K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch
石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~h…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

遅ればせながら…OPPO UDP-205導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月08日

遅ればせながら…OPPO UDP-205を導入してしまいました。



既に多くの方がレポートされているので今更私が書く必要があるかどうかは疑問ですが、アナログ・マルチchでお使いの方は少ないと思いますので私自身のための備忘録も兼ねて書き留めておこうと思います。
ここではアナログ音声出力の印象についてのみ書くことにします。

OPPOのユニバーサル・プレーヤーはSACDマルチch、DVDAやPCMのマルチch音楽ファイルの再生を行っている私にとってはほとんど世の中にこれしか選択肢がないと思われるほどの貴重な存在になっています。
今までBDP-105DJPLを使っていたのですが、その後継機が出たとなっては心穏やかではいられないわけでして…

ただ、先に購入されたGRFさんの情報では105とのアナログ出力の音の差はそれほど大きくない(RCAとXLR出力の差の方がはるかに大きい)とのことだったので、悩んでいました。
幸い(?)、かなり売れ行きがよかったようで品薄状態が続いて入手が困難だった時期があって十分考える時間もありました。
結局、UHDブルーレイへの対応も考慮して(これについてはまた別途書くことになると思いますが…)、購入に踏み切りました。

設置してすぐにCDからリッピングしたソフトやSACDを聴いた印象は「ん、こんなもんなの?」という感じ。天地がひっくり返るような変化は無し。(笑)
Orisukeさんのレポートでの印象になんとなくうなずけるところがあります。
音の解像度が大きく上がったような派手な変化はないのです。
音はむしろ柔らかくなった感じ、アナログっぽいネットリ感があります。
それと音像の奥行きや位置関係などの空間的な解像度が上がった感じを受けるのです。これはマルチchでも感じます。
この変化はDACチップがESSの9018から9038に変わったためなのかOPPOの音のまとめ方なのかはわかりません。
新製品ではとかく前の機種との音の差をアピールしたくなるものだと思いますが、あえてギミックを排除してこのような音にまとめた音決めの責任者の良心、プライドが感じられます。

というわけで以前使っていたマランツ最後のハイエンド・ユニバーサル・プレーヤーからBDP-105DJPLに換えたときほどの大きな音の変化はなかったのですが、まあまあ満足しています。
GRFさんがおっしゃっていたようにUHDが不要なのであればわざわざ105から買い換える必要はないかもしれません。BDP-105DJPLの完成度がそれだけ高かったといえると思います。

その他の変化としてはDiscトレイの開閉の音が多少静かになったかも。
ハイエンド・オーディオ・プレーヤーみたいな高級感はありませんが…

注意すべきことは105の一部の機能が省略されたこと。
NetFlixへの対応やHDCDのデコード機能は205では削除されています。
この辺でコストをうまく抑えているのかもしれません。
その他にもあるかもしれませんので105から買い換える方はHPなどでよく確認されることをお勧めします。
HDCDのCDは私も持っているのですが、最近はdBPOWERAMPでリッピングするときにこのソフトのHDCDデコード機能を使うので難を逃れています。

ESSの9038proを使ったDACやプレーヤーは非常に高額な製品が多いのですが、UDP-205はUHDブルーレイのプレーヤーでありながらこのお値段でマルチch DACまで構成してしまうというのはやはり破格で、市場で品薄が続き実質売価もなかなか下がらないのもうなずけるところ。
生産数量を確保することでDACチップなどのパーツも他社よりかなり安く買い付けることができるのがOPPOの強みなのでしょう。

某評論家のようにオーディオ機器に「趣味性」を求める方たちには向きませんが、限られた資金で実質的な音を求める私にとっては救いの神のように思えます。

UHDブルーレイ再生への対応に関してはまた別途書こうと思っています。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. SACDやDVD-Audioのマルチch再生を考えると
    HDMI接続はまだあるにはありますが、
    このクラスのDACを積んだアナログマルチch再生機は
    全滅といってもいいくらいですよね。

    byHermitage at2017-09-08 20:22

  2. K&Kさん、こんばんは。

    先日はお招きいただきありがとうございました。新生K&K邸の音を最初にお聞かせいただいのにメールでのコメントのみですみませんでした。(^^;)

    K&Kさんが言われるように、stereo再生では、エッジの取れた柔らかい音という感じでした。解像度は高いのでしょうが、それが強調されることがない自然な再生が特徴で、私がマラソンオフ会でお聞かせしたSonica DACと似た感じがしました。基本の音の造りは同じなのでしょうね。

    それがマルチになりますと音場の空気感が良く出て来て、明らかに前の105より優れているかなと感じました。

    個人的にはK&K邸で初めて見させていただいてAV再生が素晴らしいと思ったのですが、これには余計なコメントをしないでK&Kさんの次回のレポートを待ちたいと思います。(^^;)

    byHarubaru at2017-09-08 21:37

  3. K&Kさん

     詳細なプレヴューお見事でございます。  これを読まれた多くの方が触手にビン!ビン!と刺激を受ける事でしょう。

     UHDと言うひと昔ならば夢の様な媒体が登場したにも拘らず、ハードの陣営は至って冷静。 TV屋さんなんかは至って他人事! USBメモリに収めた高画質なdemoを店頭で見せて「どう?キレイでしょ!」とアピール止まり。 本末転倒の様な・・  アンプ屋さんも同様だな(笑)

     まぁー そんな中で孤軍奮闘中のoppoさん。  立派なものを作って頂いていますね。  203はお試し商品で、公開バグ探しみたいな位置付けでしたが(所有者の方スミマセン)この間で205の完成度を上げていったのは想像がつきますね。

     このモデルでは何処に重きを置いているのか?判断が難しいところですが、ピュアなマルチチャンネル(SACDやDVD-Audioなど)を楽しまれてる方にとっては放っておけない逸品ですよね。 AVアンプにその役目を任せているのが今風ですが、AVアンプの体たらくブリもあり(笑)決して本格とは言い難いですよね。 

     これだけの性能にも係わらず、何故?この価格に抑えられたのか?もK&Kさんのレポートで分かりました。  まぁー ウルトラ多機能故に、この機の素晴らしさを100%発揮させる事が出来る方はそ-多くはないでしょうが(笑)なんにでも対応させてる良いモデルである事には間違いないですね。

     個人的には、内臓DACは使う事は無いので、同躯体でHDMI出力のみで出してくれると手が伸びそうですが(爆)  国内機種(持ってはいるが・・)のアレじゃ、イマイチ寂しいですよね。  一般的に初号機(オーディオブランドとしては尚の事)はメーカーの威信を掛けた物凄い製品の登場が当たり前だったのに・・ 出てきたものを見ると「アレッ?」と首を傾げたくなります。 次々と統合されてる日本のオーディオブランド。 それを良い方向へと導いて欲しいですね~~   

     ニッポン(日本)が育てた・牽引してきた!と言っても決して過言じゃない、特にソフトとプレーヤー部門!  このままじゃ「無」に成って仕舞いそうな勢い "(-""-)"  頑張ってもらいたいなぁ~~

    アコス…。

    byアコスの住人 at2017-09-09 07:30

  4. K&Kさん、大変ご無沙汰しております。

    UDP-205の導入、おめでとうございます。

    1年ちょっと前にお邪魔して聴かせていただいたBDP-105も相当な完成度だと思いましたが、さらに着実に進化しているようですね。

    最近は、K&Kさんのシステムの進化や、他の方のオフ会記事を拝見するだけになっていましたが、ES9038の記事に反応しました。

    拙宅でも自作のES9038Dual-DACが動き出したところですが、音質面で共通するところが多いのでコメントさせていただきます。

    比較対象は自作ES9018Single-DACで、IV変換や電源回路が違うので厳密なものではありませんが、参考にはなると思うので書いて見ます。

    >音の解像度が大きく上がったような派手な変化はないのです。
    >音はむしろ柔らかくなった感じ、アナログっぽいネットリ感があります。

    →解像度を誇張するような音ではありませんが、音の密度が上がりかつ滑らかになっているように感じました。

    >それと音像の奥行きや位置関係などの空間的な解像度が上がった感じを受けるのです。

    →これは全く同感で、音像定位のブレがなくて立体感が良く出るようです。

    ということで、UDP-205の音の進化はやはりES9038によるところが大きいのではないでしょうか。

    byED at2017-09-09 09:28

  5. Hermitageさん、

    こんにちは。コメントありがとうございます。

    Hermitageさんのおっしゃる通り、アナログマルチch再生対応機の選択肢は非常に限られますね。
    SACDマルチや192KHz/24bit 5.1chの音楽ファイル再生の両方に対応しているのはもはやOPPOくらいしか思い当たらないのですが…

    byK&K at2017-09-09 12:45

  6. Harubaruさん、

    先日はありがとうございました。
    ちょっと趣向を変えたオフ会になりましたが…(笑)

    OPPOのバランス出力を利用するようになって一皮むけたように思います。
    たまにはちょっと肩の力を抜いて音楽映画やバレエなどのAVソフトを楽しむのもいいでしょ。(^^;)
    映像ソフトももう少し充実させたいと思っているのですが…経済的な理由でブレーキをかけなければなりません。
    でも、なかなか止まらない (涙)

    byK&K at2017-09-09 12:59

  7. アコスさん、

    こんにちは。

    なかなか難しい時代になりましたね。
    ネットからの配信で映画を楽しむ人も多いので、UHDのプレーヤ・メーカーもうかうかしてられないのではないでしょうか?

    映像メインの方はOPPOのアナログ機能は不要なのでもったいないかもしれませんね。

    マルチchの音楽再生に関してはここまで多機能で高クオリティのものはあまり見当たらないので、この分野でOPPOは孤高の存在になってしまったような気がします。

    AVアンプのユーザーは映像メインなのでメーカーとしては音楽再生のクオリティのためにお金をかけにくいのではないかと思います。

    私も日本の某AVメーカーで電子回路設計をしていたことがありますので現在の日本の大手メーカーの状況は残念ですが、時代遅れの組織の体質を変えられない企業の生き残りは難しいものがあるように思います。

    byK&K at2017-09-09 13:44

  8. EDさん、

    ご無沙汰しています。
    レスありがとうございます。

    EDさんのES9018とES9038についての音の印象、非常に興味深く拝見しました。OPPOの105と205の違いと共通点が多そうです。
    やはりDACチップのキャラクターの影響が大きく反映しているみたいですね。
    貴重な情報ありがとうございました。

    EDさんのところはちょっと遠いのですが、またお会いしたいです。

    byK&K at2017-09-09 14:53

  9. K&Kさん、こんばんは。

     UDP-205の導入、おめでとうございます。

     皆さんが期待された通りの展開(導入)になりましたね。(笑)
     私もUDP-205を導入しましたが、確かに105DJPと比較して激変ということはないですが、着実に向上していてより自然な方向になったと思います。

     仮想同軸も発展されているようで、トータルとして音に更に磨きがかかっているものと思います。映像ソースにも良いものがありますので、そちら方向の発展も期待しています。

    byYokkun at2017-09-09 20:07

  10. Yokkunさん、

    ご無沙汰しています。
    YokkunさんもUDP-205を導入されたのですね。

    >確かに105DJPと比較して激変ということはないですが、着実に向上していてより自然な方向になったと思います。

    そうなんですよね。控えめですが一歩前進といったところでしょうか。
    映像系に関しては別途書こうと思っています。(^^;)

    YokkunさんのことはHarubaruさんからいろいろお聞きしています。お忙しい中、引き続きお世話になりますがよろしくお願いいたします。

    byK&K at2017-09-09 22:28

  11. K&Kさん 205の印象は大体同じですね。105DJPをお持ちの方で、4KUHDを見られない方には、積極的にはお薦めしていませんが、画像の差は凄く大きいですから、有機ELを導入された方は否応もありません。
    K&Kさんの映像系のご感想をお待ちしています。

    byGRF at2017-09-10 10:33

  12. GRFさん、

    こんばんは。

    UDP-205についてのGRFさんのインプレッションやアドバイスは非常に的確でした。感謝しております。
    でも、我慢できずに買ってしまいました。(笑)
    映像系も… あああ (爆) 

    byK&K at2017-09-10 19:18

  13. K&Kさん、こんばんは。

    ES9038を搭載したネットワークプレーヤーとして205がとても気になっています。
    私は現在スピーカーをマルチアンプ駆動していますので、205のアナログマルチ出力端子にてステレオ音源もマルチ出力が可能であれば、購入に気持ちが傾きます。
    205の取説を見てみましたが、記載がなかったので分かれば教えてくださいませ。
    伝わり難いと思いますので補足しますと。フロントのRLと同じ音がサラウンドとサラウンドバック端子でも同時に出力出来るでしょうか。という事です。

    byCENYA at2017-09-10 20:12

  14. K&Kさん

    こんばんは

    やっぱり105JPLユーザーとしては、悩んだ末でも魅力に抗しきれないですよねぇ。いらっしゃいませ(笑)。

    私の家の再生系はスピーカーが特殊な分、プレーヤーの中高域の違いが拡大されているのかなとも思います。105JPLのメーカーチューンの気合いの入り方にも共感していたので、205導入時は少し不安があったのですが、トータルでかなり良い方向に行ってくれてホッとしています。

    205で私が驚いているのはアコースティック系のCDの予想外の情報量の多さで、16bit44,1Kの情報量をいままで自分が充分に再生しきれないまま30年来たのだろうか、と冷や汗をかいています。一見、地味な音に聞こえますが、木管楽器やヴァイオリン、ヴィオラの質感が急にきめ細かくなった感じで、木綿の105、絹の205という感じです。ES9038はなにか、一線を越えたチップのように感じています。

    byOrisuke at2017-09-10 21:18

  15. CENYAさん、

    こんばんは。

    ご質問の趣旨はフロントのRとLの出力信号でそれぞれ複数のパワーアンプを駆動したいということだと思いますが、私の理解は正しいでしょうか?

    たぶんOPPOにはサラウンドからフロントと同じ信号を出力するという設定はないと思います。
    もしどうしても確認したければOPPOのカスタマー・サポートに問い合わせることをお勧めします。HPから質問を送れます。
    私は何度か質問をしたことがありますがOPPOのサポートは迅速で親切です。

    ただ、もし、ご質問に関しての私の理解が正しいとすればサラウンドの出力に期待する必要はなく、フロントの出力を分岐して複数のパワーアンプに送ればいいだけだと思います。
    OPPOは不思議なことにフロント出力はRCAよりもXLRの方が音がいいので、XLR出力をRCAに変換してから分岐することをお勧めします。変換アダプター、分岐アダプターは簡単に手に入ります。パワーアンプの入力インピーダンスが異常に低い場合を除けば分岐の方法で問題ないと思います。
    OPPOはヴォリューム・コントロール機能があるので私はこれを使っています。これによりプリアンプをバイパスできます。
    このOPPOのヴォリューム・コントロールを使った場合とこれを使わないでパッシブプリを使用した場合の音質比較をしたことがありますが、私には差がわかりませんでした。

    変換アダプターや分岐用のアダプターの情報についてはもし必要でしたら別途メッセージをください。

    205はネットワークプレーヤーとしても優秀だと思いますが、それだけだとちょっともったいないかも…(笑)

    byK&K at2017-09-10 22:44

  16. Orisukeさん、

    こんばんは。レスありがとうございます。

    >やっぱり105JPLユーザーとしては、悩んだ末でも魅力に抗しきれないですよねぇ。

    はい、おっしゃるとおりで抗しきれませんでした。(笑)
    Orisukeさんのレポートもしっかり参考にさせていただきました。大変感謝しています。

    205は不思議な進化を遂げていますね。
    う~ん、「木綿の105、絹の205」というのはまさに言いえて妙。
    座布団3枚!!

    byK&K at2017-09-10 23:08

  17. K&Kさん、回答ありがとうございます。

    ご理解の通りでございますが、出来そうにないですかね。。。
    念のためにCSに問合せしてみます。
    205のマルチCH出力はフロントを専用2CHの出力端子に割り振って出力できるようで、その場合は2CH用の9038DACとマルチCH用の9038DACの2つを駆使できるようなので、惹かれました。
    サラウンドからの同時出力が出来ないのであればsonicaDACの方がCPが高いですね。
    ディスクメディア再生機を持っていないので、SACDが再生できるようになるのも良いかな、って思っていました。

    byCENYA at2017-09-10 23:48

  18. K&kさん   こんにちわ沼津のbionです。
    最新のマルチプレイヤーの導入うらやましいですね。
    マランツ最後のハイエンド・ユニバーサル・プレーヤーとは、9004のことでしょうか?
    私のリビングでは、まだまだ当分現役です。音楽系のBDとじぶりの漫画を楽しんでいます。

    オーデイオルームの整備がなかなか完結しないのでリビングはもう十年前の機材たちのままです。
    TVの買い替え時期が機材更新時期になるのかな。

    K&Kさんのサラウンド楽しみにしています。
    よろしくお願い致します。

    bybion at2017-09-11 11:34

  19. CENYAさん、

    >205のマルチCH出力はフロントを専用2CHの出力端子に割り振って出力できるようで、…

    これは確かにできそうな気がしますね。
    ただ、この場合の考えられる問題は専用2chとマルチのフロント出力ではクオリティが異なる(かもしれない)ことです。私は205の場合のチップ構成を把握できていないのですが、105のときは9018を2つ使っていて、ひとつを2ch専用に使っていて、もう一つを7.1chのマルチに使っていたと思います。
    つまり2ch専用出力では一つのチップ内の8個のDACをパラ使いするなどしてクオリティの向上を図っていたと思います。
    205も似たような構成でしたら専用2chとマルチのフロント出力では違いが生じるのではないかと思います。
    これは実際に試してみないとわかりませんが…

    私でしたら専用2chの分岐にすると思います。なぜそこまで分岐を嫌われるのか私にはあまり良く理解できません。

    あとSonicaDACは205の音とは少し違うような気がします。同じ条件で比較したことがないので確信があるわけではないのですが…
    購入される場合には同条件で比較された方がいいように思います。

    byK&K at2017-09-11 12:21

  20. bionさん、

    こんにちは。レスありがとうございます。

    >マランツ最後のハイエンド・ユニバーサル・プレーヤーとは、9004のことでしょうか?

    はい、マランツの9004とOPPOの105はちょっと音の傾向が違っていました。これは好みの問題や周辺機器との相性がありますので完全にどちらの方が上とかいう判断は難しいと思います。

    bionさんの9004は音楽専用室ではなくリビングでお使いなのですね。
    音楽系とは完全に独立した映像系のシステムをお持ちとは贅沢なことだと思います。

    ウチは205が音楽系、映像系のすべての再生を担っています。
    マルチchの音楽再生を重視しているので、結果的にこうなってしまいました。(笑)

    映像系も有機ELの4KTVやUHDなど魅力的な機器やソフトが出てきていますから更新時期は悩ましいですよね。
    私はつい魔がさして…(笑)

    byK&K at2017-09-11 13:18

  21. お邪魔します  ^^) _旦~~ 


    CENYAへ
     >> 伝わり難いと思いますので補足しますと。フロントのRLと同じ音がサラウンドとサラウンドバック端子でも同時に出力出来るでしょうか。という事です。

     それは無理じゃない? プレーヤーのアナログマルチチャンネル出力はソフトの仕様のままですから。  例えばブルーレイ。 dts-HD MA 7.1chなら デコードして7.1chでアナログ出力するだけ。 プレーヤーでもスピーカー設定(その有無や大きさ、音量や距離)はあるので、205の様にヴォリューム機能があればパワーアンプ直結も可能。 この機能はSACDやDVD、DVD-Audioにも対応します。 よね!(笑)

     よってCENYAさんが望まれてる様な事はプレーヤーじゃ無理ですね。。 ストレートでコードと、無いスピーカー(行く場所のない音源)をどこぞに畳込むだけの機能ですね。 作ったりはしてくれないですね。  でもAVアンプには普通に付いてる機能で、2chのCDだってすべてのスピーカーから鳴らす事も出来ます。  これに何の意味があるかは分かりませんが(笑) CENYAさんがコレで何を求めてらっしゃるのかも・・・???ですが。

    byアコスの住人 at2017-09-11 21:09

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする