K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch
石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~h…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Wellfloat 沼にはまって… Part 2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月28日

Part 1でWellfloat関係の変更について書きましたが、この変更の後、Harubaruさんとgenmiさんにお越しいただきました。
前回お二人に来ていただいたのは2月の下旬でしたので半年ぶりになります。

この間の拙宅のシステムの変更点はPart 1で書いたWellfloat関係の変更とサブ・ウーファのセッティングについての変更です。
このサブ・ウーファ関連についても簡単に書いておこうと思います。
これはgennmiさんがサブ・ウーファを導入されてそれを聴かせていただいたのがきっかけになっています。
非常にうまく溶け込んでいたので、大いに刺激を受けました。

拙宅のサブ・ウーファはサーロジックのSPD-SW2000Dですが、これは入力にA/D変換器を持っていてアナログ信号を一旦デジタル化した後、デジタル的にタイムディレイ、周波数補正を行うようになっています。
今までの設定で少し気になっていたのは入力の設定がやや小さくA/Dのダイナミックレンジ十分に生かし切れていないのではないかということ。
SPD-SW2000Dのインジケータを確認しながら超低音を多く含むソフトを使用して最大音量時にクリップしない程度まで入力ヴォリュームを上げました。
このままだとメイン・スピーカとのバランスが崩れてしまうのでOmnimicで周波数特性を確認しながら出力ヴォリュームの再設定を行います。

これと同時にサブ・ウーファの位置を今までよりも少しリスニング・ポジション寄りに変更し、メイン・スピーカーとリスニング・ポジションとの距離とほぼ同じにしました。これによりSPD-SW2000D上のメイン・スピーカーとの距離差の補正をゼロに変更したのです。

今まではメイン・スピーカーよりも奥に位置していたので距離差を20㎝にしていました。この距離補正はメイン・スピーカーとのクロスオーバー付近で位相を合わせて周波数特性のディップを作らないためのものですが、サブ・ウーファが奥に位置する場合には時間遅れを作ることになるのでやや気になっていました。
サブ・ウーファがメイン・スピーカーより前に位置する場合には問題ないのでしょうけれど…

個人的にはこのサブ・ウーファ調整も低域の解像度の向上に大きく寄与したと感じています。

ちょっと前置きが長くなりましたが、この状態でお二人に前回との違いを確認いただいたのです。

聴いていただいたのは女性ヴォーカル、ピアノ、ヴァイオリン&オーケストラ、ピアノコンチェルト、その他のgenmiさん音源など。

ここから先はお二人の率直な感想をいただければいいのですが…
残念ながらgenmiさんはPhile-webでの活動から離れておられてますし、Harubaruさんも事情がおありなので当日お二人からいただいたコメントを私が要約して超簡単に書かせていただきますと…

Harubaruさんからは変化の傾向は今まで経験したWellfloatのピアノメカ、フルコンメカと同じ方向で予想通り、ただその変化の大きさは思っていたよりも大きかったとのコメントをいただきました。

genmiさんからもポジティブなコメントをいただいたのですが、私が一番うれしかったのはピアノ・フェチのgenmiさんにピアノの音を褒めていただいたこと。
私もピアノが好きなので…

この日はこのあと駅近くのピザ屋さんで感想戦。
いろんな話で盛り上がりました。
genmiさんはPhile-webを離れた後もオーディオ関係の交流を活発に続けられているようなので安心しました。

最後に最近改めて聴いていいなぁと思っているピアノの音源の中からピックアップして載せておきます。最初のアンジェラ・ヒューイット以外は今回のオフ会でも一部を聴いていただいています。
前にも紹介していますので繰り返しになってしまいますが… 
(^^;)

アンジェラ・ヒューイットのシャブリエ。
ピアノはファツィオーリ。


原田英代のシューベルト。
ピアノはスタインウェイ。


アリス・サラ・オットとフランチェスコ・トリスターノのデュオ・ピアノで春の祭典、シェヘラザード、ラ・ヴァルス。
ピアノはアリス・サラ・オットがスタインウェイでフランチェスコ・トリスターノがヤマハCFXという変則的組み合わせ。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. K&Kさん、こんばんは。

    私のコメントまで載せていただきありがとうございます。(^^;) 予想通りでしたが、期待以上でした。

    予想通りは、SNがかなり良くなったことにより静けさが増し、重心が下がり、定位がはっきりしてきたこと、期待以上は、サブウーファー設置の見直しもあると思いますが、低音の凄みが出たこと、ラッパ系の音が飛んで来るようになったこと、ピアノの音が冷たく響くようになったことですかね。ステレオの音がマルチに負けずに良くなっていたのも驚きでした。

    ここまでコメントしていてなんですが、やはり私の場合客観性が疑われますので、他の方もに聴いていただくのが一番でしょうね。(^^;) また違う発見をしてくれそうです。

    感想戦はいつも楽しいですね。他の方とのオフ会後の感想戦にはいつでも参戦いたしますよ。(笑)

    byHarubaru at2018-08-28 22:42

  2. K&Kさん、おはようございます。

    メカ強化、やはり導入となりましたか?効果は皆さん共通しているように思います。K&Kさんの表現を借りると、ピアノの温度感の表現力が増した感じでしょうか?またお聴かせ下さい。

    これから海外の山シーズンですね。

    by横浜のvafan at2018-08-29 07:51

  3. K&Kさん おはようございます。

    wellfloatの 強化メカの採用で 全体のS/Nが 上がり, サブウ

    ーハーのセッティング見直し効果と 相まって 低音域の解像度

    が 格段に 上がって 音楽再生の 質が かなり 上がっ

    て , 音楽を楽しむ顔, 耳が 緩みっぱなし?? と言うこと

    ですね。良いですね。

    変態低音フェチクラブ バンザイ!!

    byX1おやじ at2018-08-29 08:26

  4. Harubaruさん、

    先日はありがとうございました。

    Part 2は支離滅裂の内容になってしまいましたので、Harubaruさんの補足は助かります。

    >ここまでコメントしていてなんですが、やはり私の場合客観性が疑われますので、他の方もに聴いていただくのが一番でしょうね。(^^;)

    いえいえ、私の自己満足日記よりははるかに客観性があると思います。

    >感想戦はいつも楽しいですね。

    はい、オフ会の目的が実はコレだったりします。(^^;)
    また次の機会を楽しみにしています。

    byK&K at2018-08-29 13:10

  5. 横浜のvafanさん、

    レスありがとうございます。

    vafanさんのところであの音を聴いてしまったのでどうにも止まりませんでした。やはり同じ傾向の変化を感じました。

    >ピアノの温度感の表現力が増した感じでしょうか?

    言葉で表現するのが難しいのですが、Harubaruさんが書かれているように凄味みたいなものが感じられるようになりました。
    ぜひまたお越しいただけたらと思っています。

    >これから海外の山シーズンですね。

    実は今年は7月前半にオーストリアのチロルに行ってウチのシーズンは既に終わっているのです。(^^;)
    帰ってからの猛暑でもうバテバテです。先週この暑さに耐えかねて八ヶ岳に行ってきました。今回は久しぶりに赤岳まで行ったのですが、赤岳に行った日だけは天候に恵まれてラッキーでした。

    byK&K at2018-08-29 13:30

  6. X1おやじさん、

    レスありがとうございます。

    先日、新潟で41℃を記録したと報じられていましたが、いかがお過ごしでしょうか?
    まあ、日本中どこでも暑いようですが…

    音の方は一段落したようなので、これから秋に向けて音楽を楽しんでいきたいと思っています。

    >変態低音フェチクラブ バンザイ!!

    いいですね。genmiさんにも入ってもらいましょう。
    Harubaruさんも爪を隠していますが、資格充分と見ていますので引きずり込みたいです。(笑)

    byK&K at2018-08-29 14:25

  7. K&Kさん
    こちらの日記でもこんばんは〜

    genmiさんお元気そうで何よりです。
    変わらず交流できて嬉しいね!

    さて、今回ご紹介いただいた「変態低域フェチ」音源は、やっぱり低域が変態なの?!
    あの低域事件以来、心穏やかな目線でK&Kさんを語れなくなったバズケロですが、きになるなあ(笑)

    ちなみに前回の変態低音フェチ音源の2段打ちですが、2回目から余韻の音程が変わりませんか?
    ボ〜ン...フッ...てな感じですよね?!
    音符とは違うような感覚です。

    いずれにせよ「変態低音フェチクラブ」
    盛り上がってきましたね。
    結構資格十分な仲間は多そうですね。

    あっ、バズケロはノーマルですから...ねっ(笑)

    音楽もオーディオも交流も、とことん楽しみましょう!

    では、では

    byバズケロ at2018-08-29 23:06

  8. バズケロさん、

    こちらにも来ていただいてありがとうございます。

    ここで載せた3つのピアノ音源は「変態低域フェチ」御用達ではないのですが…
    あ、でも3つ目の音源のアリス・サラ・オットとフランチェスコ・トリスターノの春の祭典Part1(Tr2)の終盤でアリス・サラ・オットがピアノの打鍵に合わせて裸足のかかとで床を踏み鳴らしているのではないかと思われるドスンドスンという音が入っています。
    この部分だけは「変態低域フェチ」向けかもしれません。
    この音、本当はなんなのか良くわかりません。
    こんなの楽譜にはないと思いますが…
    ご存知の方がいたら情報をいただきたいのですが…


    例の「変態低域フェチ」音源ですが、

    >ボ〜ン...フッ...てな感じですよね?!

    まさにそんな感じです。2回目は音というよりほとんど空気の圧力です。
    楽譜上は2度打ちになっていないかもしれませんね。
    2回目はグランカッサの振動を止めるために抑えに行っているだけなのかもしれません。

    あの音を出したら立派な「変態低音フェチクラブ」会員です。
    勝手ながら登録させていただきました。
    脱会は許されていません。(笑)

    byK&K at2018-08-30 00:37

  9. K&Kさん こんばんは 
    新潟も 涼しくなりましたよ。 しかも 一気に!!??

    やっと よるは エアコンから 開放されて 低音の響きも 伸びやかに もう少し 湿度が下がると もっと 音の飛んでくるスピードが 速くなりますから もっう少し 気持ちよくなりますね。
    私は サブウーハー 3つを 追い出してから 低域の 量感と質を

    求めて路頭に迷いましたが 一筋の光に 救われるように なりました。

    私の グランカッサのスタンダードは 小澤の ベルリオーズの幻想 と マーラーの 一番 と 2番 サイトウキネンです。

    気になったのですが OPPOの脚は 取り払ったのですか??

    byX1おやじ at2018-08-30 18:09

  10. X1おやじさん、

    こんばんは。
    新潟は涼しくなりましたか?
    関東地方はまだ暑いです。
    今日は特に暑かった~。

    >私は サブウーハー 3つを 追い出してから 低域の 量感と質を求めて路頭に迷いましたが 一筋の光に 救われるように なりました。

    そうでしたか。
    X1もALEXXも800D3もかなり低いところまで伸びているようなのでサブ・ウーファは必要なさそう…
    超低音の再現は部屋やセッティングも含めて悩ましいことが多いですね。

    OPPOの脚は外しています。
    WellfloatのQuadRingは底面が平らな機材でないと使用できないので脚は外さざるを得ないのです。
    脚を付けた状態の場合はWellfloatボードを使うことになりますが、通常のものはウチのラックの高さ寸法の関係で使用できません。
    薄型のものだと使えそうなのですが、今回、ピアノメカを使ったQuadRingの試聴結果が良かったのでそれを使うことにしました。

    byK&K at2018-08-30 22:02

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする