K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch
石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~h…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

2018年前半の印象に残った映画

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月18日

映画は月極めでBluーrayをレンタルして楽しんでいます。
今年前半観た中で印象に残った映画について書き留めておこうと思います。
観終わった後、余韻が残る映画が好きですが、ここではそんな2つの作品について書いてみます。

最初はコレ。"Blade Runner 2049"



この作品については既にPhilewebでも何人もの方が取り上げられているので、私が何か言うほどのことはないかもしれませんが…

今回はLAPDのレプリカントの警官Kが主人公。ライアン・ゴズリングが抑えた演技でいい味を出してます。
ストーリーも面白かったし、映像も音響も秀逸。この映画は前作からそうなのですが、日本趣味がちりばめられていてLAが日本他のエキゾチックな文化混淆の街になっているのが面白い。KのホログラフィックAIの恋人JOIがアキバ系美少女なのはご愛嬌。
このラストだとまた続編があると思われますが、楽しみです。

後からUHD版を購入してしまいましたが、さすがに暗い場面での映像表現は見事でした。



次が"Allied" (邦題 マリアンヌ)
第二次世界大戦中の独軍占領下の仏領モロッコ、フランス、ロンドンを舞台にしたスパイものなのですが、内容はカナダ空軍将校とフランス・レジスタンスのヒロインのラブ・ストーリーといえるでしょう。
"Allied"というのは英軍、カナダ軍、フランス・レジスタンスの同盟関係、カナダ空軍の将校とフランス・レジスタンスのヒロインとのスパイ活動での協力関係などを指しているのだと思います。



主演はブラッド・ピットとマリアン・コティヤール。
大人の童話といった感じのお話でしょうか?
マリアン・コティヤールはインセプションの時に強く印象に残っていますが、ここでも独特の不思議な魅力を放っています。

モロッコやロンドンの当時の街並み、クルマ、航空機など私にはどこまで正確に再現されているのかはわかりませんが、非常に雰囲気感のある映像になっています。音響のクオリティも高いと思います。

ココからはややネタバレになりますので見ていない方はご注意…

ラストに近い場面でのブラッド・ピットは彼の若いころの作品"Seven"を彷彿とさせて切なさを感じますが、救いのない"Seven"と比べればこちらの方はその後のフォローアップ・シーンのおかげもあって観終わった後の後味はかなり良かったです。

これもUHD版を買うことになってしまうのではないかと思います。(^^;)



その他良かった作品としては…
エイリアン・コヴェナントは面白かったのですが、怖いのと例によって気持ち悪いこともあってココではパスさせてもらいました。
でも、これもUHD版、買ってしまいました。(^^;)
また、"Dunkirk"については前に書いていますのでこれもここでは触れません。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. K&Kさん

    映画は面白いですよね(^o^)/ 今年も大作が目白押しでストッカー(BD/DVD収納棚)が足りなくなりそうです。

    自分にとっては全てがベストなので、コレ!とはなかなか言えません。 挙げて頂いたブレードランナー2049もベストに挙げられる1枚ですが難易度は高いですよね! 前作も自分にとっては難易度が高い作品でしたが、今回も難しかった! 2度3度と繰り返し見る事で理解出来てきますが、最近はこう言う作品が多くなってる様な。 って言うか、それは自身の理解力の無さですかね(笑)

    私にとっては今年は大変革の年。 メインスピーカーの変更で音場の方も大きく変わりました。 DVD時代の作品で、特にシリーズ化してる物はBDを買ったりしています。 wowowでハイビジョンは見れてもロスレスは圧倒的な差になります。 AAC5.1も今どきのアンプで仕上げると悪くは無いのですが、ロスレスを聴いてしまうと後戻りが出来ません。 ロスレスは罪な奴ですよ! 幸いウチには4kは未だ未開拓なので(笑)映像美は今の程度でも満足ですがコレもいつかは変わるかもしれませんね。


    アコス。

    byアコスの住人 at2018-07-20 13:10

  2. アコスさん、

    こんにちは。
    レスありがとうございます。

    私はレンタルで借りて買うのは厳選してと思っているのですが、やはり手元に置いておきたい作品は結構あって徐々に増えつつあります。UHD版は高いので最近はほとんどUSの密林からの購入です。

    理解に時間がかかる作品はありますよね。
    私にとっては最近では"Arrival"(邦題 メッセージ)がそうでした。Discの場合は繰り返し見ることができるので、その点は映画館で見ることに対してのアドバンテージがあって助かります。
    (^^;)

    TVや配信の映画は絵はともかく音声がプアですよね。
    セリフが大きく設定されているので結果的に効果音の迫力は得られないし…
    TVからの録画は全くしていませんが、例外は「君の名は」でこれは音声は始めから期待していないので十分楽しめましたけれど…(笑)
    最良のクオリティを配信などで得るのもまだしばらく時間がかかるのではないかと思っています。

    4KHDRはなかなかいいですよ。もっともウチの4Kは"なんちゃって"ですけど。2KソフトはOPPOのアップサンプリングを使って見てますが、これも結構満足しています。

    byK&K at2018-07-20 14:48

  3. K&Kさん
    こんばんは。
    今年前半の印象に残った作品「マザー!」以外無いですね。おすすめはしませんが(笑)
    音響もDolbyAtoms映画史上最大の超~~弩級重低音は音圧で身体金縛り状態になりましたね(笑)ホントにおすすめできる映画ではありませんが強烈に印象に残ってます(笑)

    byHD105cinema at2018-07-20 23:24

  4. HD105cinemaさん、

    レスありがとうございます。

    「マザー!」ですか?
    サイコ・ホラーですね。
    私の苦手な怖そうなお話のようですが…(笑)
    でも、主演のお二人は新進気鋭の有名どころなのが気になります。

    どうしようか…とりあえずレンタルリストの末尾に加えておこうと思います。でも、怖い…

    byK&K at2018-07-21 12:25

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする