K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch
石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~h…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

genmi邸訪問記

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月29日

9月28日(月)、genmi邸を訪問する機会を得ましたので記録に残しておこうと思います。

今回はHarubaruさんがご一緒。
近所の中華料理屋さんでおいしい中華をいただいてからおしゃれなgenmi邸へ。
私は今回が2回目の訪問。

前回、4月にうかがった時からの変更点はまずLUXMANのCDプレーヤーとOCTAVEのアンプの下にウェルフロートボードが追加されたこと。



OCTAVEとウェルフロートはあつらえたみたいにぴったり。どこが境目かよくわからない。(笑)

そして、スピーカーの位置を背面の壁の方に少し移動させたこと。



とのことでしたが…

最初に聴かせていただいたのがコレ。



グレース・マーヤさんのモナリザ。
前回の印象とはちょっと違っていて、空気感がすごく気持ちいい。

この後もヴォーカル系をいろいろ聴かせていただいたのですが、



やはり、キーワードは「気持ちいい」音。

高音の響きは拙宅よりも多い感じですが、これはひとつにはHarubaruさんが解説してくださったように、B&Wはモニタースピーカーとしても使われているので高音は減衰なしに超高域までフラットに伸びていること。
それと部屋の壁面の表面処理の違いによる響きの差かなぁと思っています。
genmiさんのところが漆喰系の表面処理なのに対して拙宅ではシナ合板のオイル仕上げなので…

ピアノや弦でもその印象は変わりません。
ヒラリーハーンのプレミアム付きお宝盤も聴かせていただきましたが、



弦がヒステリックになることなく、聴いていて心地よいのです。

で、極めつけは私が持ち込んだコレ。



プレトニョフ、Russian National Orchestraによるチャイコフスキーのスラヴォニック・マーチ。
オーケストラの楽しさ全開のドハデな曲です。
これが、圧巻。堂々たる再生には感動すら覚えました。
genmiさんからヴォリューム・コントローラーを渡されていたのですが、最初静かに始まるので、ちょっとヴォリュームの設定が高すぎたかもしれません。途中で少し落とそうかと思ったのですが、最初のいくつかのピークも難なくこなしていたので、結局そのままで聴き通してしまいました。ゴメンナサイ。
響きのよいコンサートホールのSS席で海外の一流オケを聴いたときの音圧よりもちょっと高かったかもしれません。

グランカッサもハンパじゃないレベルで録音されているので小型のスピーカーにとっては厳しいはずなのですが…
805 Diamondのポテンシャルにも驚きですが、こんな音量では部屋がしっかりしていないとうるさくてとても聴いてられないはず。
部屋、スピーカー、スピーカーのセッティングの勝利でしょう。
(アンプと電源系のアシストもかな…)

この後は居酒屋さんで反省(?)会。
いろいろ楽しい話ができて時間が経つのが早かった。

genmiさん、ありがとうございました。最初から最後までそのホスピタリティに感謝しています。

Harubaruさん、ありがとうございました。旅行の話も道中楽しく聞かせていただきました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. K&Kさん こんにちは

    genmiさんのお部屋は、決して大きくないのですがその分とても音の密度が高いですよね。音量を上げても飽和したり破綻しないのはやはり石井式(準拠?)によるバランスのよい吸音の効果でしょうか。

    私は、805が800シリーズのなかで802とともに最も鳴りがよくて、それだけにすごくお買い得感があったと思っています。TIASでは、説明の時間が長くて(笑)、新805の音は聴けませんでしたが、少なくとももはやお買い得感は無くなってしまうようです。そうなると小型スピーカーのジャンルではDynaudioのほうがいいのかなぁと思ってしまいます。

    byベルウッド at2015-09-30 09:55

  2. K&Kさん、こんにちは。

    早速の日記ありがとうございます。昼から夜の飲み会まで、また電車の移動も共にでき、とても楽しかったですね。次回はK&K邸に再訪問させていただきますので、よろしくお願いします。

    >genmiさん、

    私も今年の6月3日にニッキーさんと共にお伺いして、今度の訪問が2回目ですね。前の音は、クリアでストレートな音で私は好感が持てました。ニッキーさんは、音楽性がもうちょっと良くするのにKYLINさんの音を参考にすれば良いと言っていましたね。

    今回は、ウェルフロートを、アンプ、CDP, 及び電源に入れたのと、スピーカーの位置を変えた以外何も変えていないとのことでしたが、音を聞いて余りの変わりようにビックリでしたね。空気感、艶っぽさが出て、音も更に前に延びて来ていましたね。

    低域の量感、解像度も上がり、部屋を包み込む感じの音がしましたので、スピーカーにまで、更にウェルフロートを使用する必要はないなと感じました。部屋との相性も良く、完成度の高さを感じました。

    K&Kさんも言っていましたが、OCTAVEのアンプの脚を取ってウェルフロートを付けてのが、どんぴしゃで、白黒の2トーンがオリジナルのOCTAVEのアンプよりもカッコ良く見えました 。(笑)

    昼から夜まで、歓待していただきありがとうございました。拙宅にはいつ呼べるかわかりませんが、是非お越しくださいね。

    byHarubaru at2015-09-30 13:18

  3. genmiさん、横レスです。

    ラジカセだなんてとんでもない。あの音がラジカセだったら、拙宅のはチープなミニコンポの音ですよ。(笑)

    他に805SDを鳴らされている方のお手本になるくらいにまで、レベルは上がって来ていると思いますよ。(^^)

    byHarubaru at2015-09-30 17:28

  4. ベルウッドさん、

    genmiさんのお部屋と805はベストマッチなのかもしれません。
    あのオーケストラのスケール感が出せれば大型のスピーカーは不要だと思いますし、逆に大型スピーカーをあの部屋に置いたら音場感が後退してしまうかも。

    B&WとDynaudioはちょっと性格が違うので好みが分かれるような気がしますが、どうなんでしょう?
    新しい80xシリーズ聴いてみたいです。

    byK&K at2015-09-30 19:06

  5. Harubaruさん、

    ありがとうございました。

    オーデイオ、音楽、山、旅行といろいろなお話ができて楽しかったです。

    genmiさんのところはHarubaruさんがおっしゃるように「ストレート」から「空気感」に変わった感じでした。
    ウェルフロートの影響が大きいんでしょうか。不思議です。

    次回はぜひ拙宅にお越しください。

    byK&K at2015-09-30 19:18

  6. genmiさん、

    ありがとうございました。

    >確かにOCTAVEとウェルフロートはメーカーがこうやって販売しても良いくらい完全に一体化していますね!

    まったくその通りでデザイン的にもこの組み合わせの方がいいかも。OCTAVEはこれをオプションに加えるべきでしょう。(笑)

    >元に戻ってしまったらまたK&Kさんにお越し頂いて大音量のスラヴィック・マーチでシステムを目覚めさせてもらいたいです(笑)

    アハハ、いつでも喜んでお持ちします。
    私は曲の名前、間違えてました。正しくはスラヴォニック・マーチでした。お詫びして訂正いたします。
    でも、とにかくあれは本当にすばらしい再生でした。

    >拙宅のラジカセ仕込みの音でK&KさんとHarubaruさんの鼓膜を破壊してなくてよかったです(爆)

    あんな音のラジカセがあったら絶対欲しいです。「どこでもドア」ならぬ「どこでも実物大オーケストラ」。(笑)

    次回はぜひ拙宅の「おもちゃのピアノの音」をお聴きください。(笑)

    byK&K at2015-09-30 19:49

  7. K&Kさん
    今晩は!

    ご無沙汰しております。
    genmiさん宅もウェルフロートが増殖しているのですね〜
    御写真で拝見するとOCTAVEのマッチングはドンピシャ!
    カッコいいですよね。
    genmiさんのレイアウトもデザインセンスに溢れていますし、音楽の形も見えて来そうです。

    空気感が良くなっているとのコメントですが、イメージ出来ますよ。
    あの歪み感のなさは、空気感として顕著に現れて来ますね。
    バズケロも導入後色々と実験したので、仰っているニュアンスが充分伝わって来ます。

    使いこなしもムツカシイ面はありますが、良いアイテムですね。

    やっぱり音楽もオーディオも純粋に楽しい!

    では、では

    byバズケロ at2015-09-30 23:04

  8. バズケロさん、

    おはようございます。
    レスありがとうございます。

    >御写真で拝見するとOCTAVEのマッチングはドンピシャ!

    幅は1㎜の狂いもないほどピッタリなんです。(笑)

    genmi邸訪問の当日、Harubaruさんからバズケロさんがウェルフロートを導入した時のエピソードをお聞きしましたよ。
    あの日、クシャミが出っぱなしということはなかったですか?(笑)

    私もOPPOの下に置いて試してみたかったんですけれど確認してみたら意外に厚みがあって今のラックには収まらないことがわかりました。
    簡単にはいかないようです。かなり高額なアイテムなのでちょっとほっとしているところもあるのですが…(爆)

    byK&K at2015-10-01 10:35

  9. K&Kさん、こんばんは〜

    今回のオフ会はお酒ありで楽しく、
    ウェルフロートの効果の確認と実りが多いオフ会でしたね。

    >>genmiさん、横レスです。
    >>ラジカセだなんてとんでもない。あの音がラジカセだったら、拙宅のはチープなミニコンポの音ですよ。(笑)

    えーと、私のメインのアンプはミニコンポで有名(?)なメーカーですので私のシステムはメイン、サブシステム共にミニコンポの音ですね〜〜

    >>他に805SDを鳴らされている方のお手本になるくらいにまで、レベルは上がって来ていると思いますよ。(^^)

    今度は、私がgenmiさんの805SDをお手本にさせていたく思っております。

    byニッキー at2015-10-03 00:46

  10. ニッキ―さん、

    おはようございます。

    805SD、改めてそのポテンシャルに感心しました。
    genmiさんのところは低音の量感が増したので、元々豊かな高音とのバランスが整ったのかもしれません。

    byK&K at2015-10-03 10:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする