K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch
石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~h…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

HS-500 生誕50周年のお祝い 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月09日

 これは完全に自分自身の記録のための日記ですので、この場をお借りすることはちょっとためらいがあるし、恥ずかしいのですが…。

古い国産のスピーカーに関してのお話なので、バジェット・オーディオ(この言葉、結構気に入ってます)に興味のない方はどうぞスルーしてください。

私の愛機、日立Lo-D HS-500は今年生誕50周年を迎えました。
1968年の発売です。
10年くらいの永きに渡って販売していたので60代前半でも若い時からオーディオに興味があったかたは多少の知識をお持ちかもしれませんが、やはり60代後半より上の世代の方でないとご存じないのではないかと思います。

発売日などの情報が私にはないので、今年のどこかでお祝いしようと思いつつ、いつにするか迷っていました。しかし、もう11月になりましたし、ぐずぐずしていると1年が終わってしまうので、11月某日に誕生日を迎えたカミさんの誕生祝に便乗して、ささやかにお祝いをいたしました。

とはいっても本人(本機?)はシャンパンをかけられても喜ばないでしょうから、私がカミさんとワインを飲みながらささやかにこの子のお祝いもしたというだけです。
(^^;)

このスピーカーの開発にかかわった方も50年後にまだ使っている人がいて、オークションでいまだに取引される(当時はオークションでの中古品の売買等及びもつきませんでしたが)とは当時はとても想像できなかったでしょう。
たぶん開発者の思っていた以上の耐久性があったのだと思います。
これにかかわった皆様には敬意を表します。
素晴らしい仕事をされたのだと思います。

私のHS-500はネットワーク回路の使用をやめ、マルチアンプでの駆動を行っていてサブ・ウーファとスーパー・トゥイータのアシストを受けて今でもバリバリ元気です。ウーファもトゥイータも買った当時のままでエッジの交換もしていません。(このウーファのエッジを交換したら全く別物になってしまうのでそれは不可能ですし…)



私がよそで聴いたアスリート系のスピーカーに刺激を受けてたまにムチを入れることがありますが、そんないじめにも似た状況下でもなんとか耐えてくれています。
ピアノもコンサート聴く程度の音量での再生が可能ですし、フルオーケストラの実物大再生はやや厳しいですが、ピークで100dBを超える程度の再生は可能です。

もう腐れ縁なので、私にはこのスピーカーを処分することはできません。
今後もがんばって私の生きている間、働いてくれることを願っています。
どうか60周年も無事迎えられますように…

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. K&Kさん、こんばんは!

    なーんと50歳だったのですか。
    お伺いした時にはそんなオッサン(失礼っ!)だとは感じませんでした。
    まだまだ枯れていませんよ!

    byCENYA at2018-11-10 00:11

  2. K&K さん、今晩は。

     長きに渡りお聴きの愛聴スピーカー、スピーカーも本望ではないでしょうか。やはりギャザードエッジが大変に良かったのでしょうか。その当時からギャザードエッジはLo-Dだけではなかったかと思います。


     構成も上下2段ツインでセットされ、またネットワーク方式をマルチアンプ方式に改造され、HS-500 K&K バージョンと言う事でしょうか。すごい情熱を傾けられ感服しています。

     他の個所も色々とご自身の好みで改造されており根本的な個所のダメージが無ければ使い続けられると思います。これからも60周年といわず末永く可愛がってください。

     奥様とお祝いをなされたようで、これまたうらやましい事です。
    おめでとうございます。

     私も永く聞いています(40年程)スピーカーは、タンノイレクタンギュラーヨークです。このスピーカーのエッジは2回ほど自作のエッジで張り替えました。2回目はセーム皮で張り替えましたが、コーンが垂れてきましたので、新しいユニットを中古で買い求め入れ替えています。これもやがてエッジが駄目になりそうです。

     私のコックピットは名前のごとく非常に狭いので、現在は自作のスピーカーをヨークの前に設置しています。さすがにこの設置法ではヨークは聞けません。

     またドライブする 300B PP モノラル片方が不調で休眠しています。まだまだ聞き続けたいのですが、どうなります事か。

     yhh 
     

     

    byyhh at2018-11-10 00:35

  3. K&Kさん お早うございます、そして、おめでとうございます。

    50歳のお祝いを家族でされるなんて、幸せなスピーカーですね。
    やはり、愛情をかければ応えてくれる、そんな気がします。
    もう一つ、思うのは、スピーカーは「褒めると伸びる」ということでしょうか。(超文科系オーディオ術?)

    これからも、いい音楽を一杯食べさせて、可愛がってあげてください!

    byパグ太郎 at2018-11-10 04:49

  4. K&Kさん お早うございます
    生誕50年!!凄いです。思わずスピーカーを褒めてあげたくなりますね!

    このスピーカーを仮想同軸スピーカーに昇華させ唯一無二のスピーカーシステムに仕上げられましたね。デザインも秀逸です。
    他にない独自の温かい、定位の良いサウンドが聴こえてきそうです♪
    私のシステムもやがて40年を迎えます。当初、ウーハーのコーン紙のヘタリを懸念しましたが全くの杞憂でした。

    byどんぐり at2018-11-10 07:40

  5. K&Kさん、おはようございます。
    小生が学生の頃はまだ大阪の日本橋で展示試聴出来た記憶があります。
    ユニット単体でも販売されていたと思いましたが、当時の下宿生の身には高価なものでしたから、当然買えませんでしたが。
    長く使い続けていると家族のようなものですね。
    これからも大切にしてあげてください。

    by椀方 at2018-11-10 08:07

  6. K&Kさん、こんにちは。

     HS500も生誕50年ですか。スピーカは原理的そう変わらないのでまだまだいけそうですね。

     HS500が持ちの良いのはフィクストエッジに相当するギャザードエッジの耐久性のお陰かと思います。その後にこれに続くユニットが出ていないのが残念ですが、技術的に(コスト的に?)難しいのでしょうかね。ペーパーコーンで今後はもう良いは作れないようですから大事に使ってあげてください。

    byケン at2018-11-10 08:20

  7. K&Kさん、おはようございます。

    HS-500の50周年と奥様の私と同じXX歳のお誕生日(笑)おめでとうございます!

    K&K邸の音もここ数年でどんどん良くなっておりますので、HS-500も益々若返って来ている感じすらございます。60周年とは言わず、70周年、80周年も行けると思いますよ。(^^)

    byHarubaru at2018-11-10 08:22

  8. K&Kさん、おはようございます。

    半世紀のお付き合いですか! もしかすると、嫁様よりも長いお付き合いでしょうか?
    本当に大切になさっているのですね。素晴らしい!!

    今後も機材、ご夫婦ともにご健勝であることを。

    by2Hくん at2018-11-10 09:40

  9. K&Kさん、こんにちは。

    半世紀ですか。しかも部材は当時のまま、を使われているのが素晴らしいですね。一番驚いているのは、HS500自身ではないでしょうか?ここ4~5年のオーナーの要求の高さに!(笑)

    とりあえず、私も10年選手を目指しているところです。

    by横浜のvafan at2018-11-10 11:56

  10. CENYAさん、

    レスありがとうございます。

    >なーんと50歳だったのですか。

    はい、そうだったんです。
    イタリア語だとスピーカーはCassaで女性名詞なので、オッサンではなくオバサン(バアサン?)だと思います。(笑)
    若い女性と比べられるとつらいこともあるでしょうが、まだまだ頑張ってもらわないといけません。

    byK&K at2018-11-11 12:34

  11. yhhさん、

    レスありがとうございます。
    yhhさんはヴィンテージのタンノイをお使いでしたね。
    その愛着、とてもよくわかります。
    どうぞこれからも大事にされてください。

    >奥様とお祝いをなされたようで、これまたうらやましい事です。

    実はカミさんには内緒で(笑)カミさんの誕生日にかこつけて私がこっそり自分の気持ちの中でHS-500もお祝いしてあげました。
    カミさんに言うと「スピーカーと一緒にされて…」とすねられるといけないので。(苦笑)

    byK&K at2018-11-11 12:45

  12. パグ太郎さん、

    ありがとうございます。

    >50歳のお祝いを家族でされるなんて、幸せなスピーカーですね。

    yhhさんへのレスで書きましたように、家族とではないのですが…
    (^^;)

    >もう一つ、思うのは、スピーカーは「褒めると伸びる」ということでしょうか。(超文科系オーディオ術?)

    パグ太郎さんはスピーカーの育て方を良くご存じですね。
    私は理科系ですが、これは全くその通りだと思います。(笑)
    逆に冷たく邪険に扱うとスネることがあるようです。
    クルマとか女性もそのような…
    (クルマやオーディオとかと一緒にするなという声がどこからか聞こえてきそうですが…)

    byK&K at2018-11-11 12:59

  13. どんぐりさん、

    レスありがとうございます。

    >生誕50年!!凄いです。思わずスピーカーを褒めてあげたくなりますね!

    ありがとうございます。はい、毎日褒めながら使っていこうと思います。

    どんぐりさんも40年使われているのですね。
    コーン紙などは意外に持つみたいです。

    byK&K at2018-11-11 13:05

  14. 椀方さん、

    レスありがとうございます。

    HS-500をご存知だったのですね。
    販売開始当時の値段は国産スピーカーとしては破格で、庶民が容易に買えるものではなかったと思います。
    私もだいぶ後になって就職してから友人から中古品を譲ってもらいました。

    >長く使い続けていると家族のようなものですね。

    はい、確かに私にとっては家族のようなものです。
    これからもがんばって欲しいです。

    byK&K at2018-11-11 13:13

  15. ケンさん、

    レスありがとうございます。

    >HS500が持ちの良いのはフィクストエッジに相当するギャザードエッジの耐久性のお陰かと思います。

    あのギャザードエッジは不思議な構造で、ここまで持つとは脅威です。アルパインが特許を買ってカーステレオ用のユニットに使っているのを見ましたが、ちょっと寂しいです。(笑)

    byK&K at2018-11-11 13:20

  16. Harubaruさん、

    ありがとうございます。

    >K&K邸の音もここ数年でどんどん良くなっておりますので、HS-500も益々若返って来ている感じすらございます。

    これはHarubaruさんのおかげです。
    確かにHS-500もウェルフロート等のサポートのおかげで数年前と比べると若返っているかもしれません。

    >60周年とは言わず、70周年、80周年も行けると思いますよ。(^^)

    アハハ、行って欲しいです。

    byK&K at2018-11-11 13:27

  17. 2Hさん、

    レスありがとうございます。

    >もしかすると、嫁様よりも長いお付き合いでしょうか?

    はい、実はカミさんよりも長い付き合いです。(^^;)
    何回かの引っ越しにもついてきてもらいました。

    >今後も機材、ご夫婦ともにご健勝であることを。

    本当にありがとうございます。私たちもスピーカーに負けないようにがんばらないといけませんね。

    2Hさんもこれからもまた引っ越しがあるのかもしれませんが、愛着のある機器たちとのオーディオ・ライフを末永くお楽しみください。

    byK&K at2018-11-11 13:45

  18. 横浜のvafanさん、

    レスありがとうございます。

    >一番驚いているのは、HS500自身ではないでしょうか?ここ4~5年のオーナーの要求の高さに!(笑)

    え? 私そんな高い要求しましたっけ?(笑)
    でも、横浜のvafanさんはじめいろいろなお宅で聴かせていただいて刺激を受け、ちょっとムチを入れたことがあったかも(笑)

    これからはもっといたわってあげなくてはいけないかもしれませんね。

    >とりあえず、私も10年選手を目指しているところです。

    ぜひ、頑張ってください。
    脚もとのサポートも強化されたので、快調に飛ばしているのではないでしょうか?

    byK&K at2018-11-11 13:56

  19. K&Kさん、こんばんは。

    50年の付き合いとは凄いですね。
    学生時代にLo-Dのカセットデッキを購入した頃、ギャザードエッジのスピーカーは現役バリバリでした。
    その後、平面スピーカーやLC-OFC、MOS-FETの開発等、日立は頑張ってましたね。
    当時はオーディオに各社が力を入れていてスーパーのダイエーにもオーディオコーナーがあったのを覚えております。

    50年はさすがに難しそうですが、拙宅の機器もまだまだ愛用していきたいです。
    実は、アンプがメンテナンスのため入院中なのですが(汗)

    byfuku at2018-11-11 21:12

  20. K&Kさん
    50周年おめでとうございます!

    息の長いお付き合いなのですね〜
    感心します。

    バズケロも今のJBLとは長い付き合いになりそうだなあって思っています。
    愛情を注げば注ぐほど答えてくれる良き相棒という感じです。

    オーディオも音楽もとことん楽しみましょうね!

    では、では

    byバズケロ at2018-11-11 22:07

  21. K&Kさん

    50周年おめでとうございます。

    日立Lo-D HS-500は、なぜだかよく覚えています。型番というよりその外観イメージと、それから何よりも“ギャザードエッジ”ですね。何となく雑誌FMfanの裏表紙をいつも全面広告で飾っていたという記憶が残っています。覚え違いかもしれませんが。

    地味にベストセラーで、販売台数がとても多いということは最近になって知りました。これだけの完動品の台数をそろえて、しかも、現役として元気に活躍中というのはなかなか希少なことですね。50歳といえば、オーディオ製品としては十分に「古希」の資格十分です。大いに楽しいオーディオライフをともに過ごしてください。

    byベルウッド at2018-11-11 23:35

  22. fukuさん、

    レスありがとうございます。

    生誕50周年ですが、私が付き合い始めたのはだいぶ後のことです。
    それでも40年以上ですから確かに永いのですが。

    >その後、平面スピーカーやLC-OFC、MOS-FETの開発等、日立は頑張ってましたね。

    いい時代だったということなのかもしれません。
    当時はインターネット、ゲーム、スマホがなかったので、オーディオに手を出す人が多かったのだと思います。

    >実は、アンプがメンテナンスのため入院中なのですが(汗)

    CELLOのアンプですか? パワーの方だと移動、設置は一仕事だと思います。どうぞ腰など痛めないようお気を付けください。

    byK&K at2018-11-12 12:03

  23. バズケロさん、

    ありがとうございます。

    >息の長いお付き合いなのですね〜

    はい。ここまで長い付き合いになるとは手に入れたときにはとても想像できませんでした。
    万年金欠病だったので、その後、続々登場した高価なスピーカーには手が出なかったということなのかもしれません。

    >バズケロも今のJBLとは長い付き合いになりそうだなあって思っています。愛情を注げば注ぐほど答えてくれる良き相棒という感じです。

    バズケロさんのJBLは文字通り筋金入りに鍛えられていて、愛情が注がれているのを感じます。
    良き相棒とのお付き合いが永く続きますよう…

    byK&K at2018-11-12 12:17

  24. ベルウッドさん、

    ありがとうございます。

    HS-500はベストセラーとは言いにくいでしょうが、長期間販売していたロングセラーだったので、出荷数もそれなりに増えたのだと思います。

    でも、今でもこれをメインに使っている方はさすがに少ないと思います。
    オークションにはよく登場しますが、オリジナルのままだとこのスピーカーのポテンシャルはわかりにくいので、入手しても失望してすぐに転売なんてことになってるのかもしれません。

    byK&K at2018-11-12 12:34

  25. こんばんは。
    私もHS-500の愛用者の仲間入りをしました。
    とにかく音色が自然で素直、そのままだと少し地味ですが、
    使い方で素晴らしい音に変りビックリしました。
    なかなか最新鋭のスピーカーでもこの自然さは聴けませんので
    末永く使っていきたいと思っています。

    bymilon at2018-11-12 21:10

  26. milonさん、

    レスありがとうございます。

    絶滅危惧種(笑)のお仲間ですね。
    ウレシイです。

    >とにかく音色が自然で素直、そのままだと少し地味ですが、
    使い方で素晴らしい音に変りビックリしました。

    まさにおっしゃるとおりだと思います。
    当時の一般的なネットワーク回路の部品の質はあまり良くないのでそのあたりが弱点なのだと思います。
    私は今はチャンデバ使用のマルチ・アンプ駆動にしています。

    >なかなか最新鋭のスピーカーでもこの自然さは聴けませんので末永く使っていきたいと思っています。

    はい、お互い大事に使っていきましょう。

    byK&K at2018-11-12 21:50

  27. 再レス、失礼します。

    私もマルチアンプ駆動にしてHS-500の音の良さを再認識しました。
    https://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/28891936.html

    やはり、このスピーカーのボトルネックはネットワークですね。

    bymilon at2018-11-13 21:12

  28. milonさん、

    ありがとうございます。

    >やはり、このスピーカーのボトルネックはネットワークですね。

    同感です。
    やはり、マルチアンプ駆動がベストだと思います。
    今ではチャンデバ使用のマルチアンプに対応しているスピーカーは皆無に近いので、その点ではアドバンテージがあると思っています。

    byK&K at2018-11-13 23:43

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする