K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch
石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~h…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

genmi邸訪問記 - コンパクト2wayの聖地

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月28日

genmiさんにお招きいただいてHarubaruさんとご一緒に今年3回目(!)の訪問をさせていただきました。

前回からここに至るまでルームアコースティックをかなりねりあげられたとのこと。
前々回ウェルフロート導入後に聴かせていただいたときはその飛躍的進化に驚嘆したのですが、実は前回の音は私にとってはちょっとしっくりしなかったのです。
その訪問記もなんとなく煮え切らないような書き方で…うまく書けてません。
オフ会そのものは楽しかったのですけれど…

今回の変更点は…

正面は両サイドのヤマハのボードの角度がわずかに変わりました。



フロント左右は両側面の壁にフラッターエコー対策の吸音パネルがそれぞれ2ヶ所追加されたこと。これは高音の吸音過多にならないよう必要最小限にとどめたとか。

フロント左


フロント右


リアの左右に拡散パネルをそれぞれ2ヶ所設置。右側の入り口ドアに拡散吸音のピラミッド型のパネルを追加。

リア左


リア右


試聴はヴォーカルから静かに始まったのですが、今回のgenmiさんの音はは元々高かった解像度に加えて滑らかさが加わって非常に心地よく感じられました。
周波数バランスも全く違和感はなかったですし、低域の量感もいい感じでした。
ボーカルの奥行き感もスピーカの外側まで広がった空間表現も良かったのでもう何も言うことはないと思いました。

次から次へと聴かせていただいたのですが、印象に残ったのはコチラ。



女性ヴォーカルも男性ヴォーカルもジャズのビッグバンドもピアノトリオもなんでもござれ。
ゲーリー・カーのベースは帰ってから早速ポチってしまいました。
エヴァ・キャシディのAutamn Leavesには涙が出そうになりました。

クラシックのヴァイオリンもピアノも聴いたのですが、

ヴァイオリンの音は生々しいのに耳あたりはいいし、ピアノも甘くはならないし…

genmiさんちのすごいところはあのサイズのスピーカーでオーケストラのスケール感、低音の量感を楽々再現してしまうこと。

幻想交響曲も

ラヴェルのラ・ヴァルスも

チャイコフスキーのカプリツィオ・イタリアンも

ファルテの気持ちいい迫力の再生でした。

私は再生音については何も言うことがなかったので、後半は音楽ソースそのものに没入してしまいました。ショパンのバラードについての演奏だとかヴァイオリンの伴奏のピアノの録音の仕方について気になることを口走っていたみたいで、後からHarubaruさんから「音についてのコメントもちゃんとするように」とお叱りを受けてしまいました。
(笑)

genmiさんのところはもはやコンパクト2wayのひとつの聖地になったように思います。

この後の居酒屋さんでの感想戦も盛り上がり楽しい1日となりました。
genmiさん、Harubaruさん、ありがとうございました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. B&W Luxman Octaveのタグとあっては、つい反応してしまいます。

    genmiさんの再生音の素晴らしさは、皆さん、それぞれにコメントされていて、拝見しているだけでも妄想が膨らみます。

    こういう先達がいらっしゃると、機器を言い訳にしてサボるわけには行かないなと思う次第です(腕・耳・部屋・・・・まだまだ口実は残っていますが)。コミュニティの良い所ですね。

    byパグ太郎 at2017-07-29 08:43

  2. バグ太郎さん、

    レスありがとうございます。
    バグ太郎さんの日記、いつも楽しく拝見しています。
    先日ご紹介されていたグルダのモーツァルトピアノ協奏曲は私にとっても思い出深いCDです。バタバタと雑用が重なってコメントする機会を失ってしまったのですが…

    genmiさんのところは音楽がいきいきと伝わってくるので聴いていて非常に楽しいのです。
    機会がありましたらぜひ実際に聴いてみることをお勧めします。

    byK&K at2017-07-29 11:52

  3. K&Kさん、こんにちはw

    毎回genmiさん邸を訪問するたびに、、ピアノやバイオリン 各ジャンルにおいて死角が減っていき 感動がより一層伝わってくる経緯を体験してきました。

    最後の進化での音はまだ聴けていないのですが、K&Kさんの日記を拝見させて頂きまして その完成度がよく分かりました!

    神経質なB&W805SDの扱いを丹念に調整していくgenmiさんの音楽に対する情熱とお人柄が音となって一つの完成の極みに到達したのだと思いました。

    楽しいオフ会の日記をアップして頂きありがとうございました!

    byケニティー at2017-07-29 16:55

  4. genmiさん、

    先日はありがとうございました。

    改善点の補足ありがとうございます。

    「コンパクト2wayの聖地」と書きましたが、後でよく考えたら「コンパクト2wayの」という枕詞は不要でしたね。
    聴いていて楽しいかどうかという観点ではスピーカーのサイズによらない無差別級でも「聖地」と呼ぶにふさわしいところまで達しているように思います。
    これは私の個人的な感想ですが、全く素直にそう思っただけなので特に誇張しているわけではありません。

    演奏や録音についてはついつい偉そうにコメントしてしまうことがあるのは反省しています。でも、このクセなかなか治りません。
    m(_ _)m

    byK&K at2017-07-29 20:34

  5. K&Kさん、こんばんは。

    日記を書いていただきありがとうございます。

    genmi邸の音は、どんどん進化していて、今回はまた違う次元に入った感じでしたね。

    前回までは、QuadRingが良さが際立った明快で伸びやかな音作りでしたが、今回はQuadRingが良い意味で目立たずスピーカーと一体化していましたね。

    音もヴォーカルの口が小さくなり、奥行きが出て来ました。音のヴォリュームは前回よりは下がっていましたが、決してバランスは崩れることなく心地よく聴けたのは素晴らしかったです。

    >Harubaruさんから「音についてのコメントもちゃんとするように」とお叱りを受けてしまいました。(笑)

    ははは、気にしないでください。genmiさんが、これを聴いてピアノの音がどう変わったか、感想を聞かせてください。と言われていたのに、開口一番、僕はやっぱり、ツィマーマンの演奏が好きで、悪いけどこの演奏は… のコメントは、ちょっとハラハラしますね。(^^;) まあお互い気心が知れているので、genmiさんが機嫌を損なうことはないでしょうけど、私ならわかりませんよ。(笑)  

    AKAZU邸でのK&Kさんのコメントもそうでしたが、普段とても温厚なK&Kさんですが、ピアノの演奏になるととても真剣になってしまわれますね。(^^;) ご安心ください、拙宅ではもうツィマーマンの演奏しか聴かせませんから。(笑)

    夜の感想会は、いつもの通り盛り上がって時間が経つのを忘れてしまいましたね。とても楽しかったです。

    >genmiさん、

    今回もとても素晴らしい音を聴かせていただきありがとうございました。いい意味で、ブラインドで聴いたら誰も805SDの音だと思わないと思います。これからは何処を目指されるのでしょう?
    次回のオフ会も楽しみにしております。

    byHarubaru at2017-07-29 20:57

  6. ケニティーさん、

    レスありがとうございます。

    「神経質なB&W805SDの扱いを丹念に調整していく…」

    そういえば確かに前はB&Wのスピーカーの印象ってそういう感じでしたね。今回のgenmiさんのところはすっかり洗練されていて神経質なところは全く感じられませんでした。ちょっと不思議ですね。genmiマジックでしょうか?

    ケニティーさんのところも女性ヴォーカルを楽しく聴かせていただいたことを覚えています。ウェルフロート導入で一段と進歩したのではないかと思っていますが…

    byK&K at2017-07-29 21:39

  7. K&Kさん
    ご無沙汰しております。

    genmiさん邸は増々進化していたのですね。
    ルームチューニング等を拝見しても良い音していそう(笑)
    あの躍動感は気持いいですよね〜

    また箱根越えして遊びに行きたいです。
    皆様も遠州までお気楽にお散歩にいらしてくださいね!

    では、では

    byバズケロ at2017-07-30 08:57

  8. K&Kさん こんにちは

    >再生音については何も言うことがなかったので、後半は音楽ソースそのものに没入してしまいました

    私も月曜日にお伺いしたのですが、まさに、まったく同じでした。

    今書きかけの私の訪問記の仮題は「音がよいということ」なんですが、要するに音がよいと『音』のコメントめいたことは頭に浮かんでこないで、演奏とか曲の内容とかそういう音楽ソースのこととかそっちのほうばかりがあれこれ気になったり頭に去来してしまいますね。

    byベルウッド at2017-07-30 12:25

  9. Harubaruさん、

    先日はありがとうございました。

    私のコメント、またちょっと暴走してしまいましたか?(笑)
    再生音については気持ち良くて全く違和感がなかったので、音楽ソース没入モードに入ってしまったみたいです。めったにないことなのですけれど…

    byK&K at2017-07-30 15:44

  10. genmiさん、

    再レスです。
    私はピアノ・フェチかもしれませんがそんなに多くのピアニストを聴いているわけではないですし、好きな曲もかなり偏っているので底は浅いです。
    genmiさんは立派なピアノ・フェチだと思いますが…

    byK&K at2017-07-30 15:49

  11. バズケロさん、

    レスありがとうございます。

    genmiさんのルームチューニングは高音吸音材の使用を最小限に留めているのが、功を奏しているような気がします。

    お互いにまた箱根を越えて行ったり来たりしたいですね。

    byK&K at2017-07-30 15:58

  12. K&Kさん、こんばんは。

    先月ですが、私もgenmiさん邸にお伺いして衝撃を受けたのですが、私の帰宅後すぐに吸音材の設置変更等で高域がすごく良くなったという事をgenmiさんから聞いていたので、今回のオフ会の音の良さも想像に難くなかったです。
    CDに記録されている情報の全てをさらけ出す様な、腹が立つほどの解像度と再生力は私の目標となりました。
    あれから一か月経ちましたが、こちらとしては少しでも追いつけるようにとスピーカーのネットワーク改造にまで手を出してしまいましたよ。(笑)

    定期的に聖地にお参りして、自分の耳の調整をさせて頂きたいと思っています。

    byCENYA at2017-07-30 19:44

  13. K&Kさん

    聖地巡礼をしてまいりました。皆さんのコメントを拝見して当方が想像していたのよりも、更に更に上を行く凄さでした。勝手に本記事を縁結びの場とさせて頂きました。お詫びと御礼を申し上げます。

    byパグ太郎 at2017-07-30 19:58

  14. CENYAさん、

    こんにちは。

    genmiさんのところは解像度と心地よさが共存する気持ちの良い音空間でした。

    市販品のネットワークに手を付けるのは勇気がいりますね。
    でも、メーカーもコストを抑えるためになかなか資金を投入しずらいところだと思いますのでその効果は大かったのではないでしょうか?
    私の場合もまずネットワークの部品交換を行いましたが、最終的にはチャンネルディバイダ(クロスオーバー)使用のマルチアンプに行きついてしまいました。
    CENYAさんももしかしてこの先があるのではないかとちょっぴり期待しています。(笑・暴言お許しください)

    byK&K at2017-07-31 17:03

  15. バグ太郎さん、

    聖地巡礼、おめでとうございます。
    私の日記がトリガーになって交流が広がったのでしたら、非常にうれしいことです。

    genmiさんちについての私の記述も大げさではなかったでしょ。(笑)

    byK&K at2017-07-31 17:10

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする