありがとうございます。また、遠いところお疲れさまでした。

    CDPはSCD-XA9000ES、AVプリアンプはAIRBOW(LUXMAN) CU-80になります。最近アンプをCU-80にしてサラウンド再生は満足度が高まりました。

    うちの音響特性は過去記事にしましておりますのでご参考まで。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/2639/20121117/33923/

    400Hzから500Hzのディップが気になっているのですが、まあいっかとほったらかしにしてます。

    PMCの低音はトランスミッションラインがかもし出すもので、私はこの音が好きみたいです。

    by板橋区の住人 at2014-07-26 19:50

  6. 板橋区の住人さん、

    ありがとうございました。
    音響特性はベルウッドさんが確認された通りですね。低音が豊かなのにブーミー感がないのはこの特性を見て納得しました。ボーカルに違和感がないので400Hzから500Hzのディップもあまり気にされることはないように思います。

    byK&K at2014-07-26 21:03

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする